« 今尾恵介「多摩の鉄道沿線 古今御案内」 | Main | 多摩市内の梅 2009/3/8 »

「旅と鉄道」休刊

旅と鉄道 2月号
 鉄道ジャーナル社の雑誌「旅と鉄道」が2009年2月号で休刊となった。寂しい。

 「旅と鉄道」は「鉄道ジャーナル」の別冊として1971年刊行。当時は季刊だった(というか2007年まで)。
 実家はプラモデルと鉄道模型を扱う模型屋だったので町の書店では入手しにくい関連専門誌(ホビージャパン、航空ジャーナル、鉄道ジャーナル・・・)も置いていた。「鉄道ジャーナル」はまさに鉄オタ向け、ハードとしての鉄道、車両の記事が中心だが、「旅と鉄道」はその名のとおり鉄道を利用した旅行ガイド的な本である、というと身も蓋もないのでもう少し説明する。
 旅の本といってもパック旅行や家族旅行のネタを提供するものではなく、そのたぐいの広告も一切ない。印刷も縦書きで、どちらかといえば大人の鉄道ひとり旅的な内容が多い。しかも旅行そのものという記事は少なく、駅や周辺の町、歴史などを語った写真雑誌に近い。
 鉄道をあしらった旅情を誘う写真はどれも見事で、実家にいるころは「鉄道ジャーナル」はあまり手にしなかったが「旅と鉄道」は楽しみにしていた。

 この雑誌は近所の図書館にもあり、楽しみにしていたが2007年から月刊となったのでびっくりするとともにまだまだ健在かと思っていたのだが・・・。

 欠点をあげれば、記事が多すぎ、字が小さいこと。少なくとも最近の新聞や文庫本よりも小さい。コラムなどはさらに小さい。
 これが最大のネック。
 上質紙で写真もきれいだが、活字が小さすぎて読むのにけっこう気合いがいる。そのせいか記事も小振りに感じられたのが残念。体制立て直しのうえいずれ復刊を目指す意図もあるらしいのでがんばってほしい。

|

« 今尾恵介「多摩の鉄道沿線 古今御案内」 | Main | 多摩市内の梅 2009/3/8 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/44217129

Listed below are links to weblogs that reference 「旅と鉄道」休刊:

« 今尾恵介「多摩の鉄道沿線 古今御案内」 | Main | 多摩市内の梅 2009/3/8 »