« 勝間和代「決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール」 | Main | 城山かたくりの里 »

10mメッシュ時代到来

10mメッシュ 今年の2月から国土地理院の基盤地図情報サイトで基盤地図情報(数値標高モデル)の10mメッシュが無償公開された。以前の数値地図10mメッシュ(標高)に相当する。XXmメッシュはテキストデータであったが、基盤地図情報は同じテキストファイルではあるがXMLであり、時代を感じる。
 数値地図が1997年にそれまでのフロッピーからCDになり価格破壊を国土地理院自らが行ったときに、この姿勢を高く評価したが、ネットワークの高速化、各種の測量成果などもあり、当時の50mメッシュから情報量はその25倍になる10mメッシュも無償公開されたことを素直に喜びたい。10mメッシュは山岳地域を中心にカシミールの関連で有償配布されていたが、これからは10mメッシュが中心になるだろう(でも3月末で50mメッシュが公開停止になるのはちょっと残念)。

50mメッシュ
 さて、50mメッシュは紙の地図に幅50mの格子を描いてその中心の標高を記載したもの。10mメッシュはその格子の大きさが1/5の10mになるので、情報量は逆に5X5=25倍になる。これはもちろんデータ量がそれだけ増加するということである。
 上記の国土地理院のサイトから全国分をダウンロードするとzip圧縮のままで約5GB、解凍するとXMLファイルが約55GBとなる。このままではパソコンのHDDのかなりのこやしになってしまうが、そこはカシミール。3月20日基盤地図情報(標高)プラグインが公開された。
 このプラグインを使ってカシミールの独自形式に変換すると60GB近いXMLファイルは1.5GB程度のバイナリーファイルになり、容量が小さくなるのはもちろん、カシミールでも使えるようになる。


画像は50mメッシュと10mメッシュの比較。違いは明らかだが、50mメッシュでも、カシミールの有償サービス「スカイビュースケープ」付属の衛星画像を使うとかなりリアルになる。
50mメッシュ+衛星画像

|

« 勝間和代「決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール」 | Main | 城山かたくりの里 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/44409677

Listed below are links to weblogs that reference 10mメッシュ時代到来:

« 勝間和代「決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール」 | Main | 城山かたくりの里 »