« よこやまの道は好展望で足下ずるずる | Main | 生協の白石さん »

東大教養囲碁講座

東大教養囲碁講座―ゼロからわかりやすく
 東大教養囲碁講座―ゼロからわかりやすくを読んでみた。
 案の定、自分がバカである確認ができた・・・。

 この本は若い人の囲碁人口減少対策、論理的思考対策として囲碁を全く知らない人向けに行っている東大教養学部の人気講座「囲碁で養う考える力」を本にしたものである。
 自慢じゃないが、将棋ははさみ将棋、囲碁は五目並べしかできない。もちろん弱い。オセロも然り。
 とにかく先まで考えることが苦手というか嫌い、我慢弱い。昔からゲームは途中ですぐにリセットするか、お金のかかるゲームはもとからやらない。そういう人間である。
 囲碁は高校時代に囲碁好きのヤツが少しだけ教えてくれたことがあるが、「コウっていうのが、ちょっと難しいんだけど」と始めた。この本を読んでわかったが、コウを教えるにはその前にアタリを教えてくれなけれりゃ・・・。アタリという用語は記憶にない。
 
 さて、この本はいきなり大きな碁盤で進めるのではなく、小さな碁盤から順次大きくして行きその中で基本的な形や考え方を説明していく。なるほど定石というのはこういうふううにできていくのかとか、なんとなく黒が強いとか弱い感じとか、中身はなかなか面白い。
 電車の中で表紙を隠して読んでいると、囲碁が趣味のように見えてちょっとかっこうイイかも。

|

« よこやまの道は好展望で足下ずるずる | Main | 生協の白石さん »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/43866776

Listed below are links to weblogs that reference 東大教養囲碁講座:

« よこやまの道は好展望で足下ずるずる | Main | 生協の白石さん »