« ビンディングペダルで多摩サイ | Main | SUUNTO X6HR ストラップ交換 »

森博嗣「数奇にして模型」「有限と微小のパン」

数奇にして模型―NUMERICAL MODELS有限と微小のパン―THE PERFECT OUTSIDER

 S&Mシリーズの最後の2冊、「数奇にして模型―NUMERICAL MODELS」「有限と微小のパン―THE PERFECT OUTSIDER」を読んだ。
 
 2冊とも長い。「数奇にして模型―NUMERICAL MODELS」はなかなか話は進まずイライラしたが、犯人像がオタクのモデラーという点が最大の不満。正直、このあたりで作者の限界を少し感じた。
 「有限と微小のパン―THE PERFECT OUTSIDER」は、デビュー作「すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER」と副題でも対になる作品であり、デビュー作で逃亡した天才真賀田四季が再び登場する。犀川と真賀田四季のやりとりというかそれぞれの思考というか直感の程度が高すぎるのと、S&Mシリーズの前半で登場する愛知県警が出てこなかったり、西野園萌絵の両親を亡くした事故の記憶の復活とか四季にかかわる暗いイメージが強く、これもなかなか読み進まなかった。ただし最後の1/3は面白かった。
 天才真賀田四季博士はこのあと四季シリーズでも活躍してもらうのでやはり逃亡してしまうが。
 正直のところ「数奇にして模型」でちょっと飽き飽きした印象をなんとかこの作品でカバーできた。

|

« ビンディングペダルで多摩サイ | Main | SUUNTO X6HR ストラップ交換 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/43499984

Listed below are links to weblogs that reference 森博嗣「数奇にして模型」「有限と微小のパン」:

« ビンディングペダルで多摩サイ | Main | SUUNTO X6HR ストラップ交換 »