« ビンディングペダル | Main | ビンディングペダルで多摩サイ »

「私たち、発達障害と生きてます」

私たち、発達障害と生きてます―出会い、そして再生へ
 個々の内容を編集がだめにしている。

 「高機能自閉症、アスペルガー症候群など、発達障害という特性を持つ8人(20代から50代)の人生が凝縮。それぞれ、七転び八起き、必死で「生」と向きあって生き抜いてきたメンバーです」という紹介文がAMAZONに載っているが、構成がだめで半分ほどで投げ出した。
 第1章「発達障害と出会った!」、第2章「生きる上でのさまざまな困難」、第3章「私たちのサバイバル」という章立てで各章で8人の執筆者がそれぞれの経験を語り、章の最後に高森明という人が解説的な「考察」を記述している。
 それぞれの章での執筆順序はバラバラで第2章を読むには、この人が第1章で書いていた経歴や記述内容を思い出さないといけない。一気に読めば気にならないかもしれないが、分断したり、他の作業を入れたり、日にちを空けると難しい。
 このような構成にしたのは一人の上記3章分をまとめて掲載すると分量の問題や内容の問題もあり、最初の掲載者によって印象や評価が変わってしまう、あるいはぼくのように途中で投げ出す可能性を配慮した結果と思われるが、成功していない。
 一般的に舞台や人物を章立てで変えても読み続けられるのは、読者がその設定からしばらく離れてからまた戻ってきても記憶に残る程度の長さと内容が必要であり、この本の分量ではそれは難しい。(序文には頭から順番に読む方法のほかに執筆者ごとに読む方法も添えられてはいる)

 序文執筆者は新聞社部長との肩書きがあるが、各章の終わりで「考察」を書いている高森という人がどんな人なのかわからない。検索でヒットするのは本の著者としてであり、本人がアスペルガーで本を出しているというのは分かるが・・・。権威や専門家以外が考察してはいけないことはないが、少なくとも総括的な記述、あるいは執筆者代表的な立場であれば、略歴等は記しておくべきだろう。

 また用語の解説が少なく、分かりにくく誤解も生む。たとえば「支援を受けたい」という表現が各所に出てくるが「支援」とは何かの説明がない。医療なのか、介護なのか、話し合いなのか、あるいは経済面なのか。実はこの全部であることが多いのであるが、それをひとこと「支援」という単語で済ませるのであれば最初に解説をしないといけないだろう。

 個々の内容は貴重な報告が多く、傾聴に値する事実がちりばめられているように思えるだけに残念である。

 本当の専門医の少なさ、周囲の理解不足、家族の理解不足は聞きしに勝り、みなさん、大変な苦労をしている。その一方で、とりあえずここまで文章を書くことができたり、他人に迷惑をかけていると認識できるだけうちの娘よりよっぽどレベルが高いな、とも思う。

|

« ビンディングペダル | Main | ビンディングペダルで多摩サイ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/43410356

Listed below are links to weblogs that reference 「私たち、発達障害と生きてます」:

» アスペルガー症候群 [ごろうの出来事]
「私たち、発達障害と生きてます」 「高機能自閉症、アスペルガー症候群など、発達障... [Read More]

Tracked on 2009.01.09 at 03:58

« ビンディングペダル | Main | ビンディングペダルで多摩サイ »