« October 2008 | Main | December 2008 »

リニアモーターカーの2冊「ここまで来た!超電導リニアモーターカー」「超・新幹線が日本を変える」

ここまで来た!超電導リニアモーターカー―もう夢ではない。時速500キロの超世界超・新幹線が日本を変える


リニアモーターカー関連の本を2冊読んでみた。

「ここまで来た!超電導リニアモーターカー」は鉄道総合技術研究所が2002年に刊行したものを06年に改定した本である。
 そういえば若かりし頃、近隣にあった中央鉄道学園に仕事で何回か出入りしたことがある。施設内に0系新幹線の車両が放置?され、なけっこう汚い施設だった記憶がある。鉄道総合技術研究所と一体なのかと思っていたが、鉄道学園の方は分割民営化の時に廃止され、土地も売却されていた。ちなみに鉄道総合技術研究所の国立研究所は、住所は国分寺市光町、旧鉄道学園は国分寺市泉町だった。

 それはさておき、ぼくは当時、リニアについてはかなり懐疑的だった。
 開発着手は東海道新幹線完成直後であり、すでに30年以上を経過していたが、当時でもまだクエンチ現象の解決がなされておらず実用化のめどはまったく立っていなかった。クエンチとは超電導状態が突然失われることである。超電導で日常生活?で利用されているMRIなどでよく発生する(こちらを参照)。
 時速500キロで地上から数センチを浮上走行しているリニアモーターカーでこの事象が発生すると、リニアは墜落する。墜落という表現を使ったが、500キロというのは飛行機の着陸速度より100キロ以上高速である。

 この本を読んだ理由は「2025年開通とか言っているけど、あのクエンチはどうなったの?」ということによる。

 著者がリニア開発元なのでいささか手前味噌の記述も多いが、まあ、技術面、実績ともほぼ問題ないレベルにきているということがわかった。ただ電気関係の素子に今頃IGBTを採用して新技術とか言っているのはちょっと遅すぎるのではないかという気がした。というのもコンピュータセンター用無停止電源(CVCF)の素子は90年代からIGBTを使っていたからである。まあ鉄道で使えるほど小型化されたのがもっと後なのかもしれないが。

 では、3つあるコース案、実現の可能性、経済効果とかはどうなのか、というとこの人のお出ましになる。
 川島令三の本は数字が多くて、字がいっぱいでかつ網羅的でとても読みにくいのが第一印象だが、この「超・新幹線が日本を変える」もその例に漏れない。
 最初に2025年開通とJR東海が打ち上げたリニアモーターカーの話が少しあるが、それからあとは、新幹線の定義から始まり運用中の全新幹線の解説、駅の構造、在来線の問題を語り、最後にまたリニアモーターカーに戻る。
 刊行は2008年6月なので現時点での最新事情というところであろう。
 リニアについての記述はさすがに筆者でもあまりないと見えて、現在の新幹線の記述からは見劣りがするが、冒頭の現行新幹線の問題点などを読むと、長野県知事がJR東海が主張する南アルプス直行ルートを云々しているのが、かなりナンセンスであることがよくわかる。この本の帯に「東京・新大阪 1時間5分」と書いてあるが、それは四捨五入して大雑把に1時間とはぜんぜん違う意味である。

 さすがに鉄道研究の第一人者の本だけあり、なかなか興味深い本であるが、正直のところ冒頭の印象どおり圧倒されてつまみ読みだけした。

| | TrackBack (0)

森博嗣「スカイ・イクリプス」

スカイ・イクリプス

 森博嗣「スカイ・イクリプス」は「スカイ・クロラ」シリーズの番外というか短編集である。それぞれの主人公は独立しているが明確に書いていないのと、全巻読んでいないとまったく意味がわからない。

 ササクラ、クサナギ、階段に座る老人、フーコ、カイ、カンナミ・・・、なかなか味があっていいのだが、最後の書き下ろしの3作はそれぞれが、あえて曖昧とさせているのだろうか、誰が書かれているのか明確にしていない。クサナギの妹(娘)のようでもあり、やや後味が悪い。

 「クレィドゥ・ザ・スカイ」の読後感にちょっと似ている。

 最初のササクラの編は、なんとなくS&Mシリーズの犀川助教授の心境のような気がして良かった。

| | TrackBack (0)

黒澤明「天国と地獄」

天国と地獄

 ALWAYS 続・三丁目の夕日に151系「こだま」が出てきたので思い出した。
 「続・三丁目の夕日」のこだまはセットとCGであるが、黒澤明「天国と地獄」では実際にこだまを借り切って1回限りの本番撮影が行われた。この映画は身代金目的の誘拐事件を扱い、身代金受け渡しという誘拐事件最大の関門を「こだま」を使ったトリックで成功している。列車内の電話室、ビュッフェ、ないよりも実際の電車ならではの横揺れと外を流れる景色。

 この映画ではもちろんこのこだまのシーンも印象的だったが、個人的には舞台が横浜だったこと。標的にされた権藤氏の自宅は横浜中心部の高台の設定であるが、劇中の地図から見ると西区軽井沢付近で自動車教習所がある場所、通学路に近かった。犯人は黄金町の赤線?地帯に入り込むが、そのあたりの光景がかなり衝撃的だった。普通の人を寄せ付けない異様な雰囲気、麻薬で朦朧としている人々・・・。幼少の頃からあのあたりに行っては行けないとよく言われたものだが、あんなもの凄い場所だったのかというのが一番印象に残った。

 江ノ電の(パンタグラフの代わりの)ポールと架線が擦れる音が犯人への手がかりの一つとなるが、まだまだ路面電車が多かった時代でよく区別できたな、とも思った。

 最近見た映画の中ではずば抜けて面白かった。

| | TrackBack (0)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

ALWAYS 続・三丁目の夕日

 前作よりも出来がいいのはCG(VFX)だけですな。どこまでが実写でどこからVFXかという境がわからない。もっとも151系「こだま」が走り去るシーンの最後尾車両はプレートに違和感があった。

 ストーリーはいい加減で、こうなるんだろうな、という感じに落ち着く。まあ、それが良いという人も多いだろう。

 わがまま育ちのお嬢ちゃんも職場を喧嘩して辞めたチンピラもいとも簡単にいい子、いい人になっていくので面倒がない。昭和30年代半ばの小学生に「デリカシー」にはびっくりしたが。

 まもとなことを言っているのは憎まれ役の会社社長の小日向文世くらい。
 
 セットにお金がかかったドタバタコメディとしてみればなかなか面白いし、昭和30年代の風景の再現にこの映画の価値を認める人も多い。

| | TrackBack (0)

府中の蕎麦や

GIANTに乗る友人の誘いで府中で蕎麦を食べました。更科そばで安くておいしいです。人も少ないし。
 関戸橋から多摩サイに乗ったらランナーばかり。府中市主催の大会だったようで、府中の森がスタート地点のようでその先は人だらけ、思わず、一般道に下りました。
 帰りはもうランナーがいなかったので安心したら途中で出会ってしまい、思わず、四谷橋から帰りました


蕎麦
山口家
東京都府中市押立町2-43-3
042-363-0470
11:00~15:00、17:00~19:00
定休日:金だそうです。
更科風ののど越しのいい蕎麦。

大きな地図で見る
四谷橋からのランナー軍団
多摩サイはランナーばかりでした。府中四谷橋から
心拍数
本日の心拍数。蕎麦やに居るときは計測停止していましたが、Y'sRoadで休憩中は計測したままでした・・・・

| | TrackBack (0)

茅ヶ崎・東海岸 カフェ・ブレッド&バターの軌跡

茅ヶ崎・東海岸 カフェ・ブレッド&バターの軌跡
 「あの頃のまま」をブレバタとユーミンが歌い、松任谷正隆が伴奏する動画がYouTubeに以前アップされていた(すぐに保存した・・・。今はアップされていないようだ)。
 この元ネタがこのDVDのようだ。

 ブレバタは一般的な知名度は別として交友範囲が広いので、このDVDも日本のミュージックシーン、少なくとも70年代から80年代までを引っ張ってきたミュージシャンのオンパレードである。

 DISC1は2000年7月に観音崎のホテルで収録されたブレバタのスタジオセッション。もちろん観客はいない。
「昔のカフェ・ブレバタみたいのやってみたいね」から構想が始まり、観音崎京急ホテルにはユーミン夫妻がAUDIで、南佳孝がポルシェで乗り着ける。
 参加ミュージシャンはブレバタ、松任谷由実、松任谷正隆、杏里、南佳孝、杉真理、鈴木茂といったあたり、最年少(といっても1961年生まれ)の杏里がちょっと緊張気味なのが印象的だった。曲作りのシーンや適度にトークを織り交ぜながら、いかにも楽しそうなセッションであり、こういうシーンは観客がいないスタジオだからこそであろう。
 このDISCの1曲が冒頭のYouTubeにアップされていたものだ。

 DISC2は2007年9月にゆうぽうと簡易保険ホールで行われた「湘南カフェ・ブレッド&バターライブ=一夜限りの復活=」コンサートをDVD化したもの。
 このDISCもDISC1に劣らずなかなかエキサイティングである。
 参加ミュージシャンはブレバタのほかにムッシュかまやつ、南佳孝、松任谷正隆・由実夫妻、鈴木茂、加藤和彦、ゴスペラーズほか。最年長は1939年生まれのムッシュかな。
 曲は最近のアルバム「海岸へおいでよ」からが多かったが、名曲はもちろん収録。「あの頃のまま」はユーミンのソロ(DISC1ではブレバタとのコーラス)。別の曲(I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU)だがユーミンの旦那はキーボードだけでなくてバンジョーなんか弾くんだ・・。
 ラストの出演ミュージシャン全員のカーテンコールは圧巻。このコンサートを実際に見ていたら大興奮だろうな。

 画面に表示される作詞、作曲者名を眺めながら、ブレバタは自作が多いのはもちろんだが、ユーミンの詞、加藤和彦の曲も多いことにいまさら気がつく。

DISC1 114分、DISC2 111分、2枚で合計4時間弱。なかなか見応え、聞き応えがあるDVDである。

| | TrackBack (0)

中村清太郎「雲ノ平と黒部五郎」

雲ノ平と黒部五郎

 深田久弥「日本百名山」の黒部五郎岳の項には「もし、それぞれの人に、こころの山というものがあるとしたら、中村清太郎さんのそれは黒部五郎岳に違いない。画伯は中学生の頃、すでに白馬の頂上から笠ヶ岳に似たこの山を遠望して、非常に惹かれたという。」という記述があるが、この出典が分からなかった。中学のときに白馬岳から眺めたというくだりである。
 氏が最初に黒部五郎に登った記録である「越中アルプス縦断記」では「自分はこの山が実に好きで耐まらないのである」という記述があるが、白馬から見たという記述はない。

 氏は画家なのでもともと著作物は少なく「山岳礼拝」にほとんどの著作が収録されているが、それにはそのような記述はない(と思う)。もっとも深田久弥は双六小屋で毎日雲ノ平まで行って黒部五郎を描いている中村清太郎に会っているので(「日本百名山」)、その時に氏から直接聞いたのかもしれない。

 そんな会話もあったのかもしれないが、それは別として、出典らしきものが見つかった。「岳人」昭和32年8月号に収録された「雲ノ平と黒部五郎」という中村清太郎の絵と文である。

 残念ながら当時の出版物ということで絵もモノクロであるが、その下に短い文章が寄せられていた。その中で「私がこの山に惹かれた初めは、中学生の頃、白馬から遠望した時で、」とある。さらに「山名も私が選んだもの。」という記述があった。
 これは上記の初登頂のときに山頂でこの山が「中ノ俣岳」という呼称があることを知るが、以前に嘉門次に聞いた「黒部五郎岳」がふさわしいと思い、「越中アルプス縦断記」をこの名前を登場させてからこの名称が広まったことによる。

 実は、これが書かれているかもしれないとこの本(「岳人」昭和32年12月号)をヤフオクで買ってみたのだが、あたりだったので嬉しい・・・。

| | TrackBack (0)

森博嗣「詩的私的ジャック」「封印再度」

詩的私的ジャック封印再度

 森博嗣「詩的私的ジャック」「封印再度」を読んだ。

 前者は2つの大学内での事件で人気ロック歌手が絡む。後者は由緒ある屋敷に住む芸術家の家族が舞台。設定も謎解きも後者のほうがなんとなくこのシリーズに馴染む。
 犀川助教授と萌絵のコンビの心境が徐々に変化していくのも面白い。特に「封印再度」では二人の関係にかなりの異変が起こる。この作品では結末の犀川の行動がやや曖昧な印象があるが、それも二人の間の異変を考えると納得がいくように思える。

| | TrackBack (1)

シルク・ドゥ・ソレイユ

シアター裏面

 シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京ZEDに行ってきました。
 会社の行事です。でなければレギュラー席9,800円は初めてではちょっとした賭けです・・・。

 レギュラー席というのは一番安い席ですが、真正面だったのでよく見えました。
 オペラグラスがなかったので、ものすごく久しぶりに山で使ったコンパスグラスで時々覗き込みました。倍率が2倍ちょっとなのでちょうど良かった。

 なかなかのものでした。
 終わった後は、客席の多くがスタンディングオベーション。もう1回見たいという声があちこちから聞こえた。
 サーカスや曲芸は小学生の時に見た「木下大サーカス」だけだし、コンサート以外には、演劇、オペラを含めこういったイベントはほかに見たことがないので、言い様がないが、あえて言えば一言で言えば、音響と舞台装置をたくみに使った高級な雑技団という感じか。
正面入り口

 シルク・ドゥ・ソレイユの商業的な成功は経済雑誌でも取り上げられており最近も読んだ覚えがある。今までのサーカスや演劇などとの大きな違いは、手間のかかる動物を使わない、特定のスターを前面に出さない、団員(というのかな)への確実な成果報酬とそれを支える高めの価格設定、徹底したリサーチに基づく常設劇場の設定、というようなことだったと思う。
 スターを前面に出さないのはスター個人の人的リスク回避。これである個人が急病やあるいは退団しても問題なく公演が可能となる。成果報酬は当然であるが、低いクラスでも普通の生活ができる程度には保証され、トップクラスでは年収ベースで1600万円と記載してあった気がする。

 それはさておき、19:30ちょうどにふたりのピエロのやりとりから開始した演技は、最初からこれはサーカスではなく、ショーだなと思わせるのに十分な質のショーが行き着く間もなく展開される。もちろん個人技もあるが、たとえ個人に依存する出し物があっても舞台中央のそれを見ている間に背後や周囲からそれを盛り上げる要員がじわじわと登場して、次につなげる。スキルだけで言えば中国雑技団やオリンピック選手のほうが一部では上回るのかもしれないが、彼らがまさに個人技で勝負するのに対して、このショーは二人以上の団体で形を作っている。
 55分の公演が短く感じられたあと、30分の休憩。
 外に出るとこの時間を見計らって休憩時間を設定しているのかは不明であるが、隣のディズニーランドに花火の時間。
花火

 グッズショップはけっこう高めの価格設定だったけど、結局、帽子を買ってしまいました・・・。
高めの設定のグッズショップ

帽子

 後半も55分の公演だったが、前半よりも短く感じられた。
 最後はサーカスらしく空中ブランコだったが、これもせいぜい二人で行う古い形式ではなく、多数の団員が入り乱れるように空中を舞っていた。さすがにこの出し物だけは下にネットがはられ、途中2,3回落ちる人も居たが、最後には全員がネットに落ちるように降りたので、途中のミスもひょっとすると演出かと思わせる工夫があった。

 チケット価格があと2,3割安ければ、年に1回くらい演目の変化を見に行ってもいいかな、と貧乏性のぼくは思ったが、21:45公演終了だと多摩市の自宅にたどり着く頃には日付が変わるのが最大のネック。

| | TrackBack (0)

尾崎一雄「単線の駅」

単線の駅
 「単線の駅」と言っても鉄道マニアの本ではありません・・・。
 尾崎一雄「単線の駅」が、講談社文芸文庫に収録されたことを同社の広告誌「本」で知ったので読んでみた。もっとも手にしたのは新たに収録された文芸文庫ではなく、図書館にあった1976年刊行の単行本。
 尾崎一雄で「単線の駅」とくればそれは氏が育ち、また戦後からの生涯を過ごした御殿場線の下曽我駅を指す。題名から下曽我での身の回りのエッセイのように思えたが、主に昭和50年前後に氏が各所で執筆したエッセイや書評、対談などをまとめたものであった。

 尾崎を読むきっかけとなったのは志賀直哉の短編を読んだことで、そういえば志賀直哉に師事して芥川賞を取った尾崎一雄とかいう作家がいたなあ、と志賀直哉「城の崎にて」は虫の描写が印象に残ったぼくは「虫のいろいろ」を読んだ。志賀直哉ほど厳しくはないけれども、ピリッとした文章で、当時の短編好みのぼくの趣味に合ったのだろう。その頃の新刊「苺酒」が今ぼくが保有している本で最も古いもののひとつである。あるツテを頼ってサインをいただいた翌年に氏が逝去した。

 さて、そんな短編作家の印象しかなかった尾崎一雄であるが、この「単線の駅」では、広い範囲にわたってのエッセイを残している。特に文明批判、西洋的キリスト教的志向批判的な文章については、このようにひと括りにしては申し訳ないほどの説得力というか、あ、ぼくと同じだ、という思いがし、さらには昨今のアメリカ発金融危機などを見ても非常に、東洋あるいは日本と欧米との発想の違いなどをきわめて正確に指摘しており、畏れ入った。
 一般的な知名度と違ってやはり文壇のかなりの大御所であったことが、その他の有名作家への接し方や呼び方などからわかり、なんとも愉快な面もある。
 また、もう少し読み直してみようかと思う。

| | TrackBack (0)

森博嗣「笑わない数学者」

笑わない数学者
 森博嗣「笑わない数学者」を読んだ。
 だんだんこのシリーズにも慣れてきた。
 今回は非常に明快かつ単純なトリックであったが、当然分からず・・・。
 答えが分かってから思い出すと、主人公の老齢の笑わない数学者ではないが、いろいろなところに伏線があった。そのたびに何で?とは思ったが、それ以上考えずに先を読む。

 こういうリズムの本は読みやすいが、一気に読んでしまうところがある意味問題かもしれない。

 それにしても家族、親族を巻き込むミステリーは同姓で名前だけ違うとか兄弟や親子で名前も似ているというパターンが多いので、今話しをしているのは誰だっけと、巻頭の登場人物を見返すことがたびたび・・・。
 それでも最近のガンダムみたいにいかにも日本人なのに長い横文字の名前でないだけいいか。

| | TrackBack (0)

金融腐蝕列島【完結編】消失

消失 第4巻―金融腐蝕列島【完結編】
 高杉良金融腐蝕列島【完結編】消失を読み終えた。
 1から2巻まではなかなか良いが3巻あたりでだれて、最終巻4巻は完全にだめ。消化不良である。
 長すぎる経済小説に色を添えるべく主人公竹中に若き美貌のフィアンセを登場させるが、結局最後にどうなったのかもわからず。
 モデルは明らかに旧UFJ銀行であるが、三菱に統合されるところはあっという間に終わり、統合後に繰延べ税金資産の戻りで大幅増益になることを告げるのみ。
 なんとなく最後になって連載打ち切りになったか、あるいは予定回数で終わらなかったために詰め込んだ印象がある。
 3巻まではまあまあ面白かったので残念。

| | TrackBack (0)

長尾藤三「快感自転車塾―速くはなくともカッコよく疲れず楽しく走る法」

快感自転車塾―速くはなくともカッコよく疲れず楽しく走る法。
 長尾藤三「快感自転車塾―速くはなくともカッコよく疲れず楽しく走る法」は副題のとおり、速く走るためではなくカッコよく疲れずに走るための指南書。
 著者は45歳でロードバイクの乗り始めた1941年生まれのお爺さん(といっていいだろう)。若くないから体力も筋力もないけれども、楽しみたいという中高年向けの本だ。
 前半がロード、後半にMTBについてのテクニックも記載されている。テクニックの記載はMTBのほうが多い印象があるのはぼくがMTBを知らないせいだろう。ロードのほうは概ね知っていることが多かったが、いくつかは参考になった。
 まだ自転車を持っていない入門用というよりはとりあえず乗り始めました、あたりの人向けだろうか。というのは自転車用語が頻繁に出てくるので入門以前の人ではきっと理解できない。

TIOGA(タイオガ) コクーン
 一番、参考になったのは氏が考案した輪行袋が前輪だけはずせばいい方式で安価なものがあるということ。
その名はアイオガ・コクーン。ネットを見ると付属品やマニュアルの評判は良くないが安価で実用性がありなによりも簡単と評判がいい。

| | TrackBack (0)

森博嗣「冷たい密室と博士たち」

冷たい密室と博士たち
 森博嗣の最初のシリーズであるS&Mシリーズをとりあえず順番に読んでみることにした。
 S&Mというのはもちろん犀川創平と西之園萌絵のイニシャルである。誤解なきよう。

 で、を読んだので次はこれ。

 「冷たい密室と博士たち」は大学の低温実験室という密室での殺人。作品はFと同じく95年頃なので、当然UNIX、telnetの世界であるが、今読むと、ちょっとこの大学のほすとはセキュリティ弱いなあ、という感じ。

 作品そのものはほど強烈、特殊ではなくすんなりと読める。

| | TrackBack (1)

ケイデンス計測機能付サイクルコンピュータ

CC-RD200 ケイデンス計測機能付のサイクルコンピュータを買いました。
 ネットでは3千円程度で購入できますが、取り付け済みのサイコンをきれいにとりはずす自信がないのと、ケーブルの処理がきっときれいにできないだろうと思い、自転車を購入したショップで購入・取り付けをお願いしま
い。自転車購入後1年は部品取り付け工賃は無料なので、部品の購入価格が少し高くても工賃を考えればそちらのほうが安いかなと・・・。
 取り付けた当日と、本日多摩サイを走ってだいたいケイデンスの感じが分かりました。
 けっこうクルクル回していることがわかりました。まあ低いギアで回しているだけですが・・・。
 ゆっくり走っているときに自分に言い訳できるのでいいです。
 ちなみにぼくの場合は70くらいがいいみたい。
こちらを見ると70が一番効率がいいみたいなので満足・・・。

左がケイデンス、右が速度センサー

ケイデンスのセンサーとクランクの間はかなりかさ上げしている。

こういうケーブルの処理などを自分でやるときれいにできないので、ショップでやってもらった

| | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »