« 府中の蕎麦や | Main | 黒澤明「天国と地獄」 »

ALWAYS 続・三丁目の夕日

ALWAYS 続・三丁目の夕日

 前作よりも出来がいいのはCG(VFX)だけですな。どこまでが実写でどこからVFXかという境がわからない。もっとも151系「こだま」が走り去るシーンの最後尾車両はプレートに違和感があった。

 ストーリーはいい加減で、こうなるんだろうな、という感じに落ち着く。まあ、それが良いという人も多いだろう。

 わがまま育ちのお嬢ちゃんも職場を喧嘩して辞めたチンピラもいとも簡単にいい子、いい人になっていくので面倒がない。昭和30年代半ばの小学生に「デリカシー」にはびっくりしたが。

 まもとなことを言っているのは憎まれ役の会社社長の小日向文世くらい。
 
 セットにお金がかかったドタバタコメディとしてみればなかなか面白いし、昭和30年代の風景の再現にこの映画の価値を認める人も多い。

|

« 府中の蕎麦や | Main | 黒澤明「天国と地獄」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/43217097

Listed below are links to weblogs that reference ALWAYS 続・三丁目の夕日:

« 府中の蕎麦や | Main | 黒澤明「天国と地獄」 »