« 関戸橋フリーマーケット | Main | 森博嗣「カクレカラクリAn Automaton in Long Sleep」 »

森博嗣「ゾラ・一撃・さようなら」

ゾラ・一撃・さようなら 森博嗣「ゾラ・一撃・さようなら」を読んだ。
 AMAZONのレビューに「まあまあ楽しめるが、森博嗣の真髄からはちょっと程遠い感じがします」とあったが、真髄を理解していないぼくにもそう思えた。
 読んでいる間は面白い展開になりそうな気がして、のめりこめるのだが。読み終わって振り返ると、ではあの設定はなんの意味があったの?とか、ではあの設定には無理があったんでは?と、疑問符がつくことがかなり多い。
 具体的な話を書くとネタバレになるので、やや曖昧に書くと、標的やその友人の地位、女性の美貌と揺れ動く気持ちあたりかな。すなわちこれらの設定がかなり極端、一流になっているのに、どうもストーリー展開上あまり意味がないように思える、ということ。

 ただ、表題は森博嗣らしい・・・。

|

« 関戸橋フリーマーケット | Main | 森博嗣「カクレカラクリAn Automaton in Long Sleep」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/42832288

Listed below are links to weblogs that reference 森博嗣「ゾラ・一撃・さようなら」:

« 関戸橋フリーマーケット | Main | 森博嗣「カクレカラクリAn Automaton in Long Sleep」 »