« やっぱりソニッケアー | Main | 多摩川原橋から多摩サイ  »

森 博嗣「クレィドゥ・ザ・スカイ」

「クレィドゥ・ザ・スカイ」 「スカイ・クロラ」シリーズの最終巻 森 博嗣「クレィドゥ・ザ・スカイ」を読んだ。最終巻というのは刊行順であり、時系列では「スカイ・クロラ」の直近となる。
 キルドレの秘密と反戦を目指すサガラ・アオイについては「フラッタ・リンツ・ライフ」に書かれているが、その続編であり、クリタ・ジンロウの視点である。
 が、正直、最後に読む1冊としてはいまいちだった。終わり方もいまいち意外性がない。
 というか、このまま「スカイ・クロラ」に時間が経過してしまうと「スカイ・クロラ」の原作あのラストシーンとの関係がよくわかならい、という印象。これが映画のラストシーンであればなんとなくわかる。

 と、映画も原作もネタバレしないように書いたので、全く意味不明の文章になってしまった。

P.S 上の文だけではあまりにも意味不明なので、追記。
「クレィドゥ・ザ・スカイ」では「スカイ・クロラ」でクサナギに殺されたとされるクリタとカンナミとの関係が最後に判明する(というふうに理解した)。
 不満なのは「フラッタ・リンツ・ライフ」で苦悩するクサナギがなぜ「スカイ・クロラ」で颯爽と指揮官になっているか、その心境や経緯、それとティーチャーの移籍理由がいまいち不明確なまま終わってしまったこと。時系列的には「スカイ・クロラ」の直前になる本書ではこのあたりがもう少し描かれると想像していたが、クサナギはほとんど登場しない。

|

« やっぱりソニッケアー | Main | 多摩川原橋から多摩サイ  »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/42561429

Listed below are links to weblogs that reference 森 博嗣「クレィドゥ・ザ・スカイ」:

« やっぱりソニッケアー | Main | 多摩川原橋から多摩サイ  »