« August 2008 | Main | October 2008 »

「グレート・ギャツビー」

愛蔵版 グレート・ギャツビー
華麗なるギャッツビー
 村上春樹訳の「グレート・ギャツビー」を読んだ。
 いかにも2枚目のレッドフォードの映画、「華麗なるギャッツビー」は学生の頃に見たような気もするが、物語や結末の記憶がないので思い違いかもしれない。

 村上春樹を読むようになってから、彼に影響を与えた最大の作家であるフィッツジェラルドの短編集もいくつか読んだがそれほどおもしろいとは感じなかった。で、あまり期待せずに読んだ。

 始まりはなんとなく村上っぽい世界というか記述で、もやもやして始まる印象だったが、パーティーのシーンから引き込まれるように読んだ。村上自身による後書によればこのパーティーのシーンは売れっ子作家だったフィッツジェラルド自身が妻ゼルダとともに実際に開催していたパーティーをモデルにしたようだ。
 それにしてもアメリカの貧富の差の凄さ。
 先頃、リーマンブラザーズが破綻したあと、雑誌かネットで見たがウォール街の一部の社員と一般的なアメリカ家庭の年収差が10倍くらいあるらしい。ゴールドマンサックスの社長の年収200億は別格としても、日本に換算すると5百万と5千万の差くらいだろうか。日本の会社では(みずほのトップ3人が年俸9千万と先日経済誌でたたかれてたが)このレベルの差はなかなかない。
 アメリカでは西部の人間が東部に出て一旗あげようというのが割りと普通の考えであり、しかも歴史が短い国にしてはその来歴、すなわち家系や大学も問われる。

 ギャッツビーも語り手のニックもそのひとりである。

 この本の以前からの題名の「華麗なる」はやはり違うのではないか、「グレート」が正しいのではないかという印象が最後まで読んでから思える。「華麗」を装ったという意味であれば正しいか・・・。

 舞台となるイーストエッグ、ウェストエッグはロングアイランドの架空の地名だったが、その景観の描写から今ではGoogle Earthで検索するとちゃんと地名として検索される。

| | TrackBack (0)

多摩川原橋から多摩サイ 

 今年初の秋晴れの中、気持ちよく多摩サイクリングロードを走りました。とはいえ2時間ばかりですが。これ以上やると脚がガタガタに・・・。
 今回は登山用に購入してあまり使っていなかったワコールCWXをはいてみた。同じコースを同じコンディションで試したことはないので効果は、はっきり言ってよくわからない。が、過去の経験からして、はかないよりはいた方が疲れないはず・・・。

関戸橋手前からの聖蹟桜ヶ丘 尾根幹線から稲城に出て、矢野口まで下り、多摩川原橋で多摩サイクリングロードに乗り、府中四谷橋の先のいつもの休憩スポットまで。
 まだ夏の名残の空気で、遠望が効くというほどではなかったが、奥多摩や奥武蔵の山が比較的よく見えてなかなか気持ち良く走ることができました。
 途中、ハーフクリップを留めていたネジが一本ゆるみ増し締め。初めてTOPEAK サバイバル ギアボックスを使った。

写真

| | TrackBack (0)

森 博嗣「クレィドゥ・ザ・スカイ」

「クレィドゥ・ザ・スカイ」 「スカイ・クロラ」シリーズの最終巻 森 博嗣「クレィドゥ・ザ・スカイ」を読んだ。最終巻というのは刊行順であり、時系列では「スカイ・クロラ」の直近となる。
 キルドレの秘密と反戦を目指すサガラ・アオイについては「フラッタ・リンツ・ライフ」に書かれているが、その続編であり、クリタ・ジンロウの視点である。
 が、正直、最後に読む1冊としてはいまいちだった。終わり方もいまいち意外性がない。
 というか、このまま「スカイ・クロラ」に時間が経過してしまうと「スカイ・クロラ」の原作あのラストシーンとの関係がよくわかならい、という印象。これが映画のラストシーンであればなんとなくわかる。

 と、映画も原作もネタバレしないように書いたので、全く意味不明の文章になってしまった。

P.S 上の文だけではあまりにも意味不明なので、追記。
「クレィドゥ・ザ・スカイ」では「スカイ・クロラ」でクサナギに殺されたとされるクリタとカンナミとの関係が最後に判明する(というふうに理解した)。
 不満なのは「フラッタ・リンツ・ライフ」で苦悩するクサナギがなぜ「スカイ・クロラ」で颯爽と指揮官になっているか、その心境や経緯、それとティーチャーの移籍理由がいまいち不明確なまま終わってしまったこと。時系列的には「スカイ・クロラ」の直前になる本書ではこのあたりがもう少し描かれると想像していたが、クサナギはほとんど登場しない。

| | TrackBack (0)

やっぱりソニッケアー

ソニッケアー elite e9800
 電動歯ブラシがお釈迦になったので買い直した。結局、ソニッケアー elite e9800にした。
 前の歯ブラシ「ソニッケアーエリート7500」を購入したのは過去のブログによれば2004年8月で、なんと知らないうちに4年も経っていた。充電池もおかしくなるか。
 とはいえこの4年まじめに使っていたわけではない・・・。最近は歯医者に行く寸前だけ使うことも多かったが、この歯ブラシで磨いてから行くとオーラルチェックでもあまり指導を受けない。前の週にきちんと磨いていれば「よく磨けていますね。あとは奥歯のこの部分だけ」くらい。
 ところが先日、歯医者に行く前に使おうとしたら動かない。電池は十分あるのだが、接触が悪いのかうんともすんとも言わず、仕方なくふつうの歯ブラシで適当に磨いて行ったところ「1ヶ月でずいぶんとひどいことになっていますね」とがりがり歯石除去をされた・・・。
 う~ん、やっぱり2分間ちゃんと電動歯ブラシで磨くのと、烏の行水のようなスピードで普通の歯ブラシで磨くのではこのくらい差があるか・・・。


ソニッケアー 電動歯ブラシ フレックスケアー HX6902-02
 ソニッケアのサイトを見ると最近は、エリートシリーズよりも柔らかいフレックスシリーズが登場している。いろいろ機能アップしているようだが、まだ発売したてで結構高い・・・。エリートシリーズだと手元にある替えブラシが使えるというせこい理由もあり、今回はエリートにした。
 そうそう、以前にこちらにも書いたが、スタパ斉藤も同じブラシを愛用・・・。こちら

 歯ブラシの機能も大事だが、毎日ちゃんと使うことのほうがよっぽど重要・・・。

| | TrackBack (0)

リーマンとメリルリンチ

リーマンブラザースの倒産、メリルリンチのバンカメによる買収。
株式市場は大きく値を下げだが、ざまあみろと溜飲を下げた連中も多かったはず。

| | TrackBack (0)

稲城から多摩川

サギ
 最近は平日の夜と休日の午前は自転車で出かけるルートはだいたい決まっているのでGPSは持たずに心拍数のみ計測している。こんな感じ
 今日の夜以降は今週は雨がちらしいので、少しまじめに走るかと多摩サイに行きました。
 とはいえあまり情報がないところは嫌なので、まずは最初の頃走った、尾根幹線の稲城方面の坂に挑戦。さすがにギアの具合がわかってきたので坂そのものはなんということもなかった。むしろ、前回は気にならなかった下りでの路面のごつごつ感が気になり、時速40キロを超えたところでずっとブレーキ。南武線の踏切待ちではブレーキ臭がした・・・。
 今日はのんびりということで、是政橋からサギを眺めたりして(府中四谷橋と国立河川敷公園の間にはかなりの群生地がある)いた。CaplioR6の7倍ズームの出番だがどれほど手ぶれ補正が効くのかと思ったが、意外とちゃんと撮れていた。

 せっかくなので今までいったことがない下流に行ってみようと右折。サイクリングロードが切れたら戻ろうと思ったが、京王多摩川まで行ってもサイクリングロードだった。
 このあたりは野球場が多くて人が多い。ローディの数は相対的に減少し、ママチャリやクロス、散歩、子供のマウンテンバイクが多い。
 すでに脚にがたが来ていたので戻ることにした。昨日見ていなかったY'sRoadの2階の完成車売場を眺める。バイクプラスと違い、取り扱いブランドが多いので数も多い。休日午後でローディが買い物に余念がない。

 本当は多摩サイを軽く切り上げ、コナミスポーツでプールにつかる予定だったが、すでに体力切れで、自宅まではへろへろで帰った。まあ、最近は自分に見栄を張らず、どんどんギアをゆるめるので心拍数は適度に保ったままであったが・・・。

写真と走行ログ

| | TrackBack (1)

森 博嗣「ナ・バ・テア」

「ナ・バ・テア」 「ダウン・ツ・ヘヴン」を読んだとき、クサナギとティーチャーとの関係が書かれているはずの「ナ・バ・テア」を読みたいと思ったが、やっと読むことができた。

 原作「スカイ・クロラ」になく映画に登場するシーンをこの作でも発見した。すなわち原作ではクサナギが叫んでいた言葉を映画ではカンナミが叫んでいるのだが、この入れ替えが可能なのはクサナギもカンナミも同じ気持ちのパイロットだからであり、不自然さを感じない。
 この作品は時系列的には第一作。クサナギがティーチャの居る基地に配属されるところから始まる。

 しつこいがシリーズは時代順に「ナ・バ・テア」「ダウン・ツ・ヘヴン」「フラッタ・リンツ・ライフ」「クレィドゥ・ザ・スカイ」「スカイ・クロラ」。最近刊行された「スカイ・イクリプス」は外伝というか脇役短編集なので、残るは「クレィドゥ・ザ・スカイ」1冊となった。これを読み切ったあとでもう1回映画を見てみたい気がするがすでに映画の公開は終わっており、DVD待ちかな。

| | TrackBack (0)

馬場啓一「和の作法」

馬場啓一「和の作法」
 ふと、寿司やのカウンターでは何から注文するのがマナーなんだろうと思い、ネットを検索。お寿司やさん自らのサイトでは、お好きなものからご自由に、というのが多い。卵焼きで職人の腕を見るなんていうのは嘘らしい・・・。というわけで図書館の本を探したら、馬場啓一「和の作法」というのがあった。
 この本は寿司や食べ物だけに限らず衣食住の全般にわたっての作法を述べている。作法といってもいわゆるHOW TOものではなく、現在の作法や文化が創られた歴史や由来をひもといていく部分が多く、それゆえHOWTOものとは違う読み応えがある。
 ちなみに、「衣の章」で扱うのは、浴衣、下帯、履物、帽子、風呂敷、てぬぐい、扇。「食」:蕎麦、うどん、寿司、天麩羅、餅、お茶、和菓子、日本酒、膳、箸、宴会。「住」:日本家屋、「冠婚葬祭」:中元と歳暮、祝儀と不祝儀。
 以上のとおり、日本人の生活全般にわたるあれこれについて、そのいわれとちょっとした作法が書かれている。作法そのものは読んだあとにどんどん忘れてしまうが・・・、謂われ、来歴をちょっと思い出すとなんとなく作法にかなった仕草ができるかもしれない。

 この本には寿司を頼む順番は細かくは書いていなかったが、最初の店ではテーブル席でメニューを見て握りを一人前頼めば、価格と腕、味がわかること、寿司は一口で食べること、女性や口の小さい人が頼んでも板前は相手を見て大きさを微妙に調整してくれることとあった。

| | TrackBack (0)

森 博嗣「フラッタ・リンツ・ライフ」

フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life
 森 博嗣「フラッタ・リンツ・ライフ― Flutter into Life 」は、時系列では「スカイ・クロラ」シリーズ4作目。前作「ダウン・ツ・ヘヴン」のあとであり、映画「スカイ・クロラ」でカンナミの前任者であるクリタ・ジンロウの視点で描かれる。映画および原作「スカイ・クロラ」では配属されたカンナミがジンロウの機体があるのに、すなわち撃墜されたわけではないのに後任が配属される点に疑問を抱く。同僚からはクサナギに殺されたという噂も聞く。
 この巻ではこのあたりが解き明かされると同時に指揮官として飛べないことに悩み、またキルドレの秘密に悩むクサナギが描かれる。「スカイ・クロラ」は原作と映画では結末が異なるが、このあたりまで描かないと原作の結末では無理があるのだろうと理解できる。そのために映画ではエンディングが中途半端になってしまった点は否めない。
 いずれにしても、視点はジンロウであるが、やはり間違いなくこのシリーズのヒロインはクサナギである。

| | TrackBack (0)

森 博嗣「ダウン・ツ・ヘヴン」

ダウン・ツ・ヘヴン
 森 博嗣「ダウン・ツ・ヘヴン」は、発表順も時系列も「スカイ・クロラ」シリーズ3作目。2作目は未読。
 1作目「スカイ・クロラ」ではカンナミ・ユーヒチの主観で書かれているが、この作品はクサナギ・スイトの目で書かれている。冒頭、「スカイ・クロラ」でクサナギがカンナミに話した自分の対戦相手のエピソードがいきなり登場する。そして脇役的にカンナミも出てくる。そしてティーチャーも。
 ティーチャーに対するクサナギのさまざまな思いがとても深く、それはきっとこの2つの作品の間に位置する「ナ・バ・デア」に書かれているのだろう。

 原作になく映画「スカイ・クロラ」に登場するエピソードとして部下が墜とされた相手がティーチャーと知り深追いするクサナギが描かれるが、このあたりはきっと5作目あたりにあるのではないかと考えている。
 映画ではカンナミの飛行テクニックがメインになりクサナギは過去はかなりのものだったという噂くらいで終わってしまうが、この本ではティーチャーと互角にやりやっている。

 ところでこの2冊の目次
・「スカイ・クロラ」:カウリング、キャノピィ、フィレット、スピンナ、スポイラ
・「ダウン・ツ・ヘヴン」:サイドスリップ、ストールターン、スナップロール、ローパス
飛行機に直接は関係ないのはフィレット(溶接)くらいか。これは溶接の火花を見たいという少女がいたため。

| | TrackBack (0)

ハーフクリップを試す

Zefal ゼファール ハーフクリップ

 効率的なペダリングにはビンディングペダルと専用のシューズが必須。ビンディングとはスキーのビンディングと同じで固定すること。すなわちペダルにシューズを固定してしまう装置がついているペダルと専用のシューズの組み合わせである。これによって(調整が必要らしいが)最適ポイントで足を固定し、しかも引き足(踏み込んだ位置から上に引く動作の部分でも駆動力を得る)ができるようになるので効率的なペダリングができることになる。
 しかし、初心者が試すには2つの難点がある。
 ひとつはシューズの種類。シューズにはペダル固定用の器具がついておりその部分が靴底から出ているものが多い。このため自転車に乗っている間はいいが、降りたとたんに歩行はしにくくなる。スキーブーツのまま歩くようなものだ。野球のスパイクやサッカーシューズで歩行する感じだろうか。
 もうひとつは、立ちこけの問題。足をつこうとしてもペダルにシューズが固定されているので、はずしてからでないと転んでしまう。はずすには足をひねるだけ(これもスキーのビンディングに近い)だが、とっさのときにその手順を踏まないと転んでしまう。
 いずれの問題も初心者向けペダル・シューズの採用や慣れで解決できるものだが、価格という第3の壁もある。靴とペダルで最低でも2万円くらいからとなるだろう。

 というわけで、トゥークリップを試した。これは普通のペダル(普通の靴でペダリングできるもの。フラットペダルというらしい)の先端に足先を挟むもの。トゥークリップにも写真のハーフクリップともっと長いものもあるが、試したのはハーフクリップ。価格は税込み723円でした・・・。
 今のペダルのどっちの面に付けるのが正しいのか不明でしたが、左右とも方向だけ合わせて、反射板をドライバーで抜き、ネジ止めした。


右のペダルを上から

左のペダルを横から。反射板がない!

 感想
・平坦地しか走っていないせいか、劇的に変化した印象はないが、下りなどで回転数が上がってもペダルから足が落ちない。
・発進時は右ペダルは最初からかませて、左は走り始めてから下を向いていることを意識すれば簡単にはまる。
・油断していると立ちこけっぽくなるので止まるときはやはり少し前に左をゆるめ気味にする必要あり。

 ちなみに、今日、多摩サイの途中の休憩ポイント(国立市河川敷公園)で他の人のペダルを眺めていたが、ローディはほとんどがビンディングペダル。初心者らしき女性が止まるときによろけて「はずれていると思ったのに」グループの男性「ちゃんとはずれたことを確認してからね」とアドバイスをしていた。
 靴も千差万別で横からみてあきらかにビンディング部分が盛り上がっていて歩きにくそうな靴や、靴底にわずかにストッパーがあり横からは普通のシューズにしか見えないものもあった。

| | TrackBack (1)

森 博嗣「スカイ・クロラ」

スカイ・クロラ
 映画の原作、森 博嗣「スカイ・クロラ」を、ようやく読んだ。途中までは映画とほとんど同じエピソードとストーリーで、そういう意味では、2時間程度に映画はよくまとめたと言えるし、原作の雰囲気をよくつかんでいると思えた。もちろん映画を先に見たせいもあるが。
 「スカイ・クロラ」は原作のシリーズの1作目であるが、物語の時系列では、『ナ・バ・テア』、『ダウン・ツ・ヘヴン』、『フラッタ・リンツ・ライフ』、『クレィドゥ・ザ・スカイ』、『スカイ・クロラ』となる。
 スターウォーズが3「ジェダイの帰還」で時系列的には終わりなのに、作品としてはそれからファントムメナスやらシスの復讐がそれ以前のエピソードを描いているのと同じである。で、スターウォーズを時系列に見て面白いかというとそうではなく、やはり制作順に見ないと細かいところがわからない。

 映画の「スカイ・クロラ」が原作とほぼ同じストーリーと書いたが、実は大きく違うのが最後である。登場人物もほぼ同じながらも映画でスポットを当てられた人とそうでない人は原作では異なるし、またユーヒチ(映画ではユーイチ)とクサナギスイトの性格も映画のほうがドライのような印象を受ける。
 「スカイ・クロラ」シリーズもできれば発表順に読みたいものだ。

| | TrackBack (0)

GARMIN edge305/705

Edge705Edge305


 ぼくはGPSログ取りと地図はGARMIN eTrex Venture HC(英語版)、心拍数はSUUNTO X6HRで行っている。現状はケイデンス(回転数)を意識するレベルではないが、そのうちサイコンをケイデンス付きにしたいなあ、と思っている。

 さて、GARMINにも自転車用ハンディGPSがラインアップされている。EDGE305/705である。

 まずは EDGE 305。GPSログと心拍数、ケイデンスが取れる。GPS素子はSiRF STARIIIなので高感度。GPSなので位置情報はもちろん、速度、高度も取れるし、登坂・降坂勾配も取れる。4万円半ば・・・。ただ、これは地図がない。

 で、地図付きもある。 EDGE 705。305の機能に加えカラー地図が付く。ただし英語版である。76,000円!!。misroSDによる地図転送。

 両機種とも電源は内蔵充電池であることがVentureなどと違う。

 価格の問題もあり当面は、触手が出ないだろうと安心・・・。

| | TrackBack (1)

自転車で痩せた人

自転車で痩せた人
 自転車関係で2冊。

 藤原裕司脂肪を燃やすトレーニング―体験的マフェトン理論を読んだ。
 著者はトライアスロン歴15年の選手。
 マフェトン理論とは、エアロビック運動(有酸素運動)を行うことで脂肪を燃やして健康な状態にする理論で、エアロビック運動の指標となるのが心拍数。最大エアロビック心拍数=180-年齢とし、その時点の運動レベルによって最大10拍程度下方修正する。あまり運動をしていない人なら-5くらいか。
 体験的と表題にあるように実践にもとづき効果があったことから記述しているので説得力はある。とにかく上記の最大エアロビック心拍数以上の運動はしてはいけない。いわゆる無酸素運動をトレーニングに取り入れるとエアロビック能力が伸びずレースでの持久力が伸びないということである。ストレッチも筋肉を傷つけるのでだめ、ウォームアップは30分は必要と、理論そのものは単純でわかりやすいが、アスリート向けの記述のため、中年サラリーマンにはちとつらいメニューが多い。食事や栄養についてもかなりのページを割いている。
 うちの近所ではなかなか上記の心拍数の範囲では自転車に乗れないんだが、エアロビック能力が高まると範囲に収まるのだろうなあ・・・。

 高千穂遙自転車で痩せた人は、その題名から、女性向きっぽいダイエット中心の本かと思ったら、かなり違って、単なる自転車好きの人が書いた自転車に乗ることの進め。その効果として知らないうちにダイエット(というか異常な血液検査の数値が正常に戻った)していた、という感じのもの。
 著者の本業は作家なので自宅にこもり仕事ということで、かなり不健康状態になった。以前にも何回かスポーツやジムにトライしたが挫折、そんなときに自転車ツーキニスト疋田智さんの本を読んで自転車を始めた、という話。
 どうやらお住まいは調布界隈のようで、平日の昼間に走るコースは多摩サイ。もっとも慣れてきてからは聖蹟桜ヶ丘のいろは坂もコースに入れているという・・・。
 自転車の種類や買い方のようなごく初歩的な事項はもちろん道具や周辺知識についての記述もそこそこあり、読みやすい本である。

| | TrackBack (2)

« August 2008 | Main | October 2008 »