« 泉麻人「キサナドゥーの伝説 」 | Main | 「コマ大数学科特別集中講座」 »

再び「猫の恩返し」

猫の恩返し
 TVをつけたら、ジブリ映画の「猫の恩返し」をやっていたので見てしまった。
 この映画を最初に見たときの感想は「ジブリで一番できが悪い」だったので、そう思いながら見てみたら、逆にけっこう楽しめた。
 もともと「耳すま」に登場する猫の人形のフンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵の「バロンがくれた物語」によるものだから、「耳すま」外伝として見ると、主人公のバロン(鈴木プロデューサーが題名を「バロンがくれた物語」にしてほしいと提案したとき、森田宏幸監督は、「主人公はあくまでハルであって、バロンではない」と思ったそうだが。こちら)はもちろん、ムタ(=ムーン)がいい味を出していることにしよう。ムタは「耳すま」ではムーンのことを地球屋の近所の子供がつけた別名、ムーンは天沢聖司がつけた名前と知っていれば、最後の格闘シーンでムタがムーンと名乗るシーンもほほえましい。BGMも「耳すま」のものがこっそり(たぶん)2カ所でそのまま使われていた。
 ただ、やはり、ではハルは何だったでしょう?という印象だけは同じだった。
 だいたい、トラックの前に急に飛び出したら猫でなく自分が事故ってしまうけど・・・。



|

« 泉麻人「キサナドゥーの伝説 」 | Main | 「コマ大数学科特別集中講座」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/41737663

Listed below are links to weblogs that reference 再び「猫の恩返し」:

» 【猫の恩返し】についてサーチエンジンで検索してみると [気になるキーワードでブログ検索!]
猫の恩返し に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし… [Read More]

Tracked on 2008.07.05 at 00:27

« 泉麻人「キサナドゥーの伝説 」 | Main | 「コマ大数学科特別集中講座」 »