« 「落語の国からのぞいてみれば」 | Main | 川上 未映子「わたくし率イン歯ー、または世界」 »

多摩サイ+いろは坂

 自転車雑誌に「まずは時速25kmで行こう」のような記事があり、平地で平均時速25キロで走れる技術を身につけろとあった。その記事では「25キロなんて簡単と思うかもしれないが、30分や1時間ならともかく、2時間以上で平均25キロは大変なのだ」と書いてあった。
 自宅周辺で平地である程度の距離をかせげるところは多摩川サイクリングロードしかないので、出かけてみた。関戸橋から府中側を上ってみることにした。
多摩サイから見る聖蹟桜ヶ丘

 関戸橋をゆっくり渡る。今日は日差しは少なく遠くはどんよりとしているが、秋から冬にかけては山がきれいに見えるだろう。
 多摩サイに入り、あらためて周囲を眺めるとロードレーサーが多い。ロードレーサーは2タイプ。若者体育会系っぽいのとオジサンがんばります系である。次に多いのがママチャリ、シティサイクル系でのんびり走っている人が多い。さらに散歩する人。今日はいつもよりは日差しが少ないとはいえ、自転車ならともかく散歩はする気にならないが・・・。もっとも車に乗っていた頃はすべてのサイクリストを同じ気持ちで眺めていた・・・。
 クロスバイクはかなり少ない、ロードレーサーやママチャリとの比はざっくり7:2:1くらいか。


いろは坂を上った証拠?の金比羅神社
 最初のうちは快調に25キロをキープしていたが、Y's Roadのある水門以降、徐々に脚に来てペースが落ちる。中央道をくぐると公園でロードがいったん切れた。右折して進む人も多いがここで休憩して引き返す人も多い。予定時間や体力を考えて戻ることにする。帰りはきっとわずかに下りで楽かなと思ったら向かい風が強く(先日関戸から玉川にクロスバイクで帰った友人が言っていたのを思い出した)さらに速度が落ちた。が、このまままっすぐ戻るのもなんなので四谷橋で多摩川を渡り、先日途中下車してしまったいろは坂に再度トライしてみることにした。
 霞ヶ関橋あたりからギヤを落とし最初あたりはおお好調かと思ったがやはりかなり脚にくる。しかし乗り方に少し慣れたのでゆっくり時折ダンシングでこらえてなんとか下車せずに金比羅神社にたどり着いたが、降りたとたんに脚がよれた・・・。
 情けないともいえるが、運動不足歴xx年、当然だろうな。

 今日は神社の陰にもロータリーの陰にも白バイはいなかった。


 写真ログ解析

|

« 「落語の国からのぞいてみれば」 | Main | 川上 未映子「わたくし率イン歯ー、または世界」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/41976888

Listed below are links to weblogs that reference 多摩サイ+いろは坂:

« 「落語の国からのぞいてみれば」 | Main | 川上 未映子「わたくし率イン歯ー、または世界」 »