« 中野翠「今夜も落語で眠りたい 」 | Main | 再び「猫の恩返し」 »

泉麻人「キサナドゥーの伝説 」

泉麻人「キサナドゥーの伝説 」 泉麻人の職業を一言でいうと何になるのだろう。WIKIペディアではコラムニストということになっているが、その対象は今の時代よりも少し後ろを振り返っていることが多いようだ。そのあたりの趣向は外向けのものかもしれないが、まあわかりやすい。
 年齢が少し上なので、幼少から学生時代までの彼の記憶とぼくの記憶には少しずれがあるがまあ四捨五入の範囲でもある。

 小学校のこじんまりとした同窓会から始まるオジサンバンドの再結成や、転校して行方がわからない美少女を探す話がメインのこの小説の主人公は中学はみんなと分かれて私立に行き、今の職業は紀行ライターで名字が浅見。泉麻人の本名は朝井泉だから彼そのものである。

 出だしから展開やおおよその結末が読めてしまうのは彼の小説の欠点でもあるが長所でもある。彼が描きたいのは物語ではなく昭和の時代なのだから。とはいえ、この小説の結末はちょっぴり意外ではあったが、これも最後の方で読めてしまったのはご愛敬。
 やっぱり彼は小説よりもコラムのほうが生き生きとしているなあ。

|

« 中野翠「今夜も落語で眠りたい 」 | Main | 再び「猫の恩返し」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/41700356

Listed below are links to weblogs that reference 泉麻人「キサナドゥーの伝説 」:

« 中野翠「今夜も落語で眠りたい 」 | Main | 再び「猫の恩返し」 »