« 千住真理子のトゥーランドット | Main | 新訳 星の王子さま »

濱 嘉之「警視庁情報官」

警視庁情報官
 警察も交番や町の警察署あたりまでは想像がつくが、警視庁の本庁や警察庁となるとよくわからない。キャリアはいきなり警部補から始まる官僚組織であり、それなりに勉強が得意な人が多いのだろうが、試験勉強ができるのと仕事は違うし・・・・。
 というわけで「警視庁情報官」を読んでみたが、話としては面白いし、警視庁の中身や捜査というものを知るには良いが、小説としてはいまいち、いま2くらい。ちょうど江上剛が銀行小説を書き始めた頃のレベルかな。
 いろいろ表現したい、押し込めたい気持ちが前面に出すぎて、ちょっと乱雑である。

 まあ、このように国家を憂いて日夜勤務する人もいるのだろうし、必要な組織ではあるが、警察への協力者へはにっこり笑って身辺調査で身ぐるみはがすような仕事はやりたいとは思わない。

 主人公がキャリアでないけど早稲田政経から入ったという設定は、所轄の警察署の風景を描くのに必要だったとはいえ、キャリアの設定よりは良いが、仕事の出来も容姿もかっこよすぎて早稲田っぽくない。

|

« 千住真理子のトゥーランドット | Main | 新訳 星の王子さま »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/40841497

Listed below are links to weblogs that reference 濱 嘉之「警視庁情報官」:

« 千住真理子のトゥーランドット | Main | 新訳 星の王子さま »