« 横山秀夫「クライマーズ・ハイ」 | Main | さらばレガシー »

横山秀夫「ルパンの消息」「動機」

横山秀夫「ルパンの消息」


 雨の土曜日、無聊の一日を横山秀夫の2冊で過ごした。
「ルパンの消息」は横山の未刊行デビュー作をリライトしたもの。15年前の事件の時効をあと一日に控えてドラマはスタート、時代は自ずと15年前に戻るが、その時代にやはり時効(7年)を迎える事件があった。三億円強奪事件である。
 三億円強奪事件は小学校の時の事件だが、社会人になった最初の勤務地がたまたま事件発生地に近く、事情聴取を受けた上司もいて、事件場所まで連れて行ってもらったこともあった。

 ストーリーは三億円事件とはあまり関係なく進む。やや強引な展開もあるが、途中で何度もヤマ場がありとても面白い。題名のルパンは15年前のおちこぼれ高校生がたむろしていた喫茶店の名前であり、彼らが画策した期末テスト強奪作戦の名前であるが、読み終わって最後になぜルパンの「消息」なのかがわかる。
 三億円事件は誰も傷つけることなくまんまと三億円を盗み、窃盗にあった銀行も当然保険でカバーされ、その保険すら海外への再保険でカバーされたため、国内での実損はないらしい。捜査のための警察等の膨大な人件費が最大の損害であり、見事な完全犯罪に爽快感を感じたり、拍手を送った人たちも多かったことだろう。
 実在の三億円犯人の「消息」を知りたい。

横山秀夫「動機」

 もう1冊は4つの短編集である「動機」
 ミステリーやサスペンスものはほとんど読んだことがないので、こんな短編で話が作れるのかと思ったが、テーマを絞ればなかなか面白い話ができるものだ。2000年の第53回日本推理作家協会賞短編部門受賞作らしい。
 冒頭の表題作「動機」は警察手帳の大量紛失事件で、展開はやや強引ながら少しだけ意外な結末。女子高生殺人の前科持ちの男が匿名の殺人依頼電話に苦悩する「逆転の夏」は日常にありうるちょっとした罠の恐ろしさと人の恨みの執拗さが少し怖い。低迷する地方新聞社で苦しむ女性記者の話である「ネタ元」は上毛新聞社時代の著者の苦悩でもあるのか、公判中に居眠りをして妻の名前を呼んでしまって窮地に立つ判事の物語「密室の人」は訳ありげな美人妻はもらわないほうがいいと言っているのかも・・・。




|

« 横山秀夫「クライマーズ・ハイ」 | Main | さらばレガシー »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/41008488

Listed below are links to weblogs that reference 横山秀夫「ルパンの消息」「動機」:

« 横山秀夫「クライマーズ・ハイ」 | Main | さらばレガシー »