« February 2008 | Main | April 2008 »

「果てしなき山稜──襟裳岬から宗谷岬へ」

果てしなき山稜──襟裳岬から宗谷岬へ
 志水哲也「果てしなき山稜──襟裳岬から宗谷岬へ」をやっと読んだ。
 93年の年末から94年の5月にかけて、襟裳岬から宗谷岬まで北海道の脊梁山脈である日高山脈、大雪山、石狩山地、北見山地を歩いた記録である。
 「大いなる山 大いなる谷」で南北アルプス、知床、日高、黒部と歩き回ったものの93年現在では次に何をすべきなのかが見つからないまま冬の日高に入る。デポ(食料や用具などをあらかじめ途中に置いておくこと)をしないので、担げる量がつきると山を下りて買い出しに行き、準備を整えてまた下山地点から山に入る。
 いつ降りるか不明なので宿の予約はできず、いつでも泊まれるユースホステルがベースとなっている。ユースホステルは今でもあるんだな、と遠い昔、北海道で泊まり歩いた頃を思い出す。山で偶然すれ違った人と別の機会に一緒に歩いたり家に泊めてもらったりとこれまた同じようなことをしていた学生時代を思い出す。

 実は襟裳岬から宗谷岬までの山行は「大いなる山 大いなる谷」を上回る厳しい状況をイメージしていたが(実際、気温や食料、ヒグマなどの問題もありとても厳しい山行であるのは確かであるが)、なんとなく余裕がある。それは時々山を下りて下界の人とつきあいをするせいだろう。一方で山の中では、なんでこんなことをしているのだろう、いつまでこんなことをしているのだろうという自問自答ばかりで、黒部に定住し次のステップが見つかる前の産みの苦しみのようなものを感じた。

| | TrackBack (0)

椎名誠「ごんごんと風にころがる雲をみた。」

椎名誠「ごんごんと風にころがる雲をみた。」
椎名誠「ごんごんと風にころがる雲をみた。」を読んだ。
 椎名誠の本はかなり読んでいるがなかなかその多作に追いつかない。
 モンゴル、チベット、北極圏、シベリア、パタゴニアなど世界の異境への旅をオムニバス形式でまとめている。寄せ集めなので以前に読んだ記憶のあるものもちらほら。
 椎名誠は1944年生まれだから今年で64歳というすっかり高年の部類に入るが、若い頃とあまり変わらない行動力と体力で動き回り、飲みまくっている。

ワニのあくびだなめんなよ  赤マントシリーズは電車の中で読み流すのにちょうど良いので(元が夕刊フジの連載エッセイだったか)新しいのでが出ると読み散らかしている。今回の「ワニのあくび~」はたまたま「ごんごんと~」と時期が同じだったようで、「ごんごん~」の取材裏話のような話が「ワニのあくび~」に出ていて面白かった。

【訂正】赤マントは週刊文春の連載でした。夕刊フジは別のを連載しているとあとがきにあった。

| | TrackBack (0)

中島 誠之助「ニセモノ師たち」

中島 誠之助「ニセモノ師たち」
中島 誠之助「ニセモノ師たち」を読んだ。TV「なんでも鑑定団」の中島センセイである。
 TVでは偽物だと千円とか鑑定しているが、実際のお客さんにはそのようにはいわないようだ。「大事になさってください」とか「変わったものをお持ちですね」「楽しんでますね」というような感じ。
 もっともプロがひとめで見てわかるようなニセモノはこの本の主題ではなく、プロがプロをだますようなものがこの本のテーマになっている。中島センセイのお父さんも手を染めたこともあり、中島センセイも痛い目にあっている。やはり筋というものはあるようで、出所とか、あるいは妥当な値段とか・・・。
 あのTVが15年も続いているのは他人の不幸を願う日本人の習性と、たまに出てくるいい話、お宝のせいだろうが、あのTVによって骨董や昔のおもちゃなどが見直されたのも事実。残念ながら我が家には鑑定してもらいたいものは全くないので(横浜の実家に古いおもちゃが売るほどあったが、噂では北原さんという人がトラックで来て、二束三文で根こそぎ持って行ったらしい)これからも、楽しく眺めるだけである。

 それにしても中島センセイ、ずいぶん本を書いているなあ。

| | TrackBack (0)

自動車保険のロードサービスの比較

契約実績のある三井ダイレクト、チューリッヒ、アクサの3社の自動車保険のロードサービスを比較してみた。
・レッカーは金額で言われてもわからない(アクサ)
・過去に落輪実績のあるぼくとしてはサービスの記載が見当たらないアクサが気になる・・・。(ので、調べた。下記アクサの補足参照)
 ちなみにロードサービスは最初の車でバッテリーあがりが2回、先輩のボロ車でクラッチがすべって環8船橋で立ち往生、独身寮までJAFのレッカーの世話になったこともあるが、以降この20年はない。
 ロードサービスで保険会社を決めるのもどうかとも思うが・・。



三井ダイレクトチューリッヒアクサ
レッカー10km100km2万5千円まで
2年め以降距離制限なし
落輪引き上げ2万円まで全額下記補足参照
帰宅費用
宿泊費用
1名1万5千円まで乗車人数分1名1泊15,000円、2泊を限度
あわせて3万円まで(2年め以降は5万円まで)
車両搬送5万円まで全額5万円まで
ガソリン代10リットル無料10リットル無料10リットル無料
レンタカー12時間まで24時間まで1日あたり15,000円 2日間を限度
その他
旅行キャンセル費用等5万円まで

(注)「落輪」とは、側溝等にタイヤが落ち込んでいて、路面に車体の一部が接している状態。車体が路面に接していない「転落」はサービス対象外
・三井ダイレクトの帰宅費用、宿泊費用、車両搬送は自宅から50km以上の場合のみ提供
・アクサのガソリン代無料は2年め以降。
・チューリッヒ・アクサのロードサービスでは現場での鍵作成、エンジンオイル補充、バルブ交換等にも対応
・アクサのロードサービスでは自宅の玄関の鍵開けも対応

【アクサのロードサービス補足説明】
アクサに電話して詳細を聞いた。
落輪引上げ:対象。ただし金額25,000円まで。金額は提携業者との出動基本料金と状況(一般道、高速、雪道、悪天候)により変化するが、通常1本の落輪であればこの金額範囲で収まる。その他のサービスも金額は同じ考え方。
レッカー:25,000円の考えは上記と同じ。一般道であればおおむね20km程度、との回答。
車両搬送:5万円の考えは上記と同じ。通常であれば東京~大阪程度は問題ない、東京~北海道は無理だろうとの回答。






| | TrackBack (1)

自動車保険 見積もり比較

 4月26日に満期になる軽自動車の自動車保険の見積もりをしてみた。
 昨年までは1.6リッターのスパシオ、今回は軽自動車ということで傾向に変化があるかどうか見てみた。
 従来、レガシーを契約しているアクサは高めで、現契約先のチューリッヒと三井ダイレクトがいい勝負、TV広告で安いを連発しているソニー損保やあいおいは問題外となっていた。
 で、結論として傾向は変わらない(下表)。
 エース保険が一番安いのだが、会社がよくわからない(外資系のようだ)

 ということでチューリッヒと三井ダイレクトで対物無制限も検討した。対車であればベンツのSクラスあたり以外ならたいてい1000万円で問題ないが、店舗に突っ込んで休業補償とか電車を止めたとなると話は別なので・・・。

 で、まあチューリッヒのままでいいかな、と。三井ダイレクトが日本の会社でやや安心感があるが、パンフレットではロードサービスの詳細がわからなかった。


チューリッヒ
(現行)
三井ダイレクト
(昨年契約先)
アメリカンホーム
保険料22,170円20,760円29,320円
車両保険90万円115万円120万円
備考インターネット割引
1500円適用済
対物無制限で23,660円
インターネット割引
4000円適用済
対物無制限で23,730円

アクサ
(レガシー契約先)
あいおい損保エース損保ソニー損保
25,340円34,790円21,260円32,860円
105万円115万円115万円105万円
対物無制限で26,230円
インターネット割引2,500円適用

■比較条件 対人:無制限、対物:1000万円、人身傷害:3000万円、車両:一般条件、5-10万








| | TrackBack (0)

大森久雄「本のある山旅」

本のある山旅
 大森久雄「本のある山旅」は何冊か読んだ山の本に関わる書物の中では、読みやすく、内容も秀逸である。

 作者の山旅を中心とした文章で、その山に関わるいくつかの書籍について触れているが、冒頭の「荒船山と神津牧場」でびっくりさせられた、というか、無知を思い知らされたというべきか・・・。荒船山と神津牧場といえば、大島亮吉の「荒船と神津牧場付近」である。大島の文章はエーデルワイスシリーズ5「思い出の山」に収録されているもので高校時代に読んだのが最初である。就学前に暮らした群馬県富岡で荒船山を毎日眺めていたこともありとても印象に残っているが、大島の「山-研究と随想」の復刻版を入手したこともあり、大森の本がこの山から始まるのは奇遇にも思えた。
 が、大島の有名な文章は実は尾崎喜八の詩が盗作と言ってかまわないレベルまで下敷きになっていた。発表当時から一部の尾崎ファンには知られていたらしいが、その後大島が穂高で逝ってしまったこともあり、あまり触れられていなかったようだ。作者の大森さんもこれを知ったときはかなりショックだったようだ。

 さて、そんな出だしで始まるが、作者が山の本の編集者であり、深田久弥や望月達夫、田淵行男、山村正光、横山厚夫など多くの人と交流があったため、出てくる本もかなりの量と質である。山岳関係の本は、山の本の編集者としては当然知っているべきものばかりのようではあるが、一般書籍がぼくには全然追いつかない。
 それとなんだかんだ行っても大森さんもよく山に行っている。

 さて、改めてエーデルワイスシリーズ全6巻の目次に並ぶ執筆者を眺めてみる。昭和43年の刊行なので当然ながら昔の人ばかりであり、集大成でもある。この本の刊行から40年たつが、この40年に刊行された本でこのレベルの本は作れないだろう。

| | TrackBack (0)

山田詠美「風味絶佳」

山田詠美「風味絶佳」シュガー&スパイス 風味絶佳

 「風味絶佳」は映画「シュガー&スパイス 風味絶佳」の原作本である。エリカ様と柳楽優弥主演のこの映画ではどうやら作中に「ダイヤモンド富士」が出てくるらしいという噂を某ネットでみたのでそれで読んでみた。
 で、小説にはそんな言葉は全く出てこなかった・・・・。

村上龍「限りなく透明に近いブルー」
 が、表題作をはじめ、すべての作品が、山田詠美ってこんな感じだったかなあ、と思ってしまう、どことなくほんわかとろりとした印象の小説集である。中ではやはり表題作の「風味絶佳」がよかったが、ひたすらグランマの元気のせいだろう。グランマ役は映画では夏木マリが演じたようだが、1952年生まれの当時54歳。ちょっと若すぎるような気もする。雰囲気としては元気な白洲正子かなあ。

 山田詠美の作品は大昔に1つか2つ読んだだけであるが、当時の印象は横田基地と福生の印象が強く、女版「限りなく透明に近いブルー」であった。おお、これって村上龍のデビュー作、群像新人文学賞ではないか。村上龍も最近はすっかりいいおじさんになって青春を語ったりしているけど、デビュー当時は過激で訳がわからなかった。山田詠美も年月を経たということか・・・。

 ちなみに群像新人文学賞は村上龍が1976年、78年の中沢けい「海を感じる時」を経て79年に村上春樹「風の歌を聴け」となるが、それ以外は全く知らない。(74年受賞の高橋三千綱は受賞作は知らず、78年の芥川賞「九月の空」を読んだ)

| | TrackBack (0)

角松敏生 in 横浜BLITZ


 3月2日の横浜BLITZの角松敏生のコンサートに行ってきた。ON THE CITY SHORE(1983年)以降は時々バラード集を聞くくらいで、コンサートも初めて。
 まずは観客の世代に注目。同じ歳のミュージシャンの観衆はやはり同世代かと思いきや、けっこう若者が多いのに少し安心。でも頭が薄い連中もけっこういた(2階席だったので一望・・・)。

 大音量系のコンサートも初めてだったので最初はちょっと音に圧倒されたが、そのうちだんだん気分がよくなってきた。知らない曲も多かったが、あまり関係ない。
 1階席前列方面はオープニングからたちっぱなし。

 千秋のボーカルはCDで聞くよりもずっと透き通っていてびっくりした。

 二時間休みなしでいったんエンド。あれ、紙ヒコーキは?と思ったらアンコールになると周辺でバックから紙ヒコーキを出す人多数。というわけでTake You TO The Skyが始まる。ステージまであまり距離がないので2階席からも1階からも十分に紙ヒコーキがステージに到達し、ステージ中紙ヒコーキで埋め尽くされた。
 上のYouTubeの動画よりももっと密度が濃かった。

 アンコールが終わって観客席の外に出て休憩していると、なんともう一曲あるみたい。

 で、やっと終わった。21時。開演が18:05だったのでまるまる三時間。というわけで帰路についたが、あとでネットを見たら、もう一曲あったようだ。

 来週、3月9日にはTV東京の「音楽人」に登場。角松初の地上波。遅すぎるデビューか。
 メタボとは無関係の体型の同世代に拍手。


| | TrackBack (0)

YouTubeの動画をiPod用のMP3にする

YouTubeやニコニコ動画、Yahoo!などでダウンロードした音楽の動画をiPodで聞くためにmp3に変換する方法のまとめ、備忘録です。

 ちなみに動画のダウンロード(保存)にはMPX3を、動画ファイルから音声ファイルへの変換はFFMpegを使っています。
 FFMpegの情報は他のサイトを参照してください。以下のファイルを例にあげます。




 FFMpegの操作は基本はMS-DOSで面倒なので左のようなバッチファイルを作ります。
 この一行をメモ帳などで書いてFFMpegをインストールしたフォルダに「fvltomp3.bat」というファイル名で保存します(拡張子を必ず.batとすること)。このコマンドの意味は「同じフォルダにある「y.flv」という動画ファイルをビットレート128kbpsで「y.mp3」というファイルに変換する」ということです。

実際には、以下の手順になります。
1.変換したいファイルをこのフォルダーにコピーし、エクスプローラで「y.flv」にリネームする。

2.あとでファイル名を復元するので、エクスプローラで元の名前を切り取ります。

3.y.flvにリネームする

4.フォルダ内の「flvtomp3.bat」をダブルクリックする。

5.MS-DOSの画面が起動し、変換が開始するので終了まで待つ。

6.変換が終了すると、「y.mp3」ができる

7.さきほど切り取ったファイル名を貼り付けて元の名前を復元。

8.ダブルクリックすればiTunesが起動します。プロパティをみると128kbpsのMP3ファイルになっていることが確認できます。

 まあ、あまり簡単ではないですが、MS-DOSの画面でコマンド打つよりは・・・。
というわけで、元のファイル形式別にいくつかバッチファイルを作っておくと便利です。ぼくはasfやwmv、mpg用を準備してあります。ファイル形式により最初のバッチファイルのファイル名「y.flv」を「y.wmv」等に変更するだけです。




| | TrackBack (1)

白洲正子「器つれづれ」

白洲正子「器つれづれ」
 白洲正子「器つれづれ」を読んだ。
 生前の正子がいろいろな場で発表した陶器に関する文章を彼女の遺品となる陶器の写真を交えてまとめたものである。編集までは存命していたが刊行時には正子は故人になっていた。
 骨董にも器にも興味はないが、なんとなくゆったりとした気分で読める。器の写真もきれいだが、おそらく百万円単位の名品の陶器も写っているのだろうが、ぼくにはいくら蘊蓄を説かれても、100円ショップとはさすがにいわないが、そこいらで売っているものとの区別は当然ながらつかない。
 過去に発表した文章の寄せ集めなので、読んだ記憶がある文章も多いが、そういう文章にこそ味わいがある。
白洲信哉「白洲次郎の青春」
 が、孫の白洲信哉は祖父が小林秀雄とは思えないほど文章はいまいちである。おそらく祖母・正子の関係で細川総理の秘書も務めた人物のようだが・・・。 白洲信哉「白洲次郎の青春」は、祖父・白洲次郎が青春時代をすごしたイギリスや卒業旅行の道筋をベントレーで訪ねる紀行であるが、なんとなく読み続ける気が起こらず、早々にリタイヤした。

| | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »