« 沢木耕太郎「凍」 | Main | 山口耀久「山頂への道」 »

飯島夏樹「ガンに生かされて」

飯島夏樹「ガンに生かされて 」飯島夏樹「ガンに生かされて 」を読んだ。
 「天国で君に逢えたら」を読んだあとにこれも読みたいと思いながらも、ガンで死ぬ人の話は率先して読みたくはないなあ、と思っていたが、図書館の予約が回ってきたので、いやだなあ、と思いつつ読んだ。
 で、いろいろな意味で読んでよかった。
 著者である飯島夏樹がガンになってからのブログをまとめたものが本書である。余命宣告を受けてハワイで暮らす日々を描いているが、とても明るいのが最初の頃は違和感すら感じた。
 発病直後にパニック障害、うつ病になったというがそれをどのように克服したかはよくわからないが、周囲の助けを借りて書くことに生きがいを見つけて決して平穏ではない日々を神に生かされているという感謝の気持ちを以って綴っている。夫婦で形だけの洗礼を受けたものの熱心な信者ではないが、聖書にたくさん出てくるよい言葉を二人の共通基盤として、小さな喧嘩を乗り越えている。
 この本がフィクションであったなら、病人がこんなに冷静に自己分析できっこない、できすぎだといわれるだろう。ターミナルケアを考えさせられる本であった。

 ただし映画のほうはどうも作りこみしすぎている印象があり、これを機会に見てみたい、という風には思わなかった。

P.S 書き忘れた。
彼は最後の舞台に大好きなハワイを選んだ。ハワイは言うまでもなくアメリカ。もっとも医療保険の遅れた経済大国である。容態が悪化して救急車を読んでICUに入ると1日2日で無事に退院しても「トヨタのミニバン新車1台分」の請求書が来る。「せめてコンパクトカーくらい」だったらと思う夏樹。ガン患者だから民間の保険には入れないが入れたとしても年間の保険料が5000ドルに1回の診療で2割負担。ミニバン1台がHDDカーナビ1台分に変わるくらいか。

|

« 沢木耕太郎「凍」 | Main | 山口耀久「山頂への道」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/17208290

Listed below are links to weblogs that reference 飯島夏樹「ガンに生かされて」:

« 沢木耕太郎「凍」 | Main | 山口耀久「山頂への道」 »