« 中村清太郎「立山圏谷面」 | Main | 白洲信哉「小林秀雄 美と出会う旅」 »

エヴァンゲリヲン新劇場版:序

劇場版 NEON GENESIS EVANGELION - DEATH (TRUE) 2 : Air / まごころを君に

「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」を先月、公開から2週間ほどたった平日に見てきた。
 序破急の序であり、ヤシマ作戦を中心とした物語であることはわかっていたのでストーリー的な新展開はあまり期待せず、大画面での絵を楽しみにし、かつ事前知識はなるべく排除して見に行った。
 
 で、この映画をマニアの方はどう評価したのかというのが少し気になり、mixiを覗いてみたのだが、ぼくが読む速度の何倍もの速度で書き込まれるので、全部を読むのは諦めてこちらにアップすることにした。何せ公開初日の昼過ぎの書き込みで、すでに2回見たとか、気になった所、前作やTV版と異なったところなどをエンドロールの後の「破」の予告編も含めてきわめて詳細にレポートしている書き込みが多く、あらためてマニアのレベルを知った。

 この映画を見るためにTV版をあわてて見た程度なので、マニアの人のようにはいかないが、気が付いた所(以下、ネタばれ)・・・。
 ・オープニングの海が赤い
 ・西暦2015年の表示がない
 ・箱根山中?に大きな人型の陥没のあとは何?
 ・起動前の初号機が瓦礫の崩落からシンジを守るシーンがない
 ・15年前からの契約ってなんだ。
 ・ミサトいきなりセントラルドグマのアダムにシンジを案内してしまう
 ・ネルフを離脱したシンジを見送るトウジとケンスケのシーンがない
 ・ヤシマ作戦の1発目もいちおう使徒に命中している
などなど細かいところでTV版と異なっており、そのひとつひとつが今後のストーリー展開に意味があるのでは、と思わせるところが多い。

 しかし、CGや画面の出来は予想したほどではなかったかな、という印象。
APPLESEED

 士郎正宗の系統とは毛色が違うので比較するには無理があるが、APPLESEEDのようなフルCGを見てしまっていると、アナログTVと地デジの画面の違いほどの差がある。

で、やっぱりエンドロールの後の破・予告編が一番面白かった・・・。

|

« 中村清太郎「立山圏谷面」 | Main | 白洲信哉「小林秀雄 美と出会う旅」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/16829507

Listed below are links to weblogs that reference エヴァンゲリヲン新劇場版:序:

« 中村清太郎「立山圏谷面」 | Main | 白洲信哉「小林秀雄 美と出会う旅」 »