« 白洲信哉「小林秀雄 美と出会う旅」 | Main | 清春芸術村 »

「クルマの渋滞 アリの行列」

クルマの渋滞 アリの行列 -渋滞学が教える「混雑」の真相
「クルマの渋滞 アリの行列」-渋滞学が教える「混雑」の真相-という本を読んだ。
 「電脳通信」という新刊パンフレットをときどき送付してくれる技術評論社の本。この出版社では数学が苦手な文科系でも読める理数系の本がけっこうあり新刊情報をときどきチェックしている。
 「クルマの渋滞 アリの行列」は技術評論社のサイトでは「数学/物理/化学」に分類されているが難しい数式は一切出てこない。伝統的な「渋滞、行列」というと待ち行列、ポアソン分布、ランダム到着とかの統計学の知識が必要だが、この本はもう少し新しい理論をもとに高速道路の自然渋滞やレジ待ちからはじまり災害時の避難誘導などの話に発展していく。クルマの渋滞で前が空いてから発進するまでに時間がかかることやパニックに陥った場合の行動などを簡単なモデルに適用していく過程はなかなか面白い。
 技術評論社のサイトでの紹介では「こんな方におすすめ」として
・なんで渋滞が起こっているのか不満をもちつつ知りたい人
・渋滞や行列について知的関心のある人
・セルオートマトンやASEPなどのシミュレーション科学に興味のある人
となっている。

|

« 白洲信哉「小林秀雄 美と出会う旅」 | Main | 清春芸術村 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/16887036

Listed below are links to weblogs that reference 「クルマの渋滞 アリの行列」:

« 白洲信哉「小林秀雄 美と出会う旅」 | Main | 清春芸術村 »