« 椎名誠「極北の狩人」 | Main | 白洲正子「鶴川日記」 »

後藤 雅洋「ジャズ喫茶のオヤジはなぜ威張っているのか」

後藤 雅洋 ジャズ完全入門!  四谷のジャズ喫茶「い~ぐる」のマスター後藤 雅洋の本を2冊読んでみた。
 ジャズ完全入門!。完全入門というだけあって非常にわかりやすい。構成そのものはオーソドックスでジャズの歴史や名プレーヤー、名盤の解説と続くが、どれも嫌味がなく、なんとかジャズの世界をわかってほしい、というひたむきさすら感じるが、かといって下手に出ているわけでも読者を甘やかしているわけでもない。「朝日カルチャーセンター」でジャズの話をしているだけあって読者をあきさせない。お勧め。

後藤 雅洋 ジャズ喫茶のオヤジはなぜ威張っているのか  ジャズ喫茶のオヤジはなぜ威張っているのか題名で売る本かと思ったが、やや題名負け。というのも題名についての回答が冒頭に出てきてしまい、そのあとにはこの話はない。題名で売るというよりは短編集の題名を収録作のひとつで代用した感じ。
 ただし、中身はさすがに「完全入門」よりは中級向けであり、正直、理解できないこだわりなども書かれている。が、全体としては少しジャズがわかってきた脱初心者の好奇心をくすぐる薀蓄もあり、なかなか面白い。

|

« 椎名誠「極北の狩人」 | Main | 白洲正子「鶴川日記」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/16217590

Listed below are links to weblogs that reference 後藤 雅洋「ジャズ喫茶のオヤジはなぜ威張っているのか」:

« 椎名誠「極北の狩人」 | Main | 白洲正子「鶴川日記」 »