« AMAZONマーケットプレイスとイーブックオフ | Main | 「カインド・オブ・ブルーの真実」 »

コミック版「時をかける少女」2冊

 アニメ版「時をかける少女」を見たので関連コミックも読んでみた。

琴音らんまる「時をかける少女―TOKIKAKE 」

 琴音らんまる「時をかける少女―TOKIKAKE 」。アニメ版の映画をそのままコミック化したもの。アニメでは一切触れていない「魔女おばさん」の過去を描く一節が最後にあり、これをエンディングにしたところは意外とよかった。アニメでは原作のヒロイン芳山和子は魔女おばさんとして登場するが、吾郎ちゃんは出てこなかったので少し可哀想だと思った。
 Amazonのいくつかのレビューにあるように、アニメに比べてテンポが速い部分があるが、これはアニメがストーリーのスピードをいくらでも操作できるアニメのメリットの裏返しといえるかもしれない。


ツガノガク「時をかける少女」 ツガノガク「時をかける少女 」
 ツガノガク「時をかける少女(1)(2) 」は筒井康隆の原作、すなわち芳山和子と深町くん、吾郎ちゃんとの話である。しかしエピソードは原作とは全く違い、時代も現代である。ラベンダー、ケン・ソゴルというキーワード、そしてアニメ版と違い記憶も消えるところは原作のとおりであるが、原作の登場人物たちが現代で演じる別のエピソード、全く違う話と考えて良く、原作の存在と登場人物の名前を知らなければ、全く別のコミックとして読める。
 コミックとしての出来はアニメ版をコミック化した琴音らんまるのものよりもこちらのほうができがいい。

 ちなみにツガノガクの2刊めを購入するのにアマゾンのマーケットプレイスを利用したがそのときの顛末はこちら

|

« AMAZONマーケットプレイスとイーブックオフ | Main | 「カインド・オブ・ブルーの真実」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/15740174

Listed below are links to weblogs that reference コミック版「時をかける少女」2冊:

» 山田太郎ものがたりについて [山田太郎ものがたりについて]
山田太郎ものがたりのドラマについて山田太郎ものがたりの主題歌や視聴率情報山田太郎ものがたり以外の新番組主題歌・視聴率などなど情報満載です。 [Read More]

Tracked on 2007.07.13 at 08:17

« AMAZONマーケットプレイスとイーブックオフ | Main | 「カインド・オブ・ブルーの真実」 »