« June 2007 | Main | August 2007 »

中山康樹「超ブルーノート入門」

「超ブルーノート入門―ジャズの究極・1500番台のすすめ 」「超ブルーノート入門完結編―4000番台の至福」

 ジャズを聴き始めて一応30年もたつのでブルーノートがジャズの有名なレーベルであることくらいは知っているし、わずかながらレコード(CDでなくて・・・)も持っている。
 それでもまじめに研究したこともないので、たまに名盤紹介の本を読むことがあるが、あまり面白いものではない。名盤にはそれなりの由来がありそれを作者が強調すればするほど、ほんとかいな、というような醒めた感覚を持つ。クラシックにせよ、ジャズにせよ、名盤紹介というのはプレーヤーそのものではなくどうしてもアルバムに話題が寄り、しかもたいてい紙面が限られているせいか、著者の空回りのような本が多かった。

 今回の2冊(「超ブルーノート入門―ジャズの究極・1500番台のすすめ 」「超ブルーノート入門完結編―4000番台の至福」)はその期待を見事に裏切りとても面白く、びっくりした。

 この本はブルーノートの「名盤」紹介ではなく名盤が多い1500番台と4000番台を番号順にすべて紹介することでブルーノートそのもの、すなわちブルーノートの設立者でありプロデューサーであるアルフレッド・ライオンのジャズへの考え方、レコードの考え方を紹介していく。読者はレコードの解説を読みながら、ブルーノートの変遷やプレーヤーの栄枯盛衰も見ていくことになり、すこしばかりのドラマが生まれてくる。ブルーノートの1枚1枚のアルバムを語ることでジャズ史を語っている。
 著者の中山康樹のジャズ評論の書き方は受け狙いとの意見もあり、たしかにそれを感じる書き方も所々に見られるが、このような興味深い構成をとったことに軍配を上げたい。
 ジャズの名盤はどのようにして出来上がるのか。もちろんプレーヤーが一番であるが、その組み合わせ、ホーン構成、曲などソフトの部分、そしてレコーディングエンジニア、さらにジャケットデザインであることがよくわかる。ジャケットについてこんな記述があった。
「ケニー・バレル Vol.2 」
 ケニー・バレルの2枚めのアルバムのジャケットを担当したデザイナーの話。
「28歳のアーティストは無名で、仕事も収入もなかった。あるのは才能と情熱だけだ。そのアーティストはリード(デザイン担当者)からジャズ・ギタリストのイラストを描くよう依頼され、わずか15分で仕上げる。青年はイラストの下に名前を入れた。Andy Wahol」
ソニークラーク「クール・ストラッティン」

 蛇足だが、ジャズのアルバムで一番有名なジャケットといえばやはりブルーノートの1588番だろうか。
 Cool Struttin'のジャケットデザインもリード・マイルスである。

| | TrackBack (0)

竹田かほりの映画?2本

「スローなブギにしてくれ」「俺達に墓はない」
 たまっていた映画を2本見たら、2本とも竹田かほりが出ていた。そういえばそんな女優がいたなあ。ネットで調べたら1958年生まれだそうな。碌な映画に出ていない・・。
 この2本は出演映画の中ではまともなほうか。
 「スローなブギにしてくれ」「俺達に墓はない」の2本である。

 「スローなブギにしてくれ」は原作を遠い昔に読んだことがあるが記憶には全くない。片岡義男の小説ってそういう感じのが多かった。映画は表題作に2本の小説をあわせたような構成になっているらしい。
 猫を拾った少女が若き日の浅野温子と気が付くのにはずいぶん時間がかかった。浅野温子はぼくの場合はW浅野あたり、すっかり大人になってからしか知らず、どちらかというと「あぶない刑事」で男漁りしている行きそびれのカオルのイメージしかないので、容姿、演技内容ともかなりびっくりした。
 最後は余計だとの評価が多いがその通りだと思う。

 81年公開の作品なので相模線はまだ非電化だし、出てくる車も古いが、ムスタングのおじさんが乗るムスタングだけは古さを感じなかったのは最近のアメ車を知らないためだけなのかどうか。

 「俺達に墓はない」は、いつもどおり松田優作だけがかっこいい。松田優作の映画の多くはかなりの暴力志向のものが多いが、今では考えられない岩城滉一のマヌケな弟分の演技も含めて、全体にコミカルである。
 「スローな~」ではほんの脇役だった竹田かほりがけっこうキーになる役をやっているのが意外。

| | TrackBack (0)

「カインド・オブ・ブルーの真実」

カーン・アシュリー「カインド・オブ・ブルーの真実」

 カーン・アシュリー「カインド・オブ・ブルーの真実」を読んだ。
 「カインド・オブ・ブルー(Kind of Blue)」はビル・エヴァンス、ジョン・コルトレーン、キャノンボール・アダレイ、ウィントン・ケリー、ジミー・コブ、ポール・チェンバースという当代一流のプレイヤーをマイルス・デイビスが従えて1959年にリリースしたJazzの金字塔といわれるアルバム。発売枚数はCDなどを含め200万枚以上といわれる。
 本書はこのアルバムがいかに製作され、いかに影響を与えたかを語る本である。
 小冊子をイメージしていたが上質紙309ページ、厚さ3センチ近いハードカバーで随所に貴重な写真もあり、読み応えがある。

 このアルバムのライナーノーツはビル・エヴァンスがジャケット裏面に書いているが、英語だったので読んだことがなかったが、今回初めて和訳を読んだ。日本の水墨画を例に即興音楽について冒頭から語るライナーノーツは評論家のものよりも読みやすい。
 このアルバム前後のマイルスやジャズ、音楽全般の動きも当然記されており、マイルス史でありジャズ史ともいえる。製作までの過程やマスターテープから描く製作現場の情景はもちろん、現代でも活躍するジャズプレーヤーのこのアルバムへの思いなどを読むだけでも価値がある。

 手元には学生時代に購入したと思われる、キャノンボールアダレイのスペルが間違ったままの輸入版LPとフラメンコスケッチの別テイクが収録されたCDがある。
 人気の「So What」よりはエヴァンスの「Blue in Green」のほうが好きだ。

| | TrackBack (1)

コミック版「時をかける少女」2冊

 アニメ版「時をかける少女」を見たので関連コミックも読んでみた。

琴音らんまる「時をかける少女―TOKIKAKE 」

 琴音らんまる「時をかける少女―TOKIKAKE 」。アニメ版の映画をそのままコミック化したもの。アニメでは一切触れていない「魔女おばさん」の過去を描く一節が最後にあり、これをエンディングにしたところは意外とよかった。アニメでは原作のヒロイン芳山和子は魔女おばさんとして登場するが、吾郎ちゃんは出てこなかったので少し可哀想だと思った。
 Amazonのいくつかのレビューにあるように、アニメに比べてテンポが速い部分があるが、これはアニメがストーリーのスピードをいくらでも操作できるアニメのメリットの裏返しといえるかもしれない。


ツガノガク「時をかける少女」 ツガノガク「時をかける少女 」
 ツガノガク「時をかける少女(1)(2) 」は筒井康隆の原作、すなわち芳山和子と深町くん、吾郎ちゃんとの話である。しかしエピソードは原作とは全く違い、時代も現代である。ラベンダー、ケン・ソゴルというキーワード、そしてアニメ版と違い記憶も消えるところは原作のとおりであるが、原作の登場人物たちが現代で演じる別のエピソード、全く違う話と考えて良く、原作の存在と登場人物の名前を知らなければ、全く別のコミックとして読める。
 コミックとしての出来はアニメ版をコミック化した琴音らんまるのものよりもこちらのほうができがいい。

 ちなみにツガノガクの2刊めを購入するのにアマゾンのマーケットプレイスを利用したがそのときの顛末はこちら

| | TrackBack (1)

AMAZONマーケットプレイスとイーブックオフ

 Amazonのサイトを見るたびによくできたシステムだなあ、とシステム屋の端くれとして感心することが多い。家族を含めた利用頻度はかなり高く、最近できた「AMAZONプライム」という有料システムにも登録している。
 また、ブックオフは、タレント清水国明の姉・橋本由美子氏がパート社員から社長に登りつめたことで経済雑誌でも有名で、最近は日経ビジネスオンラインの彼女の記事(近く出版される)も読んだ。近所には彼女が立て直した店舗もありよく利用している。
 今回もそのブックオフでそろわない本があったので、AMAZONマーケットプレイスを探したら、たまたま販売していたのが、ブックオプのフランチャイズ店のネットオフが運営している「イーブックオフ」だった。

 AMAZONマーケットプレイスとはAMAZON以外の個人や企業がAMAZONのシステムを利用して中古品を販売できるシステムであり、出品するほうは決済の手間がかからず、買い手からは出品者と決済をせず直接連絡もしないで済むメリットがある。もちろんAMAZONは出品者から相応の手数料をかせぐ。
 ぼくは出品者でも利用者でもあるのでその便利さはなかなかのものと評価している。

 しかし今回はAMAZONマーケットプレスを利用し、この2つの企業のために非常に不愉快な目にあった。ざっくり言えば、
1.悪意を感じるイーブックオフの発送体制
2.虚偽の発送表示をするAMAZONのシステム
ということになる。

 時系列に書く。
6月30日にマーケットプレイスで注文。AMAZONから注文の確認メールが入る。
「出品者は2007-07-03までに商品を発送することを了承しています。」
 ところが発送期限の7月3日に出品者であるイーブックオフから「注文急増による出荷遅れのお詫び」との題名のメール。「ただいま、予想外の注文急増により出荷が追いつかず、7日~14日の出荷遅れが発生しております。」
 イーブックオフの利用者による評価を見てみると、同じような例がたくさん出てくる。
発送期限にメールしてくるとは確信犯であろう。メールでの照会の回答も遅いようなので問い合わせをしても回答がくるかどうか不安だ。




 過去の評価を見ると過去1年では悪いが1%なのに最近30日では4%に増えている。25件に1件は悪い評価が付いている。この店の取引はかなりの件数なので毎日クレームの嵐だろう。
こんな評価もあった。


 このような業者では店舗とネットで同じ商品を併売していることが多く、ネットで注文しても店舗で売れてしまい売り切れというケースがときどきある。この商品のイーブックオフ側の在庫はどうなのかと見てみると、・・・ある。これが注文したものと同じものかどうかは不明だが、はやく発送してくれえ。以下のようになるのはいやだ。


 さて、この注文がAMAZON側ではどのような状態になっているのか見てみるとこれまたびっくり。なんとすでに発送済に分類されている。


 注文の明細を見ると「発送済」ではなく「配送予定日」が別に掲載されている。



マーケットプレイスでは出品者がAMAZONのシステムに取引状況や発送状態を登録する仕組みはないので、AMAZON側が確認もしないで勝手に発送済にしているようだ。
念のため、AMAZONに照会すると7月6日に返信メールで「アカウントサービスにおけるお客様のご注文の状態につきましては、ご注文確定後Amazonペイメントにてお客様のクレジットカードへご請求手続きが完了した時点で、実際に出品者が商品を発送したどうかに関わりなく、当サイトのシステムにおいてご注文のステータスを「発送済み」の表示に自動的に更新させていただいております。」
 やはり、確信犯である。

 発送不明とかマーケットプレイスの注文を別表示にし、発送についてふれなければいいと思うが、8日のAMAZONからのメールでは
「Amazonマーケットプレイスのご注文の場合は、出品者が商品を発送いたしますため、商品の発送作業自体を当サイトでは確認ができかねますことをご了承ください。そのため、現在のところAmazonマーケットプレイスのご注文に付きましては、ご注文後すぐにアカウントサービスの表示は「発送済み」と表示させていただいておりますことをご理解いただけますようお願いいたします。」「ご指摘の点につきましてはお客様からの当サイトに対するご意見として担当部署に申し伝えさせていただいておりますが、当面は現状のシステムにてサービスをご提供させていただくことになりますので、恐れ入りますが再度当サイトのシステムをご理解いただいたうえで、ご利用くださいますようお願い申し上げます。」
 
 自分が出品者となった場合も利用者に同様の誤解を与える可能性があるので気持ち悪い。

 肝心の商品は12日にメール便で送られてきた。冒頭の遅延連絡メール以降、イーブックオフからは何の連絡もなかった。ヤマトのサイトでメール便を照会したところ発送は10日にされている。 配送予定日の最終日は11日なので間に合わなかったわけだ。まあ、待った挙句に欠品ですと言われるよりはよかったが・・・。
 改めてアマゾンのサイトの評価を見ると直近30日では悪い評価の率があがっている。照会メールに返信なし、キャンセル要請にも無回答、などひどい例が多数ある。こういう業者をアマゾンは放置しているのだろうか。まあ、アマゾンにすれば取引件数が相当多く、手数料のネタになるので歓迎なんだろうけど。
 本家ブックオフの橋本社長はフランチャイズ店の評価がこんなであるって知っているんだろうか。

| | TrackBack (0)

今尾恵介「消えた駅名―駅名改称の裏に隠された謎と秘密」

今尾恵介「消えた駅名―駅名改称の裏に隠された謎と秘密」

 今尾恵介「消えた駅名―駅名改称の裏に隠された謎と秘密」を読んだ。

 地図マニアはたいてい鉄道マニアでもある。今尾さんも例にもれず鉄道関係の著作は多い。この本もそのひとつである。
 駅名改変(改悪)といえば旧信越本線の沓掛(現:中軽井沢)、大糸線の信濃四ツ谷(現:白馬)の2つをその昔、亡父に聞いた。本人は旧駅名の頃に利用していた。
 個人的には山歩きを始めた頃のものに思い出がある。少し古いガイドブックだと駅名が旧名で記載されていたし、その後、古い山の本を読むと当然ながら当時の駅名が出てくる。青梅線の氷川(現:奥多摩)、中央線の淺川(現:高尾)、与瀬(現:相模湖)あたりがそうだ。与瀬は国土地理院の2万5千図の図幅名でもあり、初めて高尾山を歩いたときに購入した地図でもある。
 あとはやはり地元、関東圏が面白い。
 横浜から奥多摩の山に行くときに使った横浜線の原町田、小田急の新原町田は昔は乗り換えが面倒だったが知らないうちに町は大きくなり駅名も町田となった。
鎌倉六国峠から金沢文庫に抜けるハイキングコースの最後に「能見堂跡」というさびれた碑があり、東京湾が望めた。下ると金沢文庫だが手前の駅「谷津坂」は能見堂跡周辺の住宅化に伴い「能見台」となった。

 最近、驚いたのは中央線の笹子トンネルを抜けた「初鹿野(はじかの、まだ一発で変換できる!)」が「甲斐大和」になってしまったこと。合併で大和村ができたのは戦前の話なのになにをいまさらという感じがした。とてもいい響きの名前だったのに。
 
 いまや宝くじ売り場で有名な「西銀座デパート」にしか名を残さない丸の内線・西銀座、東横線にあった九品仏(現:自由が丘)、やっぱり温泉が先だった綱島温泉など、地元民からするとなるほどの記載が多く、楽しめる。

| | TrackBack (0)

高杉良「乱気流―小説・巨大経済新聞」

高杉良「乱気流―小説・巨大経済新聞」  高杉良「乱気流―小説・巨大経済新聞」を読んだ。

 きっかけは雑誌「選択」の記事、「昭和天皇「側近日記」報道 ■朝日と日経「角逐」の内幕」の中でこの小説に対する裁判に触れられていたからだ。もちろん日経が著者を訴えたもの。
 日経新聞は必読紙として学生時代から購読してきたが、数年前に購読を止めた。というか新聞そのものを購読していない。 ネットで読めるし、読むなら会社で読む専門紙の方が面白いから。

 モデルとなったのはこちら(My News Japanへのリンク)。1つの事件としてはこちら(週刊現代Onlineへのリンク)になる。直接の主人公ではなく彼の後輩の視線である。

 金融腐食列島シリーズのようないきなり裏社会に立ち向かうということではないが、イトマン事件、リクルートコスモス事件の頃から2003年までの流れを、新聞社という知らない世界を通じて振り返るという意味ではなかなか興味深く、1日で上下2巻を読み終えた。
 作品の中で著者の小説「濁流」を叩くシーンがあり、面白かった。

| | TrackBack (0)

配達証明郵便

 生まれて初めて「配達証明」郵便をもらった。「配達記録」ならクレジットカードなどの郵便でもらうことはあるが、公文書としての効力がある配達証明をもらったのは初めて。
 赤い配達証明のスタンプが大きな封筒を裏返すと差出人は大学の同級生。温厚な優等生で業界トップの企業に就職した。学内でのつきあいだけだったが卒業後は年賀状の交換は続いているものの卒業後に会ったことはない。学生時代の友人との年賀状もお互いの転居などで住所が不明となってだんだんとその数が減ってくるが、彼とは今でも交換している。「クラス会をやろう、幹事をやってくれ」というメッセージが毎年書いてある。彼の年賀状を見るたびに、「そんなにやりたければ自分でやればいいのに・・」とクラス会に興味のないぼくは思うのだった。そんな彼がなぜ配達証明を送ってきたのだろう。

 封を切ると「クラス会を企画しているので、自宅の電話番号と携帯電話番号を至急連絡(電話)してくれ」というような内容、それと6日(金)(今日ですね)に同級生の一人と会うのでできれば参加せよとのメッセージとともに彼の自宅や携帯電話、メールアドレスが記載された名刺。

 どうということのない内容である。おお、とうとうしびれを切らせてご自身でクラス会の企画をしましたね、という感じ。

 さて、どう返信しようかと考える。
 うちは自閉症の娘が電話の音がきらいなので自宅の電話は呼び出し音を止めてある。電話が鳴っても気がつかないのであとで留守電か着信履歴で掛けなおす。携帯は仕事兼用なので番号を変えることはないので親しい友人まで。25年近く会っていない同級生に教えるべきかどうか。

 そうこう考えるうちに、なんで配達証明なの?という疑問に立ち返った。
 毎年年賀状を交換しているので住所はわかっているだろうが、ちゃんと届くかなという軽い気持ちなのだろう。その証拠に内容証明がついているわけではない。しかし届いたかどうかなら、配達記録でもメール便でも差出人にはわかる。それをわざわざ配達証明にしたのは、ちゃんと届いたって確認しているんだから、中身をきちんと読んで返信しろよ、と言っているように思えた。

 で、2日ほど放置していたら、今度はメールが来た。少し古いアドレス宛である。
 以前は年賀状にメールアドレスも記載していた。電話をしなかったので古い年賀状からこのアドレスを探してメールしてくれたのだろう。また手数をかけてしまった。申し訳ないなあ、と思いつつ、本文を読むと、内容は同じ。クラス会の企画と自宅電話、携帯番号の連絡要請。
 ここに至って(すなわちメールが来た時点で)電話番号は回答しないことに決めた。だってメールアドレス知っているじゃない。クラス会の連絡ならそれで十分。直近になって緊急連絡のためにお互いに携帯の番号を知らせるのは全く問題ないし、そうすべきだと思うが、クラス会の企画のために自宅の電話や携帯電話を現段階で連絡することはないと考えたからである。

 で、やっぱり最初の疑問に戻る。
どうしても連絡を取りたい相手に郵便を出すときに普通の人は配達証明で出すのだろうか。配達証明って書留が必須だから500円+300円で800円するし、ポストではもちろんだめで郵便局に出しに行く必要があるんだが。
 到着確認なら80円のメール便にするけど到着まで3日かかるかのが問題か。

 それと自宅の電話や携帯電話の番号公開に対する個人の意識の差も感じた。

| | TrackBack (0)

高橋健司「空の名前」

高橋健司「空の名前」

 高橋健司「空の名前」を読んだ。というかめくって見た。
 ヤフオクにかなりの数が出品されており、その題名といいなんとなく気になっていた本である。地元の図書館のサイトで検索するとヒットはするが「係員におたずねください」となる。なんだろうとおたずねすると「この本は別の図書館に長期貸し出し中なのでここにはありません。別の図書館から借ります」という。希少本ならともかくまだ新刊で販売している本でもあり「なんでもいいから借りたい」と言ったところしばらくして借りることができた。地元の図書館のシールが貼ってあるので貸し出し先から回収したのか。
 と、読み出すまで時間がかかった。

 題名から想像するのは空や雲のいろいろな表情をきれいなカラー写真で集めた写真集を想像していた。が、ちょっと違った。
 たしかに雲や空、あるいは気象全般にかかわるカラー写真を集めているのではあるが、気象用語集と気象歳時記解説のような感じであり、上の右の写真のとおり、個々の写真はほとんどが小さい。日本気象協会に勤務していた個人が集めたものであり、かなり珍しい気象の写真もありその収集の努力と価値は認めるが、ぼく的には手元において楽しむ本ではなかった。

| | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »