« 今尾恵介「消えた駅名―駅名改称の裏に隠された謎と秘密」 | Main | コミック版「時をかける少女」2冊 »

AMAZONマーケットプレイスとイーブックオフ

 Amazonのサイトを見るたびによくできたシステムだなあ、とシステム屋の端くれとして感心することが多い。家族を含めた利用頻度はかなり高く、最近できた「AMAZONプライム」という有料システムにも登録している。
 また、ブックオフは、タレント清水国明の姉・橋本由美子氏がパート社員から社長に登りつめたことで経済雑誌でも有名で、最近は日経ビジネスオンラインの彼女の記事(近く出版される)も読んだ。近所には彼女が立て直した店舗もありよく利用している。
 今回もそのブックオフでそろわない本があったので、AMAZONマーケットプレイスを探したら、たまたま販売していたのが、ブックオプのフランチャイズ店のネットオフが運営している「イーブックオフ」だった。

 AMAZONマーケットプレイスとはAMAZON以外の個人や企業がAMAZONのシステムを利用して中古品を販売できるシステムであり、出品するほうは決済の手間がかからず、買い手からは出品者と決済をせず直接連絡もしないで済むメリットがある。もちろんAMAZONは出品者から相応の手数料をかせぐ。
 ぼくは出品者でも利用者でもあるのでその便利さはなかなかのものと評価している。

 しかし今回はAMAZONマーケットプレスを利用し、この2つの企業のために非常に不愉快な目にあった。ざっくり言えば、
1.悪意を感じるイーブックオフの発送体制
2.虚偽の発送表示をするAMAZONのシステム
ということになる。

 時系列に書く。
6月30日にマーケットプレイスで注文。AMAZONから注文の確認メールが入る。
「出品者は2007-07-03までに商品を発送することを了承しています。」
 ところが発送期限の7月3日に出品者であるイーブックオフから「注文急増による出荷遅れのお詫び」との題名のメール。「ただいま、予想外の注文急増により出荷が追いつかず、7日~14日の出荷遅れが発生しております。」
 イーブックオフの利用者による評価を見てみると、同じような例がたくさん出てくる。
発送期限にメールしてくるとは確信犯であろう。メールでの照会の回答も遅いようなので問い合わせをしても回答がくるかどうか不安だ。




 過去の評価を見ると過去1年では悪いが1%なのに最近30日では4%に増えている。25件に1件は悪い評価が付いている。この店の取引はかなりの件数なので毎日クレームの嵐だろう。
こんな評価もあった。


 このような業者では店舗とネットで同じ商品を併売していることが多く、ネットで注文しても店舗で売れてしまい売り切れというケースがときどきある。この商品のイーブックオフ側の在庫はどうなのかと見てみると、・・・ある。これが注文したものと同じものかどうかは不明だが、はやく発送してくれえ。以下のようになるのはいやだ。


 さて、この注文がAMAZON側ではどのような状態になっているのか見てみるとこれまたびっくり。なんとすでに発送済に分類されている。


 注文の明細を見ると「発送済」ではなく「配送予定日」が別に掲載されている。



マーケットプレイスでは出品者がAMAZONのシステムに取引状況や発送状態を登録する仕組みはないので、AMAZON側が確認もしないで勝手に発送済にしているようだ。
念のため、AMAZONに照会すると7月6日に返信メールで「アカウントサービスにおけるお客様のご注文の状態につきましては、ご注文確定後Amazonペイメントにてお客様のクレジットカードへご請求手続きが完了した時点で、実際に出品者が商品を発送したどうかに関わりなく、当サイトのシステムにおいてご注文のステータスを「発送済み」の表示に自動的に更新させていただいております。」
 やはり、確信犯である。

 発送不明とかマーケットプレイスの注文を別表示にし、発送についてふれなければいいと思うが、8日のAMAZONからのメールでは
「Amazonマーケットプレイスのご注文の場合は、出品者が商品を発送いたしますため、商品の発送作業自体を当サイトでは確認ができかねますことをご了承ください。そのため、現在のところAmazonマーケットプレイスのご注文に付きましては、ご注文後すぐにアカウントサービスの表示は「発送済み」と表示させていただいておりますことをご理解いただけますようお願いいたします。」「ご指摘の点につきましてはお客様からの当サイトに対するご意見として担当部署に申し伝えさせていただいておりますが、当面は現状のシステムにてサービスをご提供させていただくことになりますので、恐れ入りますが再度当サイトのシステムをご理解いただいたうえで、ご利用くださいますようお願い申し上げます。」
 
 自分が出品者となった場合も利用者に同様の誤解を与える可能性があるので気持ち悪い。

 肝心の商品は12日にメール便で送られてきた。冒頭の遅延連絡メール以降、イーブックオフからは何の連絡もなかった。ヤマトのサイトでメール便を照会したところ発送は10日にされている。 配送予定日の最終日は11日なので間に合わなかったわけだ。まあ、待った挙句に欠品ですと言われるよりはよかったが・・・。
 改めてアマゾンのサイトの評価を見ると直近30日では悪い評価の率があがっている。照会メールに返信なし、キャンセル要請にも無回答、などひどい例が多数ある。こういう業者をアマゾンは放置しているのだろうか。まあ、アマゾンにすれば取引件数が相当多く、手数料のネタになるので歓迎なんだろうけど。
 本家ブックオフの橋本社長はフランチャイズ店の評価がこんなであるって知っているんだろうか。

|

« 今尾恵介「消えた駅名―駅名改称の裏に隠された謎と秘密」 | Main | コミック版「時をかける少女」2冊 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/15739446

Listed below are links to weblogs that reference AMAZONマーケットプレイスとイーブックオフ:

« 今尾恵介「消えた駅名―駅名改称の裏に隠された謎と秘密」 | Main | コミック版「時をかける少女」2冊 »