« 泉 麻人「東京版アーカイブス―「あの頃のニュース」発掘」 | Main | 高橋健司「空の名前」 »

アニメ版「時をかける少女」

時をかける少女
 アニメ版「時をかける少女」を見た。
 原田知世の映画はもちろん、NHKドラマ「タイムトラベラー」(1972年)からこの作品を見ているぼく的には、原作から20年後の話であり、跳び上がる明るい女子高生の絵に「ちょっと違うんでは」・・・、さらに原作の芳山和子がアニメではヒロインの伯母さん役で「タイムリープ」に関するアドバイスをするという。ふう~ん、なんか興味ないですな、という感じでDVDになったのも知らなかった。
 今月28日のBSアニメ夜話「時をかける少女」の録画を見始めたらなんとこのアニメ映画のことのようだ。すっかり原作の話だと思っていたが題名を見ればわかるとおりアニメの話だった。アニメ夜話で特集するということはそれなりの作品なのだろう、というわけでこの録画を見るにはアニメを見ておかねば、というので今日借りてみた。

 まず最近のアニメの作りに驚く。
 宮崎アニメ以降、背景の書き込み、CG化は実写に迫るものがあるがこの作品は技術にこだわるかのように書き込んでいる。背景はプレステ3のゲーム並みでありながら、人物はいわゆる影なし手法ではっきりと存在させる。
 キャッチボールのシーンが何度も登場するが、女投げはもちろん男の投げ方やキャッチの仕方などかなりよく書いている。ジブリアニメ「耳すま」でバイオリン演奏のシーンの書き込みが話題になったが比較にならない。
 芳山和子がヒロイン真琴に自分の若いときのことを語るシーンでは横顔のむこうに書棚のガラスにうつる和子の横顔、さらにガラスの中に飾られた高校時代の男友達と3人の写真なども見事だ。ついでにいえばその写真に移る女子高生の和子はもう少し原田知世っぽくしてほしかった・・・。

 原作との大きな違いはタイムリープを自分の意思でできること、そして未来人(原作では深町くんことケン・ソゴル)が未来へ戻ってもタイムリープや彼の記憶をそのまま持ち続けることだろう。
 筒井康隆がこのアニメを認めたといわれ、BSアニメ夜話でも概ね好意的なコメントをしていたが上記の技術はもちろん、ストーリーや映画としてもなかなかよくできた作品だと思う。

|

« 泉 麻人「東京版アーカイブス―「あの頃のニュース」発掘」 | Main | 高橋健司「空の名前」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/15605216

Listed below are links to weblogs that reference アニメ版「時をかける少女」:

« 泉 麻人「東京版アーカイブス―「あの頃のニュース」発掘」 | Main | 高橋健司「空の名前」 »