« 坂本直行「雪原の足あと」 | Main | 安曇野の写真集その1 »

星野道夫 長い旅の途上


星野道夫 長い旅の途上
星野道夫 長い旅の途上は単行本が99年、文庫版が2002年の刊行。星野の遺稿集である。遺稿集のためすでに公表済みの文章が重複して収録されており、星野の著作をそれほど読んでいないぼくでも1/3くらいは読んだ記憶があった。また星野自身も、キーとなるいくつかの思考やエピソードは何回か別の場所で語っており、そのせいもある。
 5月4日に「星野道夫」の写真展に行ってきたが、その時写真の横に置かれた短いメッセージの多くはもちろん彼の著作からの引用であるが、実はそのうちのいくつかは星野自身ではなく、彼が出合った人々の言葉であることが本書を読むとよくわかる。

|

« 坂本直行「雪原の足あと」 | Main | 安曇野の写真集その1 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/15031270

Listed below are links to weblogs that reference 星野道夫 長い旅の途上:

« 坂本直行「雪原の足あと」 | Main | 安曇野の写真集その1 »