« February 2007 | Main | April 2007 »

城山カタクリの里


城山かたくりの里に行ってきた。
自宅からけっこう近いが、それなりに渋滞箇所を通るため、カーナビの30分の予想は大外れで1時間近くかかった。
 近隣は里山と新興住宅地が混在している。
 人出と駐車場を心配したが、無料の駐車場が近隣にかなりあり、駐車は問題なかった。
 愛の手帳を持つ娘との入園のため入園料300円は無料だった。
 人はかなり多い。特に入り口からいきなりカタクリが咲いているので最初が人で渋滞するが、それを過ぎればそれなりになる。
 30万株といわれるカタクリは満開でカタクリが群生する斜面の裾にはカメラを構えたマニアがずらりと陣取ってなかなか動かない。けっこう迷惑。カメラを持っているぼくもその末端に数えられるが、ああいうことはしない。だからいい写真が撮れないのだろうが・・・。

カタクリ

 里山にはカタクリはもちろん、こぶしやツツジなど色とりどりの花が咲き、そちらの眺めも見事。ところどころ売店に加え休憩用のベンチもあり、山頂付近は見晴らしも良くゆったりと散歩できる。なかなか気持ちの良い場所である。

写真

| | TrackBack (0)

スパシオの自動車保険

 スパシオの自動車保険の見積りをしてみたのだが、古い(平成11年式)せいなのか、ネットでは車両保険がうまく見積もれないケースが多々あった。そんぽ24:車両保険付き見積りできない。あいおい:この条件では受付できず。セコム損保:ネットでは車両保険付保できず(下記見積りは郵送のもの)
 見積り結果は以下のとおりだが、現在の先で継続するかどうかは悩むところ。というのもこのくらい古くなると保険料はそれほど高くないので、サービスの差をどう評価するかである。ロードサービスや継続特典も考えたい。チューリッヒとかサービス良さそうだし、セコム損保の事故時に現場急行なんていうのは心強い。


保険会社ゼネラリアクサアメリカンホームセコム損保
車両保険なし50万/なし45万/なし40万
対物1000万1000万1000万1000万
人身傷害3000万3000万3000万3000万
保険料13,34030,730/18,65030,060/19,18025,720
コメント車両保険付保できずレガシーは安かったが・・。セールス電話がしつこいレッカーサービス50キロ

保険会社全労災ソニー損保チューリッヒ三井ダイレクト(現契約)
車両保険40万40万/なし40万/なし40万
対物1000万1000万1000万1000万
人身傷害3000万3000万3000万3000万
保険料42,920(うち車両20720)33,820/22,80022,690/13,46023,880
コメント保険区分ごとに料金が明確CMほど安くない2年め以降ロードサービス等充実継続特典が少ないか。ロードサービスなど
対人:無制限、家族限定はすべて共通



| | TrackBack (11)

千住真理子のコンサートへ行こう

千住真理子とコンサートへ行こう
「千住真理子とコンサートへ行こう」に触発されたわけではないが、千住真理子のコンサートに行ってきた。
 クラシックのコンサートは中学以来2回目・・・。
 場所は文京シビックホール。S席料金が4500円と安価なのは、入場料の最高額が5000円以下だとホール使用料が15%引きになるからか・・。席は1階の真ん中よりもやや後方、24列め。舞台まではかなり距離がある。この距離でバイオリンの生の音はどの程度の大きさで届くのか、などと思いつつ開演を待つ。観客は中高年が多いが、若い人の姿も少なくとも山よりは多い・・・。事前の情報が少ないので演目も千住さんがいつ出るのかもよくわからない・・。

 と、スロヴアキア室内オーケストラのメンバーとソリストのおじさん(エヴァルト・ダネルという人)がバイオリンを持って登場。千住さんの出番はまだのようだ。
 いかにも室内曲、器楽曲だけれども曲名が全然わからない曲で静かにコンサートは開始した。事前の心配をよそにダネルおじさんのバイオリンも適度な音量でよく響く。気持ちの良い曲が続いてときどき寝そうになる・・・。立ち位置を事前に慎重に決める千住さんと違い、ダネルおじさんはかなり歩き回る感じで弾いていた。まるで飲み屋で弾き語りをするように楽しそうだ。
 1時間弱で第一部が終了、15分の休憩になる。外では千住さんのCDや本(千住真理子とコンサートに行こう)を売っている。コンサート終了後にサイン会があるようだ。

 8時を過ぎて第2部が始まる。演目はビバルディの「四季」。
 千住さんは黄色いワンピースで登場した。遠めということもあるが予想以上に華奢、顔が小さい。でもきっと腕は筋肉なんだろうな。
 「四季」の「春」の最初のメロディくらいぼくでもよく知っている。イントロなしでいきなりバイオリンから入るはずだが、所詮器楽曲、大音量で始まる記憶はなかった。

 ところが・・・、ストラディバリウス・デュランディの最初の一音が脳天を直撃した。頭のてっぺんから中の方が振動したのだ。
「えっ、何これ?」。数秒で慣れたが、最初の響き、音量の凄さ。ストラディバリ、デュランディ、千住真理子って意識しているせいかとも思ったが、たぶんそうではない。違う。違うと言っても、千住さんのほかのバイオリンでの演奏はもちろん、生のバイオリンは今日初めて聴くので偉そうには言えないのだが、比較するとしたら、CDやレコード、そして第一部のダネルおじさんのバイオリンということになろうか。
 「千住家にストラディヴァリウスが来た日」の中でこのバイオリンを試し弾きをした音を兄・千住明が聞いていて「あの音は本物だ」と真理子に購入を勧めるシーンがある。さすがに音楽家だとバイオリンの音の違いもわかるんだな、でも素人にはわからないだろうな、と思ったのだが。他のバイオリンとのアンサンブルのシーンでは他のバイオリンときちんと一緒になるが、ソロっぽい箇所になると音が前に出てくる。ステージを見ていなくても響きで分かる。

 「千住真理子とコンサートへ行こう」は千住さんの著作の中ではたぶん最も軽くて、とにかくコンサートで生のバイオリンを聴いて!という本なのだが、なるほどこういうことだったのか。
 第一部ではうたたねしてしまったが、第二部は真剣に聞いてしまった。
Senju plays Senju~Four Seasons
 買うつもりは事前にも休憩時間にもなかったのだが、今日の驚きの記念に家にないCDを1枚買ってサインと握手をしてもらった。まじかで見た千住さんは、やっぱり顔が小さかった。

P.S 中学・高校時代の千住さんのバイオリンを時々聴いていた家人によれば「借り物のバイオリンでも千住さんが弾くと背筋がぞくっとした」そうである。

| | TrackBack (3)

自動車保険のロードサービス

 自動車保険の獲得競争は激しいが、同じ保険会社で2年目以降も継続すると価格以外にもメリットがあるようだ。現在2社と契約しているので2社の継続特典を拾ってみた。またロードサービスなどJAF代替のサービスがあるがこれらも会社によって微妙に差がある。事故で保険を使ったことはないが、レッカーサービスは1回、バッテリー上がりは3回過去に使ったことがある。



アクサダイレクト総合自動車保険三井ダイレクト損保の自動車保険は、ネット契約で最大4500円引!
ロードサービス・通常のロードサービス:鍵あけ、バッテリー、パンクなど
・レッカーサービス:25000円まで
・6時間以上車使用不能で待機時の宿泊費用15000円/名。
・レンタカー15000円(2日まで)または交通費15000円。・帰宅サービス利用時、交通費、運搬費など5万円まで負担。
・レッカーサービス:10キロまで
・車両トラブル:鍵閉じ込め、バッテリーあがりなど
・50キロ以上遠方でのトラブル時、一定額までの宿泊、交通費、運搬費負担
ロードサービス2年め以降・ガス欠時10リットル無料。
・タイヤ補修、購入費15000円負担。
・レッカー距離無制限。
・宿泊費用:25000円/名(2泊まで)、レンタカー25000円(2日まで)または交通費25000円
・50キロ以上遠方でのトラブルでガス欠時ガソリン10リットル、レンタカー12時間程度無料。
その他の継続特典玄関鍵あけサービス。カタログギフト抽選
インターネット割引1000円割引。新約時は最大4500円3000円割引。新約時は最大4500円。保険証書不発行でさらに500円割引。



| | TrackBack (7)

« February 2007 | Main | April 2007 »