« 大河ドラマ「風林火山」? | Main | 星野道夫「森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて」 »

星野道夫「旅をする木」

星野道夫「旅をする木」
 星野道夫「旅をする木」。なんと読後感の良いエッセイなのだろう。
 アラスカ、厳しい自然、広大で美しい自然と動物。これらが重要なファクターではあるが、朴訥で自然なインディアンやエスキモーの人々のおかげであろう。自然の中で暮らす少数民族と向き合えば、こんな気持ちにさせてくれるのであろうが、相手はこちらのことも良く見ているし感じている。彼らが星野を迎え、仲間として向き合ってくれるのは、アラスカに根を下ろしていた星野だからこそできることであろう。アラスカにはいまだに本当の狩猟民族が残っている。彼らの生活を垣間見ると、都会での暮らしに嫌気がさしてしまうが、彼らの生きる場所で彼らと暮らせるわけでもない・・。

 山岳画家である坂本直行の話が出てきて、彼の絵が北海道のお土産名物(ぼくも出張のおりに買って帰った)六花亭のホワイトチョコレートの包装紙になっていることを今頃知った。坂本直行記念館は六花亭が建てたものだった・・・。
 このエッセイは93年からのもので単行本の刊行は95年8月。翌年、星野は事故死。

|

« 大河ドラマ「風林火山」? | Main | 星野道夫「森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/13773816

Listed below are links to weblogs that reference 星野道夫「旅をする木」:

« 大河ドラマ「風林火山」? | Main | 星野道夫「森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて」 »