« ブレッド&バター ライブ | Main | 東野圭吾「手紙」 »

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン"

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン
 仲間内で話題になっている「東京タワー」を読んだ。江國でなくてリリー・フランキーの方。
 リリー・フランキーが男だって分かりました・・・・。

 ほのぼのとした読後感があった。
 帯にはたくさんの書店の人が「うるうるした」と感想を書いてあり、それを期待する部分もあったが、多少のうるうる感はあったが、ぼく的にはうるうるよりもほのぼの、ほんわかという印象が強く、やや濃い目の「男はつらいよ」を見た感じ。
 「男はつらいよ」の主人公は車寅次郎だが、それを支える妹さくらの存在が大きい。
「東京タワー」のオカンもそんな感じである。というか主人公はオカンなのかもしれない。
 自分勝手なオトン、耐えるオカン、それでも離婚しないオトンとオカン・・。異常に仲がいいオカンの兄弟姉妹、病気との闘い・・・。断片的には自分の家族にも覚えがあるせいか、自分の家族ならどうだったかな、と思いながら読んだ。

 もともとTVドラマらしく、来年、映画になるようだ。こういう映画は見てもいいかな、と思う。

|

« ブレッド&バター ライブ | Main | 東野圭吾「手紙」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/13164173

Listed below are links to weblogs that reference 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン" :

« ブレッド&バター ライブ | Main | 東野圭吾「手紙」 »