« 塩野七生「ローマから日本が見える」 | Main | 江上剛 大罪 »

蓼科・御泉水自然園

黄葉と紅葉
 蓼科山の麓の御泉水自然園に行きました。
 当初は娘と下の蓼科牧場に行って眺めがよさそうならゴンドラであがって自然園にでもと思っていたが、娘が来なかったので最初から上の自然園を目指した。
 東京は曇りがちだったし、甲府盆地に入って上空は晴天でも遠望はきかなかったが、今回は紅葉めあてなのであまり気にすることなく車を進めると八ヶ岳だけが雲が切れ始める。
 大門街道への道はところどころにコスモスが咲き、大門街道を登るにつれて山が色づき始める。霧が峰は上部が草原なので草紅葉一色、白樺湖の周囲の山は適度に赤が混じった黄葉だった。
 夢の平、御泉水という名前は以前、蓼科山に行ったときに知ったが、なんとなくいい加減に付けられたようにも思えるし、それなりに由来のある名前のように思える。御泉水自然園は位置的にも女神湖より遥かに上であり、営業目的で作ったようには思えず気になっていた。(ちなみに御泉水自然園は長野県が明治100年事業として作ったものでした。夢の平の由来はわかりません)

 女神湖から夢の平林道に入ると車はほとんどいなくなり、まもなくビジターセンターについた。花もないこの時期に人もいないだろうと思ったらそこそこ人がいた。ビジターセンターの受付で展望ポイントを聞くとゴンドラの駅とのことなのでとりあえずそちらに行く。
 スキー用のゴンドラがひっきりなしに登ってくるが、降りる人はほとんどいない。
 ゴンドラ駅から槍穂高
 正面に美ヶ原が見え、眼下には女神湖が見える。よく見れば美ヶ原の左に穂高と槍がうっすら見える。目をこらせば白い山も見える。白い山はその場では同定できず、立山かとも思ったが、帰宅して確認したところ、裏銀座の野口五郎岳だった。穂高や槍にほとんど雪がついていないのに裏銀座は雪景色なのか。

 自然園はこのゴンドラ乗り場以外はすべて林の中である。北白樺高原の名に恥じず、カラマツの中で白樺の白い幹と黄葉が目立つ。自然園なので基本的に造形物は少ない。縦横に散策路がめぐらされ所々に丸太のベンチと案内図がある。管理費として入園料300円がかかり、ビジターセンターとゴンドラ駅に人がいるが、周囲に柵があるわけでもなく、夢の平林道からは出入りもできるし、道路の反対側の自然園の一部である。入園していたのは1時間ほどだけだが全体をみるのは数時間かかるだろう。花の時期に再度行きたい。

写真


|

« 塩野七生「ローマから日本が見える」 | Main | 江上剛 大罪 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/12381648

Listed below are links to weblogs that reference 蓼科・御泉水自然園:

« 塩野七生「ローマから日本が見える」 | Main | 江上剛 大罪 »