« スカンジナビア号沈没 | Main | 「山 記憶と表現」展 »

ゲド戦記5巻&外伝

ゲド戦記5 アースシーの風ゲド戦記外伝 「ゲド戦記5巻 アースシーの風」「ゲド戦記外伝」を読んだ。
 5巻は「ゲド戦記 最終の書」として刊行された4巻のあと10年経って刊行された本当の最終の書であり、4巻の最後で唐突に竜を呼ぶテハヌー(テルー)をめぐる物語というかアースシーの世界の竜と人間、魔法使いの総括が5巻である。「アースシーの風」の原題はThe Other Wind(別の風)であるが、この意味が最後にやっとわかる。5巻はゲド戦記版イザナギ・イザナミ神話のよう。
 外伝は翻訳版では6巻の扱いであるが、この短編集の出版は5巻よりも少し前であり、4巻までに登場するアースシーの物語を補強するものである。5巻を先に読むと4巻までではややつかえる箇所がある(ぼくはその前にムック本で外伝のあらすじを読んでいたので、あのことか、と納得できたが)。
 ロークの学院の設立の経緯、オジオン(本当はオギオンらしい。外伝翻訳者あとがき)の師匠、テハヌーの姉(とは外伝には書いていないが5巻で判明)など。そして最後の「アースシー解説」では全編の中で語られる伝説やアースシーの歴史、文化・風習をまとめてある。

 さて全編を読み終えて感じるのは、最後の「アースシー解説」にまとめられたごとく、作品に登場する伝説や国や人物の過去が非常によく考えられているということだ。もちろんこのことがこの作品が3大ファンタジーと言われる土台であろう。
 
 ここまで読んだうえで今回のジブリ作品を見たらあの映画が陳腐に見えるのはやむを得ないだろう。長編原作よりも短編原作のアニメ化がジブリというか2時間の映画にはふさわしいのでは。

|

« スカンジナビア号沈没 | Main | 「山 記憶と表現」展 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/11922610

Listed below are links to weblogs that reference ゲド戦記5巻&外伝:

« スカンジナビア号沈没 | Main | 「山 記憶と表現」展 »