« ブレッド&バター コンサート | Main | 杉本誠「山の写真と写真家たち」 »

北アルプス黎明 穂苅三寿雄ガラス乾板写真集

北アルプス黎明 穂苅三寿雄ガラス乾板写真集
穂苅三寿雄「北アルプス黎明 穂苅三寿雄ガラス乾板写真集 」を読んだ。
 穂刈という名字を見れば、山好きな人ならご存知のとおり、槍ヶ岳山荘の経営者で写真家の穂苅貞雄の実父で槍ヶ岳山荘の創始者である。穂刈貞雄さんの写真は基本的に愛する槍ヶ岳があまりにも中心なので写真集をじっと眺めてみるというところまでは行っておらず、複数の写真家の写真集の中の一枚として眺めることが多い。その点、穂高を中心としたながらももう少し広い山域を対象にした山本和雄の作品の方が作風ではなく対象が好きだ。
 
 というわけで穂刈さんの名前は父子ともかなり昔から知ってはいたものの、写真集を見るのは初めて。
 表題の写真集は山岳写真の歴史を感じるうえでは非常に興味がある。
序文は風見武秀、巻末は杉本誠の文に加え、穂刈自身の著作から槍ヶ岳初登山と最初の山小屋建設の頃の話が収録されており、山岳写真のみならず、北アルプス史を語るうえでも貴重な資料となっており、写真集の副題「北アルプス黎明」にふさわしい。

 ガラス乾板であり、印刷サイズがやや小さめであるためか、画調はやや固めのものが多いが、槍ヶ岳に限らず、穂高はもちろん広く北アルプスの写真を網羅している。人を配すことでその時の人の思いを託している写真が多いのも特徴かもしれない。一部の写真は昭和6年撮影となっているがその他は撮影年が不明。ただしホカリ写真館の開店も昭和6年なので、これ以降の戦前の作品だろう。と、思ったが、代表作焼岳大爆発は大正14年だ・・・。
 田淵行男より一世代は昔の写真であるが、心なしか山が今よりもさらに綺麗に見えるのはきっと気のせいだろう。

|

« ブレッド&バター コンサート | Main | 杉本誠「山の写真と写真家たち」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/11835154

Listed below are links to weblogs that reference 北アルプス黎明 穂苅三寿雄ガラス乾板写真集:

« ブレッド&バター コンサート | Main | 杉本誠「山の写真と写真家たち」 »