« 「ゲド戦記」at WMC | Main | 柏葉幸子「霧のむこうのふしぎな町」 »

「ゲド戦記」原作

ゲド戦記
「ゲド戦記」の1~4巻をハードカバーで読んでみた。5巻はこれからだが、5巻は4巻のあと11年たって突然世に出て、みんながびっくりしたというものでもあり、とりあえず4巻が「ゲド戦記 最後の書」となっているので・・・。

僕たちの好きなゲド戦記
 原作を読む前に読んでみたのが、「別冊 宝島 僕たちの好きなゲド戦記」。こちらは映画公開直前に刊行されているので、映画に対する酷評はない。
 もともと映画への酷評の多くが「原作が台無し」というものだったので、原作を読んでみようかと思ったが、こちらは全6巻のうち少なくとも映画の元になった3巻までは読んでみないといけないので、挫折する可能性がある。
  「ゲド戦記」は世界3大ファンタジーと言われるが、そのひとつである「指輪物語」を元にした「ロード・オブ・ザ・リング」の映画3本はあまり面白いとは思えなかった。長いし盛り上がりに欠けたというのが感想(こちら)。ということもあり、ファンタジーには警戒・・・。

それで、まずはムック本を手にした。
 ムック本はその2/3が原作全巻のあらすじと人物相関図で占められる。だからすでに原作を読んだ人には無用の本であるが、大作に手を出すのに躊躇しているぼくのような人間にはうってつけ。原作を読み終わってから振り返るとあらすじはそれなりによく書けている。ただ、雰囲気というか空気は伝わらない。
 でもまあ、読んでみてもいいなと思った。

 で、読んだわけである。たしかに面白い。独特の世界観。魔法使いが日常に浸透しているのがふつうになってくる。ムック本では「ゲド戦記」をユングの心理学的な観点から解説しているものもあったが、さもありなんという印象。

 以下、ネタばれあり。
 1巻(影との戦い)では途中まで傲慢で自信家のゲドが、自らのミスで影を放ってしまい、それにおびえやがて克服するサクセスストーリー。2巻(こわれた腕環)は大巫女テナーが使える神殿とそこに宝物を奪回にくるゲドの話であり、全体に暗い。3巻(さいはての島へ)は映画の元になっている巻であるが世界の均衡をくずれた原因をさぐりにアレンとともに旅をする話。ただしこの巻では映画に出てくるテルーは出てこない。アレンの心理の葛藤が秀逸だが、けっこう暗い。クモは田中裕子ではなくて男だった。4巻(帰還)は3巻で目的を達成したあとのゲドと大巫女から開放されたテナーの話。テルーがとても暗い。この巻は3巻のあと16年後に刊行された問題作であり、映画ではテルーの顔の火傷あとは両親の虐待ということになっているが、原作ではテナーの母は数人の男の奴隷であり男の一人との間にできた子供であるテルーは8歳(か、それ以下)で強姦され焚き火に投げ込まれ、片手の手の指は小さい頃の野口英世のように癒着してしまっている。

 映画は1巻でのゲドの影との戦いをアレンにすりかえ、4巻に登場し、ラストでいきなり竜を呼びゲドとテナーを救う竜の娘テナーを、わりと普通の娘に描いている。火傷のあともきれいだ。ゲドやアレンとクモとの戦い方が全く違う。ジブリ映画の割には空中シーンに欠け、動きが少ないのはやむを得ない。
  「子供が途中で寝てしまった」という感想も当然だろう。子供向けの映画ではない。
 ゲドとテナーの2巻では舞台が闇の迷路で映像化できないし、あの世との扉を閉める3巻もそのままでは映像化は無理だろう。
 というわけで宮崎駿は息子吾朗に「シュナの旅」をやればいいと、アドバイスしたようなので、今度は「シュナの旅」を読もうかと思っている。

P.S 3巻「さいはての島へ」の表紙と本文のイラスト。これって宮崎吾朗が書いた映画のイメージ画像と同じ・・・。これにはさすがにがっかりした。



|

« 「ゲド戦記」at WMC | Main | 柏葉幸子「霧のむこうのふしぎな町」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/11670518

Listed below are links to weblogs that reference 「ゲド戦記」原作:

» 宮崎駿「シュナの旅」 [DayDream]
宮崎駿「シュナの旅」を読んだ。  「ゲド戦記」の原案ということだったが、金色の種をもとめてヤックルに乗って旅立つ始まりや一夜をともにする丸顔の老人に西の国のことを尋ねる場面は「もののけ姫」かと見まがい、神人の土地で人の手の入っていない大きな動植物に主人公がくつろぐシーンは「風の谷のナウシカ」の腐海の中を思わせる。映画「ゲド戦記」っぽいのは、奴隷商人からヒロイン・テアを救い出すところ(本の表紙)。この、旅の途中で少女にあって最終的に彼女が主人公の危機を救うという構成が映画「ゲド戦記」の原案と... [Read More]

Tracked on 2006.09.03 at 19:57

» ゲド戦記5巻&外伝 [Fool Proof]
 「ゲド戦記5巻 アースシーの風」「ゲド戦記外伝」を読んだ。  5巻は「ゲド戦記 最終の書」として刊行された4巻のあと10年経って刊行された本当の最終の書であり、4巻の最後で唐突に竜を呼ぶテハヌー(テ... [Read More]

Tracked on 2006.09.16 at 23:07

» ゲド戦記5巻&外伝 [DayDream]
 「ゲド戦記5巻 アースシーの風」「ゲド戦記外伝」を読んだ。  5巻は「ゲド戦記 最終の書」として刊行された4巻のあと10年経って刊行された本当の最終の書であり、4巻の最後で唐突に竜を呼ぶテハヌー(テルー)をめぐる物語というかアースシーの世界の竜と人間、魔法使いの総括が5巻である。「アースシーの風」の原題はThe Other Wind(別の風)であるが、この意味が最後にやっとわかる。5巻はゲド戦記版イザナギ・イザナミ神話のよう。  外伝は翻訳版では6巻の扱いであるが、この短編集の出版は5巻よりも... [Read More]

Tracked on 2006.09.16 at 23:07

« 「ゲド戦記」at WMC | Main | 柏葉幸子「霧のむこうのふしぎな町」 »