« 生態写真 ギフチョウ・ヒメギフチョウ | Main | 田淵行男「日本アルプス」 »

田淵行男「日本アルプスの蝶」

レイアウトの関係で写真がはみ出てしまう場合はミラーサイトをごらんください。

「日本アルプスの蝶」は1979年刊行の田淵行男の作品である。前作「生態写真 ギフチョウ・ヒメギフチョウ」は日本を代表する里の蝶の作品であったが、こちらは高山蝶9種の作品集。生育地の関係でより写真がきれいである。眺めているだけで楽しい。9種とは、タカネヒカゲ、ミヤマモンキチョウ、タカネキマダラセセリ、クモマベニヒカゲ、ベニヒカゲ、オオイチモンジ、ミヤマシロチョウ、クモマツマキチョウ、コヒオドシ。


「日本アルプスの蝶」の表紙
「日本アルプスの蝶」の表紙
「日本アルプスの蝶」裏表紙
「日本アルプスの蝶」裏表紙
「高山蝶」にも寄稿された中村清太郎の「高山蝶発見物語」
「高山蝶」にも寄稿された中村清太郎の「高山蝶発見物語」
田淵による中村清太郎の紹介文
田淵による中村清太郎の紹介文
目次。種別の構成となっている
目次。種別の構成となっている
最初の頁は「山上黎明」の見事な写真
最初の頁は「山上黎明」の見事な写真
「棲家について」冒頭の「蝶ヶ岳の朝」
「美しいナイン」9種の高山蝶の紹介
「美しいナイン」9種の高山蝶の紹介
ミヤマモンキチョウの項には「中岳の舞姫」の雪形がしっかり・・・。
ミヤマモンキチョウの項には「中岳の舞姫」の雪形がしっかり・・・。
ミヤマシロチョウの項。秋から冬へ(2)。新雪の穂高
ミヤマシロチョウの項。秋から冬へ(2)。新雪の穂高
クモマツマキチョウ。高山の妖精。左は上高地
クモマツマキチョウ。高山の妖精。左は上高地
コヒオドシ。成虫。
コヒオドシ。成虫。
随想の冒頭は「霧の山稜(大キレットのタカネヒカゲ)」。
巻末の随想は田淵作品集の見所


随想は、「霧の山稜(大キレットのタカネヒカゲ)」:この修正稿が「黄色いテント」収録の「霧の大キレット」となる。
「東鎌尾根の一夜」:ビバーク時に遭遇したミヤマモンキチョウ。
「雪の蝶」:蝶ヶ岳のふたつの雪形と中岳の蝶の雪形。
「そのころの山:このごろの山」:鹿島槍でのクモマツマキチョウとの最初の遭遇、蝶ヶ岳でのオオイチモンジとの最初の遭遇。
「岳沢と涸沢」:蝶の生息地としての2つのカール。

|

« 生態写真 ギフチョウ・ヒメギフチョウ | Main | 田淵行男「日本アルプス」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/10843361

Listed below are links to weblogs that reference 田淵行男「日本アルプスの蝶」:

« 生態写真 ギフチョウ・ヒメギフチョウ | Main | 田淵行男「日本アルプス」 »