« NHK「黒部 幻の大滝に挑む」 | Main | 「山 記憶と表現」展 AT 田淵行男記念館 »

新妻喜永「北八ツ逍遥」「日本アルプス百峰」

北八ツ逍遥北八ツ逍遥

 新妻喜永と聞くと反射的に八ヶ岳を思い出す。それと渓流や新緑の写真のイメージがある。たぶん昔、八ヶ岳のアルパインガイド(今の山と渓谷社のアルペンガイド)や登山地図帳などで写真を見たことがあるのだろう。
 「北八ツ逍遥」は山口耀久の「北八ツ彷徨」をイメージして作られた写文集である。もっとも新妻自身は「彷徨するには、いまの北八ツはひらけすぎてしまっている」「しかし、気ままにぶらぶら歩くこと(逍遥)なら、いまの北八ツでだってできる」と書いている。
 北八ツと南八ツの境は夏沢峠ではなくて中山峠と主張する新妻がこの本で扱う地域は、南は天狗岳まで。遠景に南八ヶ岳が写りこむことはあるが、あくまで足元を見た気ままな写真集である。
日本アルプス百峰日本アルプス百峰

 「日本アルプス百峰」は表紙の写真イメージがいまいちでなんとなく貧相で小さめの写真集かと思っていたのだが、実際に手にしたら、かなり厚みのあるB5版の立派な装丁で少しびっくりした。貧相に思えたのは、1978年刊行のものなのでカラー色調の問題かもしれない。中古価格が300円~1000円くらいと安価すぎるのもひとつの要因・・・。1978年の定価2900円はけっこうな価格だと思うのだあが・・。

 扉を飾るモルゲンロートの槍ヶ岳ほか冒頭に数カットがカラーだが、ほとんどはモノクロである。
「百峰」との署名のとおり南北中央アルプスの山を多数網羅している。メジャーでない山が1/4頁になっている箇所がいくつかあり、少し残念だが、それ以外はモノクロの味のある写真が満載されている。中古価格からは想像できない内容である。

 後半は日本アルプスの概要や掲載した山112座の解説、コースガイド、高度表などがついており日本アルプス事典的なものとなっている。刊行された時代を考慮するとこのような構成もありなのだろうが、今の時代ではこのような情報は不要であろう。それよりも写真の解説をしてほしかった。

|

« NHK「黒部 幻の大滝に挑む」 | Main | 「山 記憶と表現」展 AT 田淵行男記念館 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/11156152

Listed below are links to weblogs that reference 新妻喜永「北八ツ逍遥」「日本アルプス百峰」:

» 新妻喜永「花の山旅・日本アルプス」「花の山旅・八ヶ岳」 [DayDream]
 新妻喜永「花の山旅・日本アルプス」「花の山旅・八ヶ岳」を読んだ。前者は中古で購入したが、後者は中古はAMAZONに5,800円というバカ値がひとつあるだけでとりあえず図書館の本。  ともに実業之日本社からの刊行であるが、「日本アルプス」よりも「八ヶ岳」のほうが出来がいいと感じるのは中古価格のとおりなのだろうか。  ただし、本としての見栄えとなると「日本アルプス」が数段良い。こちらは南北中央アルプスを網羅し、花の写真の大きさも大きく、しかも上段にはその山の写真も入り、適度に紀行文もレイアウト... [Read More]

Tracked on 2006.09.24 at 15:29

« NHK「黒部 幻の大滝に挑む」 | Main | 「山 記憶と表現」展 AT 田淵行男記念館 »