« June 2006 | Main | August 2006 »

新妻喜永「北八ツ逍遥」「日本アルプス百峰」

北八ツ逍遥北八ツ逍遥

 新妻喜永と聞くと反射的に八ヶ岳を思い出す。それと渓流や新緑の写真のイメージがある。たぶん昔、八ヶ岳のアルパインガイド(今の山と渓谷社のアルペンガイド)や登山地図帳などで写真を見たことがあるのだろう。
 「北八ツ逍遥」は山口耀久の「北八ツ彷徨」をイメージして作られた写文集である。もっとも新妻自身は「彷徨するには、いまの北八ツはひらけすぎてしまっている」「しかし、気ままにぶらぶら歩くこと(逍遥)なら、いまの北八ツでだってできる」と書いている。
 北八ツと南八ツの境は夏沢峠ではなくて中山峠と主張する新妻がこの本で扱う地域は、南は天狗岳まで。遠景に南八ヶ岳が写りこむことはあるが、あくまで足元を見た気ままな写真集である。
日本アルプス百峰日本アルプス百峰

 「日本アルプス百峰」は表紙の写真イメージがいまいちでなんとなく貧相で小さめの写真集かと思っていたのだが、実際に手にしたら、かなり厚みのあるB5版の立派な装丁で少しびっくりした。貧相に思えたのは、1978年刊行のものなのでカラー色調の問題かもしれない。中古価格が300円~1000円くらいと安価すぎるのもひとつの要因・・・。1978年の定価2900円はけっこうな価格だと思うのだあが・・。

 扉を飾るモルゲンロートの槍ヶ岳ほか冒頭に数カットがカラーだが、ほとんどはモノクロである。
「百峰」との署名のとおり南北中央アルプスの山を多数網羅している。メジャーでない山が1/4頁になっている箇所がいくつかあり、少し残念だが、それ以外はモノクロの味のある写真が満載されている。中古価格からは想像できない内容である。

 後半は日本アルプスの概要や掲載した山112座の解説、コースガイド、高度表などがついており日本アルプス事典的なものとなっている。刊行された時代を考慮するとこのような構成もありなのだろうが、今の時代ではこのような情報は不要であろう。それよりも写真の解説をしてほしかった。

| | TrackBack (1)

NHK「黒部 幻の大滝に挑む」

 前回、NHKドラマ「氷壁」をコケにしたのでちょっと褒めておこう・・・。

 昨日、「黒部 幻の大滝に挑む」の完全版(55分)の再放送を1年待ってやっと見ることができた。
 昨年9月にダイジェスト版は録画したのだが、アナログで20分だった。まあこれもかなり迫力があったが、ハイビジョンの55分ものはさすがにかなり良い。ダイジェスト版では計画段階の話や突然の降雨撤退や「ぐだぐだ言わずに行くしかない」とぼやくシーンも途中で紹介される黒部のいくつかの滝の写真もなかった。ハイビジョンなので当然画面もきれい。一部の画像はハイビジョンカメラではない撮影も混じっていたが、秋の黒部の見事な紅葉やなんといっても渓谷美を遺憾なく表現していた。

 しかし、志水哲也の「黒部物語」に収録されたこのロケの話を読むともう少し深いところまで楽しめる。

 TVでは大きな荷物をかついで水平歩道を歩く志水とスタッフの姿が冒頭に写る。あの道をあんな荷物を背負って歩くだけでも足が震えるが、総重量500キロの荷物を十字峡まで運ぶために彼らは4日間かけて何回も往復している。

 I滝(黒部の大滝のうち一番下段の落差48mの大滝)の下に着いたディレクターが「こんな場所だとわかっていたら提案なんてしなかった」とつぶやく・・・。ここは十字峡から剣沢を溯って行った場所ではあるが、まだまだ入り口。目指す幻の滝はここからが大変だ。

 雨の日でも必ず焚き火で飯をたくこだわりのスタッフ・・。いつでも大盛りで大学生のように飯を食うスタッフ。割当以上のおかずをつい食べてしまい食事当番に監視される志水。そんな中で単独行ばかりだった志水が大学山岳部の団結力や仲間意識を感じていく。
 突然の雨による撤退もTVで見ると焚き火のテラスでのように見えるが実はチロリアンブリッジで岸壁を横断した緑の台地でのことだったようだ。あとは懸垂下降で奥の滝までわずかなところであるが、ここから結局I滝のベースキャンプまで撤退している。

 再度のアタックで見事に奥の滝(D滝)へたどりつくが、最後の下りで、下ったら最期、もう戻れなくなるような空恐ろしい感じを志水は味わう。降り立った滝つぼから見上げる瀑水にはときおり崩壊した巨大な雪塊が混じる。あれを食らったらおしまい、やはり立ち入ってはいけない領域に来てしまったのか、と思いながらも満ち足りた気持ちでいっぱいになる。

 TVでは「生きて戻れるか心配」と笑いながらつぶやいていたが、あの一言にはこんなウラがあるのだ。・・というような話はTVでは表現できないよなあ、と思いながら、「黒部物語」の見事な黒部大滝の写真を久しぶりに眺めてみた。
「黒部物語」目次

| | TrackBack (0)

「氷壁」原作とNHKドラマ

井上靖「氷壁」NHK「氷壁」 NHKドラマ「氷壁」を再放送で見た。井上靖の「氷壁」を「原案」として現代にリニューアルしたものであるが、小説などの原作を映像化したものの中では、近年まれに見る駄作だろう。ただのドラマとしてみればそれなりに面白いが、井上靖の「氷壁」を前面に押し出した作品としては駄作といえる。もっとも1958年に山本富士子主演で公開された映画は見たことがない。まあ、同じ小説の映画化なら「春の雪」のほうがよっぽどまし。
 
 NHK版は「ナイロン・ザイル事件」が「カラビナ」に替わったことで、発表前から関係者(井上靖氏の遺族とナイロンザイル事件に関わった人たち)と揉めていたようだ。井上靖「原作」、となっていたものを「原案」に替えたのもそのせいのようだ。こちらとか。
 で、一番の問題は、小坂(NHKでは北澤)が滑落した原因が原作ではナイロンザイルの切断なのに(実在の事件ではこのあとにザイルの性能基準などの強化が図られている)、自分が負傷したためにパートナーである奥寺(原作では魚津)を生かすために自らカラビナをはずした、というふうに大きく変わってしまったことだ。
 さらにラストも原作では滝谷を単独登攀中に落石にあい遭難死する魚津が元気にK2を登ってしまう(ロケ地はニュージーランド)。
 主人公二人の死因を変えてしまうとは、しかも魚津は生きている!(もっともラストはK2の登るシーンで終わるので登頂が成功するのかどうかは不明。帰りに落石に遭うかも?)

 物語を現代に変えたのでいまさらナイロンザイル事件にすることはできないだろうし、かといって少なくとも現時点では強度に問題がないカラビナを壊してしまうこともできなかったのだろう。となるとカラビナは正常であり、操作ミスか自殺ということになってしまう。要するに「氷壁」の舞台を現代に設定したためになるべくしてなったストーリーということになる。
 もうひとつ、北澤の小坂の妹に対する態度が原作とは全然違う。NHK版では奥寺と八代美那子(これは原作と同名)の関係が深すぎてしまい、必然的に北澤(小坂)の妹への奥寺(魚津)の態度が冷たい。落石多発地帯で前へ進めば徳沢で待つ小坂の妹のもと、後退すれば美那子のもとに引き返すことになると信じた魚津という構図はNHK版ではとれなくなる。

 原作の小坂の妹にもモデルがいたようでこれはこちら。魚津の遭難時の手帖メモのモデルが北鎌尾根遭難の松濤明のメモであることは良く知られているが、松濤が北鎌で遭難していたときに西穂高まで彼女は来て待っていたとのことです。

・・・と、偉そうに書きましたが、実は原作をついさっき読み終わったところです。NHK版があまりにもひどかったので原作はどういう話なんだろうと読んでみたわけです。まあ、NHKの駄作のおかげで長年気にはなっていた「ナイロンザイル事件」がわかったので良しとします。
 魚津の上司の常盤がいい味を出していました。
 NHKドラマを見て、あれが不朽の名作「氷壁」とは思わぬこと。

| | TrackBack (0)

船越好文「雪線」

船越好文「雪線」
 船越好文「雪線」を読んだ。ただし1998年に東京新聞社から刊行の復刻版。こちらの方が初版(1953年刊 白水社)。復刻版の方が安かったのと田淵行男「尾根路」と復刻版となる「尾根路II」との違いから、きっと復刻版の方が印刷が良いだろうと思ったから。
 副題に日本アルプス写真集とあるが、北アルプスを中心に南アルプスも聖岳、光岳まで網羅している。
 船越好文は1909年生まれで山岳写真家としては田淵よりも古く、「雪線」も本来は1945年刊行の予定であったが戦災で消失してしまったもの。名前を知ったのは実は最近で「山を愛する写真家たち―日本山岳写真の系譜」にて、である。


前穂高の東面
 この中に印象深い写真が1枚あった。
 右の写真(一部)「前穂高の東面」である。冬の晴れ間をのんびりと闊歩する二人の登山者が目を引く。人のいないことにこだわった田淵行男の写真を見慣れていると人がいるだけでおや、と思うが、この作品は戦中のもので、二人のうち一人はこの写真のあと学徒出陣でレイテで戦死してしまう。そこまでは上記「山を愛する~」で読んでいたが、「雪線」に付属していた「改訂版「雪線」復刊にあたって」によればこの作品のモデルであった中村徳郎のレイテでの手記は「きけわだつみのこえ」に収録されているとのこと。


左:雪煙を衝いて、右:帰路
 田淵の作品に比べて人が多い写真だな、というのが前半を眺めた印象であるが、比較のレベルの問題であって多くの作品には人がいない。縮小画像ではわからないが、現物を見るとその装備からかなり昔のものとわかる。左の作品は「雪煙を衝いて」と題され、剱岳をバックに突風の中を行く登山者が印象的である。人を写すと人に目が行くから人を入れないというのが田淵行男の考えであったが、船越は人に目を向けるために人を入れている。ちなみにこの4人の登山者のうちトップとラストの二人は日本初の8千メートル峰登山となったマナスルの隊員となる・・・、というような事情は作者のあとがきに書いてあったが、この写真が先の「前穂東面」とともに国立トリノ山岳博物館に永久保存をしている、というようなことは先の付録で知った。

復刊にあたっての目次

 ちなみにこんなメンバーが復刊にあたって寄稿している。

| | TrackBack (0)

田淵行男「日本アルプス」

左:額装用写真の封等、右:本体箱国際情報社から1975年に刊行された「日本アルプス」は、田淵行男の写真集の中でも大型でカラー写真中心、額装用写真が4枚添付されていてしかも中古価格が比較的安価なお買い得品である。
 田淵本収集の皮切りにヤフオクで購入したままパラパラと眺めただけだったが、改めて読み直してみた。

見開きカラーも多い

 おお、カラーだ。というのが第一印象。刊行の75年は前年の「麓からの山 浅間・八ヶ岳」と翌年の「安曇野」の間になる。この頃になると田淵もカラー写真をかなり手がけてきているが、「麓から」も「安曇野」もまだまだ意識してモノクロを使っている。ところが「日本アルプス」にはなんとモノクロがない。全編カラーなのである。これは田淵の意向よりも国際情報社の意向ではないかと思える。国際情報社は全集っぽい写真集を企画刊行している(いた)ようで、その一環としてこの本があるように思える。

大きさの比較

 さて、大きさも貴重である。
 左の写真は一番下の青が「日本アルプス」その上に「安曇野」さらに上に「山の手帖」を乗せてみた。「安曇野」が田淵の作品集では一番多いサイズであるが、それよりも一回り大きい。
目次の一部
 冒頭に今西錦司のエッセイ。その他に浦松佐美太郎らが寄稿している。田淵自身のエッセイが少ないのが少しさびしい。
 北アルプスを中心としているが、中央アルプスと南アルプスも収録しており「日本アルプス」の名に偽りはない。


大きさはB4

 同梱される額装用写真もすばらしい。特に常念と前穂の2枚がいいが、もったいないので飾っていない(ちゃんと額装して飾ったほうが汚い部屋に封等のまましまっておくよりも良いかも・・・)。

田淵行男関連著作一覧

| | TrackBack (0)

田淵行男「日本アルプスの蝶」

レイアウトの関係で写真がはみ出てしまう場合はミラーサイトをごらんください。

「日本アルプスの蝶」は1979年刊行の田淵行男の作品である。前作「生態写真 ギフチョウ・ヒメギフチョウ」は日本を代表する里の蝶の作品であったが、こちらは高山蝶9種の作品集。生育地の関係でより写真がきれいである。眺めているだけで楽しい。9種とは、タカネヒカゲ、ミヤマモンキチョウ、タカネキマダラセセリ、クモマベニヒカゲ、ベニヒカゲ、オオイチモンジ、ミヤマシロチョウ、クモマツマキチョウ、コヒオドシ。


「日本アルプスの蝶」の表紙
「日本アルプスの蝶」の表紙
「日本アルプスの蝶」裏表紙
「日本アルプスの蝶」裏表紙
「高山蝶」にも寄稿された中村清太郎の「高山蝶発見物語」
「高山蝶」にも寄稿された中村清太郎の「高山蝶発見物語」
田淵による中村清太郎の紹介文
田淵による中村清太郎の紹介文
目次。種別の構成となっている
目次。種別の構成となっている
最初の頁は「山上黎明」の見事な写真
最初の頁は「山上黎明」の見事な写真
「棲家について」冒頭の「蝶ヶ岳の朝」
「美しいナイン」9種の高山蝶の紹介
「美しいナイン」9種の高山蝶の紹介
ミヤマモンキチョウの項には「中岳の舞姫」の雪形がしっかり・・・。
ミヤマモンキチョウの項には「中岳の舞姫」の雪形がしっかり・・・。
ミヤマシロチョウの項。秋から冬へ(2)。新雪の穂高
ミヤマシロチョウの項。秋から冬へ(2)。新雪の穂高
クモマツマキチョウ。高山の妖精。左は上高地
クモマツマキチョウ。高山の妖精。左は上高地
コヒオドシ。成虫。
コヒオドシ。成虫。
随想の冒頭は「霧の山稜(大キレットのタカネヒカゲ)」。
巻末の随想は田淵作品集の見所


随想は、「霧の山稜(大キレットのタカネヒカゲ)」:この修正稿が「黄色いテント」収録の「霧の大キレット」となる。
「東鎌尾根の一夜」:ビバーク時に遭遇したミヤマモンキチョウ。
「雪の蝶」:蝶ヶ岳のふたつの雪形と中岳の蝶の雪形。
「そのころの山:このごろの山」:鹿島槍でのクモマツマキチョウとの最初の遭遇、蝶ヶ岳でのオオイチモンジとの最初の遭遇。
「岳沢と涸沢」:蝶の生息地としての2つのカール。

| | TrackBack (0)

生態写真 ギフチョウ・ヒメギフチョウ

「生態写真 ギフチョウ・ヒメギフチョウ」は1974年に刊行された田淵行男の作品である。定価12,000円。蝶や昆虫の専門家ではないぼくが見てとりたてて面白い本ではないが、その美しさと生育地である山の写真が美しい。


五色の翅。ギフチョウの異状型
五色の翅。ギフチョウの異状型
「ギフチョウ・ヒメギフチョウ」の表紙。
「ギフチョウ・ヒメギフチョウ」の表紙。
「ギフチョウ・ヒメギフチョウ」の裏表紙。
「ギフチョウ・ヒメギフチョウ」の裏表紙。
目次
目次
「春の紋章」。カタクリにとまるギフチョウ
「春の紋章」。カタクリにとまるギフチョウ
ギフチョウの羽化
ギフチョウの羽化
ヒメギフチョウの羽化
ヒメギフチョウの羽化
二色の尾灯。ギフチョウとヒメギフチョウの見分け方
二色の尾灯。ギフチョウとヒメギフチョウの見分け方
左:ギフチョウ、右:ヒメギフチョウ
左:ギフチョウ、右:ヒメギフチョウ
白馬のホワイトカラー。白馬山麓のギフチョウ
白馬のホワイトカラー。白馬山麓のギフチョウ
ギフチョウ一族。
ギフチョウ一族。

巻末の「蝶々雑記」の目次
1.ギフチョウ属の原点をたずねて
2.花は桜木、蝶はギフ
3.美蝶薄命
4.岐阜蝶衰々記
5.黒いサボテンと黄色い星
6.天然記念物とはいうけれど


ギフチョウ発見地:祖師野

scale:70000
35/42/22.933,137/8/11.214

ヒメギフチョウ発見地:保福寺峠
scale:70000
36/18/23.415,138/5/6.513

| | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »