« 田淵行男「山(世界写真作家シリーズ)」 | Main | 生態写真 ギフチョウ・ヒメギフチョウ »

「ダ・ヴィンチ・コード」って??

以下は「ダ・ヴィンチ・コード」崇拝者は読まないこと、ただしネタばれはありません。

ダ・ヴィンチ・コード (上)ダ・ヴィンチ・コード (下)
 マスコミ、特にTVがタイアップして盛り上げる作品は、TVとかのメディアがターゲットにするレベルの人たち向けのものである。だから怖いもの見たさというのもあった。しかしねえ・・・。

 この数年でもっともひどいと思ったのは「神々の指紋」である。この本と「ダ・ヴィンチ・コード」との共通点は「これが事実だ」と言っていることだが、まあ「ダ・ヴィンチ・コード」は小説の形態を成しているだけ「神々の指紋」よりはまともであろう。翻訳も読みやすい。

 正直、もう少し高尚な御説を期待していたのだが、これでは倒錯じゃない盗作訴訟が起こるのも無理はない。上巻を読み終わったとき、あれれ、これだけかな、まだもう少し何かあるはずだと思いながら、下巻が終わってしまった、というのが正直な印象。また、これだけ実在の組織・団体の名前を出し、過去の「偉人」を出すのは失礼ではないかと思う。ここまで実在する、した人物・団体名を出すのであれば、研究論文なり相応の方法があるはずで、盗作のうえに他人の褌で、という感がぬぐえない。作者の品性を疑う。

 ストーリーだけなら「ハリー・ポッター」の方がずっと面白いし、奥深さなら三島由紀夫「豊饒の海」にかなわない。ちなみに「豊饒の海」は浜松中納言物語をモチーフにしているが作中に三島が明記してあり、こういうのは盗作といわない。

|

« 田淵行男「山(世界写真作家シリーズ)」 | Main | 生態写真 ギフチョウ・ヒメギフチョウ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/10718256

Listed below are links to weblogs that reference 「ダ・ヴィンチ・コード」って??:

« 田淵行男「山(世界写真作家シリーズ)」 | Main | 生態写真 ギフチョウ・ヒメギフチョウ »