« 山高神代桜 | Main | 「カシミール3Dで見る・自分で描く空から眺める鉄道ルート」 »

デジカメNinja X powered by SILKYPIX

 デジカメのRaw画像を現像する、いわゆるRaw現像ソフトはまあ、SILKYPIXで決まりなんだろうけど、SILKYPIXはSDKを提供していて各社がこれを使って自社ソフトに組み込んでいるものもある。
 下の3つの写真は1枚めのダイヤログを除くとほとんど同じに見えるが、みな違うソフト。もちろんSILKYPIXのSDKを使ったものだ。
SILKYPIX

 本家SILKYPIX。ダイヤログはホワイトバランス微調整用。カラーの調整で各社のポジフィルム調に仕上げるオプションがなかなか面白い。本格派にはこれしかないでしょう。



Digital Photographer

 Digital Photographer。ホワイトバランスは無段階調整ができるがSILKYPIXのような微調整はできない。その分、レタッチ機能は充実している。一括処理ができない。

デジカメNinja X for Windows

 4月7日に発売したばかりの「デジカメNinja X(エックスではなくて10)」。左下に「一括処理」のボタンあり。デジカメ画像を仮想の「メモリーカード」に読み込んでグルーピングするインターフェースはAdobe PhotoShop Elementsに近いが、PSEより数段わかりやすい。

アイフォーデジカメNinja X for Windows
 ホワイトバランスの微調整はできないが他は十分な機能を持つ。レタッチ機能も十分。これが5千円以下(乗換版4,980円。実売4千円前後)なら安いと思う。

 ということで安心して、デジカメNinja をインストールして、PSE4をアンインストールしました。ついでにHDDを3GBも消費していたPremiere Elements 2.0もアンインストールしました。PSE4で一番許せなかったのは処理しているファイルのファイル名がわからないこと。RAWファイルを処理していたかJPEGだったか、どのフォルダに保存していたものかもわからない。まあ、いいや。

 日曜日に、山の写真を撮ってみたが、霞がかかった一部の写真や露出不足などはそれなりにレタッチしてみたがほとんどはホワイトバランスもカメラ設定のままで単純に現像した。桜の写真はかなりこねくり回して、それが最近のRAW現像ソフト探しになっているのだが、ぼく的には花の色は気になるが山や空の色はあまり気にならないようだ。
 ちなみに日曜日の山の写真はまだ試用期間が残ってたSILKYPIX。一部、フィルムV調(ベルビア)とかで遊んでみた。こちら

|

« 山高神代桜 | Main | 「カシミール3Dで見る・自分で描く空から眺める鉄道ルート」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/9530701

Listed below are links to weblogs that reference デジカメNinja X powered by SILKYPIX:

« 山高神代桜 | Main | 「カシミール3Dで見る・自分で描く空から眺める鉄道ルート」 »