« 田淵行男 「黄色いテント」 | Main | 志水哲也編「山と私の対話」 »

谷有二「山名の不思議」

山名の不思議―私の日本山名探検山の名前で読み解く日本史
 谷有二「山名の不思議―私の日本山名探検」を読んだ。
 谷の本は
「山の名前で読み解く日本史」以前に読んだ。内容はこれにその後の見解を追加したものという印象。
 中身はけっこう面白いのだが、この人の書き方はちょっと詰め込みすぎのところがある。あと、今回の本は山の名前の由来についてのややツウ向けかな、という印象で、読者がここまで知っているはず、という前提の書き方が多い。
 氏には山の名前関連では有名な富士山はなぜフジサンかがあり(未読)、今回はこの話まで入っているのでそういうわけでは1冊で氏の持論がよくわかる。

|

« 田淵行男 「黄色いテント」 | Main | 志水哲也編「山と私の対話」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/8511920

Listed below are links to weblogs that reference 谷有二「山名の不思議」:

« 田淵行男 「黄色いテント」 | Main | 志水哲也編「山と私の対話」 »