« 山の本の感想一覧 | Main | 江上剛「腐食の王国(上下)」 »

SUUNTO X9 けっこう使えそう

ナチュラムで見てみる
 SUUNTO X9の発売当初、パンフレットやマニュアルを参考に「使えるのかSUUNTO X9」という記事を書いた。
で、実際に入手して使ってみた印象としては「けっこう使えそう」という感じ。
 まだ近所の広葉樹林の疎林を歩いただけなので、結論を出すのは早いが、当時抱いた疑問が多少なりとも氷解してきた。

・稼動時間:最大の懸念材料が稼動時間だった。
 GPSを1秒間隔で使うと4,5時間だが1分間隔なら12時間というのがマニュアル値。まだ長時間歩いていないので実際にこの程度もつのかは不明であるが、別の方のレポートではもちそうな感じ。Garmin eTrexVentureが20時間、Geko201が実態10時間程度。Garminは単3/4電池、SUUNTO X9は9V電池を内臓したドッキングステーションなのでちょっと面倒だが、まあ充電できるので良しとする。

・受信性能:GPS更新間隔を1分として、近所の疎林を37分歩いた結果のトラックポイント数は20だった。通常どおり腕に装着したので受信はしにくい状態だろう。で、2回に1回更新されているということ。大きな位置誤りはなかった。谷あいや針葉樹林帯ではやや心許ないが、とりあえずは及第点だろう。30秒に1回くらいの設定があるとなおいいなあ。

・操作性:各種設定メニューは、同じSUUNTOのVentureと比べると階層式メニューでわかりやすい。ただルートナビをはじめる手順はちょっと複雑か。

 ルートの作成やログ取得等は、標準ではPCソフト、SUUNTO Trek Manager(STM)で行うが、カシミール3DがSTMに対応し、今月はじめにはSUUNTO プラグインができたことで、STMを全く使わずに、ルートのアップやログのダウンロードができるようになった。これは大きい。というかこれがなかったら今回入手しなかった・・・。

 いずれにしても現在の結論は、なかなか楽しめそうなガジェットという印象。
 ただ、ログ採りマシンとしては相変わらずGARMINが活躍しそうだ。

 SUUNTO X9 けっこう使えそう
 SUUNTO X9 vs Geko210

|

« 山の本の感想一覧 | Main | 江上剛「腐食の王国(上下)」 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SUUNTO X9 けっこう使えそう:

« 山の本の感想一覧 | Main | 江上剛「腐食の王国(上下)」 »