« RD-Style3ヶ月 | Main | 液晶beautiful face for RD Style »

三島「春の雪」の映画化

春の雪


三島由紀夫の「春の雪」が映画化され、今秋公開とのことをひょんなことから知った。
 あの「春の雪」が・・・。それだけでちょっと興奮。

「春の雪」は三島の大作であり遺作でもある「豊饒の海」全4巻の巻頭を飾る純愛小説である。豊饒の海は平安中期の「浜松中納言物語」をモチーフに描かれた転生の物語であり、最終巻「天人五衰」を脱稿した昭和45年(1970年)11月25日にそのまま市ヶ谷駐屯地で檄を飛ばして割腹自殺を遂げたことは有名である。
「豊饒の海」の第一巻を飾る、松枝清顕(まつがえきよあき)と綾倉聡子の物語は、三島らしい美しい物語であり、その映画化を知り「おお、この作品を映画化するのか・・・。度胸あるなあ」というのが第一印象である。
 主演は妻夫木聡と竹内結子とのことなのでキャスト的には許せるかなあ、と思う。

 「豊饒の海」は大学の時に読んだだけであるが、なかでも「春の海」の強烈な印象はいまだに衰えない・・・。友人のひとりは綾倉聡子を理想の女性と思い込み、(たぶん)今だに独身である・・。
 川端康成の「雪国」がノーベル賞なら「春の雪」はノーベル賞を3回くらい取れる作品だろう。

 この作品の映画化を知ったのは、若尾文子がマドンナ役の「寅さん」を見ていて、そういえば若尾文子って今いくつなんだろうとグーグルしたおかげ・・・。で、若尾文子さんは1933年生まれ・・・。今回は18年ぶりに映画出演とのことで門跡を演じる。ぼく的には「天人五衰」の最後に登場し、松枝の親友・本多に印象的な言葉を発する綾倉聡子をやってもらいたいが・・・。

さて、映画が2時間の世界でどこまで描けるか、ちょっと楽しみではある。

|

« RD-Style3ヶ月 | Main | 液晶beautiful face for RD Style »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/5465115

Listed below are links to weblogs that reference 三島「春の雪」の映画化:

» 映画『春の雪』についての主な情報 [映画『春の雪』を待ちかねるブログ]
このページでは「春の雪」に関する各種情報とブログの記事を集めることのみを目的としたブログにしようと思っています。「春の雪」関係のブログ記事をお書きになった方は、ぜひトラックバックをお送りください。 1.オフィシャル ・www.harunoyuki.jp 2.ニュース ・宇...... [Read More]

Tracked on 2005.08.14 at 19:43

» 再読「春の雪」 [Fool Proof]
 25年ぶりに読み直しました、「春の雪」。  松枝清顕と綾倉聡子の物語の大筋以外はほとんど覚えていませんでした。また、ストーリーの一部を源氏物語の一節と勘違いしていました。  二人のストーリーはまあ... [Read More]

Tracked on 2005.09.20 at 22:02

» 「春の雪」を横尾忠則語る [soramove]
本日付けの朝日新聞で 横尾忠則が「春の雪」を見た 感想を寄せている。 豊饒の海4部作、 「春の雪」「奔馬 」 「暁の寺」「天人五衰」の 最初の作品。 妻夫木聡、竹内結子主演 行定勲 監督作品 映像に主眼を置いてみた見た場合、 この映画は、美し...... [Read More]

Tracked on 2005.10.27 at 20:41

» 「春の雪」心に雪は積もらない [soramove]
「春の雪」★★★☆ 妻夫木聡、竹内結子 主演 仰向けに小船に寝そべる 主人公の恍惚にも似た 表情が画面を横切る そして幼なじみの聡子が あでやかな着物で登場、 彼女の顔を今度は下から ゆっくりとカメラは横切っていく。 どのシーンもひとつの絵のよ...... [Read More]

Tracked on 2005.10.31 at 07:41

» 「春の雪」見ました [Fool Proof]
 三島由紀夫原作、行定勲監督の映画「春の雪」を見てきた。  映画化が決まってから注目していた映画であり、公開後は賛否両論けっこうあったので迷ったけれど、映画を見るためにわざわざ原作を再読したので、や... [Read More]

Tracked on 2005.11.13 at 08:32

« RD-Style3ヶ月 | Main | 液晶beautiful face for RD Style »