« 2年ぶりのニッコウキスゲ | Main | 美ヶ原 »

「iモード以前」松永真理

iモード以前
松永真理「iモード以前」を読んだ。
 「iモード以前」といっても携帯電話の歴史の話ではないです・・・・。
 松永真理の名前を知っている人、あるいは「iモード事件」を読んだ人なら内容は想像がつくだろう。
 そう、松永さんがNTTドコモでiモードを立ち上げるために転職するその前までの話、すなわち氏が苦難の就職活動を乗り切り「3年働いてみよう」と思ったリクルートでの20年の話である。

 リクルートはぼくが学生の頃から仕事がきつい企業として有名だった(銀座のあのビルに就職関係で訪問した記憶があるが、怠け者のぼくがあの厳しい企業を受けようという気はなかったのでどこかの企業の説明会だったか・・・)。

 氏のリクルート入社は74年であり、ドコモに転職するまでには例の「リクルート事件」がある。このときの当時若手の松永氏や彼女の周囲の行動も記されているが、不祥事が発生した企業とは思えない前向きな態度(本人や社員はもちろん組織全体も)に元気な企業を見た気がする。リクルートとは回線リセールの関係の方とお付き合いしたことがあるが、彼らの元気な(少なくとも当時は)理由がこの本でよくわかる。
 しかし日本的な企業がここまでの風土になるのはやはり難しいのだろうなあ、とも思う。

 「iモード事件」もなかなか面白かったが、こちらのほうが面白いと感じた。

iモード事件

|

« 2年ぶりのニッコウキスゲ | Main | 美ヶ原 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「iモード以前」松永真理:

» ★★★★☆「iモード以前」松永真理、岩波書店(2002/07)¥1,470 [本のソムリエ提供「一日一冊:読書日記」]
いつも応援ありがとうございます。今日は何位になっているでしょうか?----------------------------■今朝の日本・仙台:9時17℃:曇り----------------------------今日はまじめに仕事をしています。一冊の良い本との出会いから、あなたの人生に全ての良いことが起こり...... [Read More]

Tracked on 2005.11.09 12:23

« 2年ぶりのニッコウキスゲ | Main | 美ヶ原 »