« 正月の展望 | Main | 自動車保険見積もり月間 »

猫の恩返し

猫の恩返しジブリ映画の「猫の恩返し」については公開当初にネットの知人がボロクソ批評をしていたので、ずっと見ていなかったが、先日、「耳をすませば」関連のサイトで原作が「耳すま」と同じ柊あおいであり、登場人(猫)物が「耳すま」に出てくるバロンと知った。
 知人は「千と千尋の神隠し」との比較で批判していたが、「耳すま」系であるなら多少の期待もできるので中古DVDを入手した。
 で、感想。

 知人の批評は正しかった。

耳をすませば ジブリ作品はかなり見た(ナウシカ、トトロ、耳すま、ラピュタ、紅の豚、ぽんぽこ、魔女の宅急便、思い出ぽろぽろ、海がきこえる、もののけ姫、千と千尋)が、最低に近いランクになるだろう。同時上映(DVDでは同梱)のギブリーズ2も「いっぱい on your Mark」と比較してもできが悪い。

 アニメとしてのテクニック・描画がとてもラフである。デフォルメが多いギブリーズ2の方がこの点では出来がいい。デフォルメの中にもするどいリアルな描写を交えて、見るものをはっとさせる部分がある。

 ストーリーそのものがそれほど悪いとは思わないが、なんといってもヒロインのハルをまったく描けていない。彼女はどんな性格で何を考え、何を感じたのかがまったくわからないまま、ドタバタで終わってしまい何も残らない。
 バロンは悪くないので、バロンのためにも巻土重来を期してほしい。でなければ「耳すま」の名脇役がかわいそうである。「ムーン(ムタ)」も然り。「耳すま」のムーンはもちろん何も喋らないけれども強烈な個性を発揮しているし、登場の仕方もそのあとの脇役ぶりもたいしたものだ(もっともこれは原作コミックもまったく同じであり。原作者の柊あおいのストーリテラーとしての才能を感じる)

 それにしても「猫の恩返し」を見てあらためて思うのは「耳すま」の映画の出来のよさである。原作コミックの単なる少女漫画をストーリーをくずさずにあそこまで昇華できるのはたいしたものである。原作コミックの続編「幸せの時間」のアニメ化がひょっとすると「猫の恩返し」なのかもしれないが(そういえば「猫の図書館」は「猫の事務所」にちょっと似ている・・・)あれならコミックの方がぜんぜんいい。あ、原作コミックは「バロン―猫の男爵」でしたね。こちらはまだ読んでいません。

|

« 正月の展望 | Main | 自動車保険見積もり月間 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/2575147

Listed below are links to weblogs that reference 猫の恩返し:

» 再び「猫の恩返し」 [Fool Proof]
 TVをつけたら、ジブリ映画の「猫の恩返し」をやっていたので見てしまった。  この映画を最初に見たときの感想は「ジブリで一番できが悪い」だったので、そう思いながら見てみたら、逆にけっこう楽しめた。  ... [Read More]

Tracked on 2008.07.05 at 00:06

« 正月の展望 | Main | 自動車保険見積もり月間 »