« December 2004 | Main | February 2005 »

今日のダイヤモンド富士


 1月末になると多摩市界隈ではダイヤモンド富士が見られる。去年は空振りだった。
 今日は朝からいい天気だったので、諏訪北公園に行ってみたが残念ながら日光や上越の山はほとんど見えず、であったが、気を取り直して今日のダイヤモンド富士ポイントである天王森公園の駐車場に予定時刻の30分ほど前に着く。
 しかし、丹沢、富士山方面にはかなり厚い雲が・・・。

 予定時刻前になって、とりあえず行って見るかと三角点のそばのベンチから富士山を見てみると、なんとか富士山あたりに雲の窓があいていた・・・。

 というわけで、今日の写真

| | TrackBack (0)

改憲問題を読む

改憲は必要かこういう議論は苦手なのだが、先日、こんな記事(中曽根氏が「憲法改正試案」 天皇元首、防衛軍など明記  asahi.com 2005/1/20)を見かけてさすがにびっくりして、ちょっと関連する本を読んでみた。

以下の疑問に答える本である(この本の目次)。

1.いま、憲法9条を選択することは、非現実的ではないか
2.国連は無力なのだから、国連中心の平和主義には意味がないのではないか
3.「押し付け憲法」は選びなおさないと、自分たちの憲法にはならないのではないか
4.憲法といっても法の1つなのだし、改正の手続きだって規定されているのだから、改憲にそんなに慎重でなくてもよいのではないか
5.憲法を改めれば、自由や人権の状況も改善されるのではないか
6.市民がどれだけがんばっても、しょせん戦争は止められないし、世界は変らない。憲法9条も変えられてしまうのではないか。
7.現実と遊離してしまった憲法は、現実にあわせて改めた方がいいのではないか。

7つのテーマに答えるのはそれぞれ別の方なので、論調や考えは多少異なるものの、押し付けがましいところがなく、とても明快に自然に読める本である。
読み終わったあとで、すべての質問に無理なくNOと考えられるようになる本である。

もし、上の質問の1つにでも「そうだね」と思うのであれば、http://www.hatena.ne.jp/1105812375 に出ているリンク先の改憲議論を読む前に読んでおいたほうがいい。



憲法問題の焦点
もう1冊。これは読みかけ。

憲法問題は上記の7つの疑問やそれに対する攻防の歴史である。
いろいろな解釈や内外からの圧力があったわけだ。

この本は戦後60年のさまざまな圧力とその歴史からこの問題を探る。
時の政権がどのように説明を行い、あるいは行わずに来たかを知ることで、ああ、その意見は昔、吉田茂が言ったことと同じかも、とかわかるかな。
 憲法の本というよりも政治とはどういうものなのか、を考える本としてとらえると面白い。

| | TrackBack (1)

DNA db EURO on B4 RS30

レガシーB4 RS30のタイヤを標準のBS POTENZA RE040から、YOKOHAMA DNA db EUROに換えました。
サイズは標準と同じ、215/45R17。

RS30はその名のとおり3リッターのボクサーエンジン、220馬力のEZ30を搭載するぼくにとっては初の3ナンバー車である。ハイパワー車に乗るのはR32スカイライン(215馬力)以来であるが、ターボのR32やロータリーターボのFC3S RX7とNAのRS30では加速やトルクの印象はかなり違う。
やっぱり大排気量のNAは上品な加速をする。インプレッション記事のいくつかに指摘されたように低速トルクがもう少しあってもいいな、と思うこともあるがパワーとしては十分。
気になったのはこれもインプレッションで指摘された(こことか)硬すぎる足回りぐらいである。
ビルシュタインの足に215/45の扁平タイヤ、しかもRX-8や現行スカイラインクーペの標準タイヤでもあるPOTENZA RE040なので、高速でのロードノイズや街中での段差の突き上げはかなりあり、轍でのワンダリングもある。エンジンが(びっくりするほど)静かなので、ロードノイズは余計に響く。段差の突き上げは安い車(例えば以前に乗っていたインプレッサの1.5とか)でもあるが車両重量の違いかタイヤの太さ(インプレッサは175/70R14でした)の違いか、かなり気になる。

ということでタイヤの交換を検討。
サイレントタイヤはYOKOHAMAのdbシリーズがあるが、一応RS30の車格を考えるとサイレントタイヤよりもプレミアムタイヤという選択になる。となるとBSのREGNOであるが、その静粛性もグリップ性能もまったく問題ないとはわかっていても、やっぱりスバルには似合わない印象があり、ちょっと敬遠した(高いしね)。ということでYOKOHAMA db EUROの評判をネットで調べると評価は高いし、イメージ的にもぴったりなのでこれに決めた。

サイズは同じにした。
ロードノイズは主にトレッドパターンの問題なのでタイヤが変れば変る。ただ突き上げやワンダリングはそもそも45という扁平率の問題なので、できれば50や55くらいにしたいところではあるが、タイヤ外径を換えずに扁平率を下げるには、例えば50なら15インチの245とかの極太タイヤにしてホイールも入れ替えなければいけない。これでは扁平率がさがっても接地面積が増えてしまい余計にひどくなりそう・・・、ということでサイズは変えられない。

さて、どこで購入して取り付けるか。
近隣のタイヤショップ(イエローハット、YOKOHAMAの系列店、ふつうの車ショップ、カレスト座間)を見たり、ネットで調べた。ディーラが取付のみもやると言っていたので、ネットで格安で調達して取り付けるということもできたが、受取や運搬が大変なので、ネットで見つけた足立区のカーショップ・平野タイヤ商会で購入取付をすることにした。近隣のショップが4本で11万~12万かかるのに対し、ここは8万を切る価格だった。ショップは遠いが、自宅から高速で1時間で行けるのでカレスト座間と時間的には変らない。

ということで、23日に取付けてきました。
帰りの高速と近所の徘徊で50キロ走ったばかりですが、簡単に印象を・・・・。

・高速:ロードノイズは路面がきれいなところでは以前のタイヤとの差は感じないが、荒れた路面でのロードノイズはかなり減っている。段差やつなぎ目の乗り越えなどはゆったり感じる。
・街中:突き上げが相当違う。段差やマンホールなどの乗り越えはとてもソフト。高速よりも違いが大きい。街中での乗り心地改善はそれほど期待していなかったのでうれしい。轍のワンダリングはまだそういうところを走っていないのか、ワンダリングがなくなって気がつかなかったのか・・・。

| | TrackBack (1)

カシミール3DがSUUNTO X9に対応

ついに、カシミール3Dが本日公開のVer8.5.0で、SUUNTO X9 のインターフェイスソフトのファイル形式に対応しました。
詳細は、http://www.kashmir3d.com/kash/kash850/

それ以外にも8.5.0はプレビュー関係を中心に大幅なレベルアップがされています。
DirectX9cが必要です。

| | TrackBack (0)

自動車保険、見積もり結果

前回見積もった保険スクエアバンに加えて、
Click Here!
今回はTILで追加見積もりをした。
Click Here!
その結果を追加したのが下の一覧(追加は上の3社。前回見積もり時に等級の入力ミスがあり、実際には1等級低い入力をしてしまったことを発見。現在契約の先で4千円くらい差があるので前回見積もりした先の金額はもう数千円プラスになるだろう)
 見積もり条件の概要
・車:スバルレガシーB4 14年式 RS30、車両保険:130-150万円(保険会社により異なる)
・その他はごく普通の条件

保険会社お支払い保険料
三井住友海上110,300円
ゼネラリ自動車保険82,410円
三井ダイレクト損保69,490円
チューリッヒ67,120円
アメリカンホーム・ダイレクトClick Here!
54,310円
セコム損保74,330円
ソニー損保68,900円
あいおい損保111,670円
アクサダイレクト(現行)52,350円

ということで、現在のアクサダイレクトが一番安いが、すべての車種でこの順位になるわけでもない。以前にトヨタカローラスパシオで見積もったときは、ゼネラリが断然安かった。ここはミニバン、ステーションワゴンなら断然安い、とコピーを入れている。事故率が低そうなファミリータイプに注力しているのだろう。
 あと、アメリカンホームは郵政公社メールが来て(ほとんどの全社が郵便物は来ているが)、中を見るとアクサよりも安いタイプもある。

| | TrackBack (2)

カーオディオ交換

 カーオーディオを新しくした。
 今までついていたのは2DINのADDZESTのCD+カセット(ADZ415)。運転しながらのFM切替がちょっと不便なのと、MP3再生ができないことに加え、カーナビを付けた時にダッシュボードの残りの1DINをつぶしてしまったので物入れがなくなってしまったので1DINタイプに切り替えた。
 選んだ機種はMP3のID3タグの漢字対応機種、パイオニアDEH-P077
 価格.COMの人気機種1位のせいか、楽天でも在庫なしが多いが、ぼくは
ここ
で、価格COMの最安値程度でゲットした。
 取付はディーラー。取付費用は見積もりでは、3000円だった。オートバックスとかだと4000円か4500円くらいはするので安い。前の車(インプレッサ)を購入したときも持ち込みでカーナビを取り付けてもらったがやはりけっこう安かった。今回も同じディーラである。
 もちろん以前の2DINタイプの取り外しを含むが、はずしたオーディオの処分について聞かれたので「ネットで売っても4千円くらいなので、面倒なので捨てる」と言ったら、無償譲渡する代わりといって取付料をタダにしてくれた。CD+カセット式は最近は少数なのでお客さんの中でほしがる人がいるらしいとか。

 さて、DEH-P077。
音質がどうの、というのはよくわからない。
やはり売りはMP3やWMAのタグの漢字表示だろう。
まあ、曲名をわざわざ見ることは少ないものの、フォルダや曲のサーチをするときには便利だと。FM局も漢字表記。
特徴的な機能は、
・リスニングポジションセレクター:中央、後席、運転席、助手席を選択して音の中心にすることができる。ただし、スピーカーがデフォルトのものだと音質は中央がやはり一番いい。
 ・オートマチックサウンドレベライザー:周囲の騒音の大きさに合わせて再生音量をコントロールする。ためしたことはまだない。
その他さすがに音響メーカーらしい機能が盛りだくさん。
興味のあるかたはメーカーのサイトからマニュアルをダウンロードしてみるとよい。もっともディスコン間近との噂もあるが、後継機はもっとコストパフォーマンスが良い機種だろう。

 十分満足できる機種だが、あえて要望をあげれば、CDのローディングが前面パネルを倒してからなのは(スペースの関係で最近のはやりではあるが)少しだけ面倒。液晶の色がブルーだけど、SONYみたいな赤の方が渋いような気がするがこれは他の機器との兼ね合いもあるかな、と。

| | TrackBack (0)

自動車保険見積もり月間

自動車保険の満期が3月に来るので、例によって保険料比較月間・・・
手始めに最大15社一括見積もり可能な

Click Here!



を試してみた。
 なぜか見積もり可能だったのは5社のみ・・・。

 今回は車両保険をつけている。細かい条件はさておき、現在契約中のアクサ(最下段)との差



保険会社お支払い保険料
チューリッヒ67,120円
アメリカンホーム・ダイレクトClick Here!

54,310円
セコム損保74,330円
ソニー損保68,900円
あいおい損保111,670円
アクサダイレクト(現行)52,350円

う~ん、まだまだアクサが安いぞう・・・。

| | TrackBack (1)

猫の恩返し

猫の恩返しジブリ映画の「猫の恩返し」については公開当初にネットの知人がボロクソ批評をしていたので、ずっと見ていなかったが、先日、「耳をすませば」関連のサイトで原作が「耳すま」と同じ柊あおいであり、登場人(猫)物が「耳すま」に出てくるバロンと知った。
 知人は「千と千尋の神隠し」との比較で批判していたが、「耳すま」系であるなら多少の期待もできるので中古DVDを入手した。
 で、感想。

 知人の批評は正しかった。

耳をすませば ジブリ作品はかなり見た(ナウシカ、トトロ、耳すま、ラピュタ、紅の豚、ぽんぽこ、魔女の宅急便、思い出ぽろぽろ、海がきこえる、もののけ姫、千と千尋)が、最低に近いランクになるだろう。同時上映(DVDでは同梱)のギブリーズ2も「いっぱい on your Mark」と比較してもできが悪い。

 アニメとしてのテクニック・描画がとてもラフである。デフォルメが多いギブリーズ2の方がこの点では出来がいい。デフォルメの中にもするどいリアルな描写を交えて、見るものをはっとさせる部分がある。

 ストーリーそのものがそれほど悪いとは思わないが、なんといってもヒロインのハルをまったく描けていない。彼女はどんな性格で何を考え、何を感じたのかがまったくわからないまま、ドタバタで終わってしまい何も残らない。
 バロンは悪くないので、バロンのためにも巻土重来を期してほしい。でなければ「耳すま」の名脇役がかわいそうである。「ムーン(ムタ)」も然り。「耳すま」のムーンはもちろん何も喋らないけれども強烈な個性を発揮しているし、登場の仕方もそのあとの脇役ぶりもたいしたものだ(もっともこれは原作コミックもまったく同じであり。原作者の柊あおいのストーリテラーとしての才能を感じる)

 それにしても「猫の恩返し」を見てあらためて思うのは「耳すま」の映画の出来のよさである。原作コミックの単なる少女漫画をストーリーをくずさずにあそこまで昇華できるのはたいしたものである。原作コミックの続編「幸せの時間」のアニメ化がひょっとすると「猫の恩返し」なのかもしれないが(そういえば「猫の図書館」は「猫の事務所」にちょっと似ている・・・)あれならコミックの方がぜんぜんいい。あ、原作コミックは「バロン―猫の男爵」でしたね。こちらはまだ読んでいません。

| | TrackBack (1)

正月の展望

この正月2日、3日は展望日和だったので、近所の高台まで出かけてみた。

いつもの展望ポイントに加えて今回は「よこやまの道」の展望台に行ってみた。

多摩市から見える(はず)の最も遠い山は那須岳周辺であるが、ここまでは170キロ以上の距離があり、方角的に都心をまたぐのでかなり見えにくい。というかそもそも北東方面が見える展望ポイントが少ない。

09sirane_nanntai
次に遠い山は上越国境の山になる。谷川岳や尾瀬方面である。

12月の強風の日には距離的に遠い谷川岳と方角的に見つけにくい筑波山を発見したが、今回は、関東の最高峰の日光白根山と尾瀬の至仏山、それに日光の男体山を見つけた。

siomi_notori
よこやまの道からの南アルプスは農鳥岳に加えて前山の向こうにわずかに塩見岳も見えることがわかった。

http://yamatabi.que.ne.jp/tama/index.html

| | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »