« February 2004 | Main | April 2004 »

半日で1369通!

毎日、スパムやら送信元詐称ウィルスメールのサーバーからの返信やらで100通以上のスパムが届くが
今日は午後になって、いきなり1369通も届いた・・・。
即刻削除したが、1時間後にチェックするとまたも300通くらいきている。

ほとんどがtamano.takeo@nifty.com あてなので、この宛先へのメールをゴミ箱直行にした。

ニフティはIDあてメールを受信拒否できるが別名あてはゴミ箱にしかいかないので送信元からすれば受信した
ように見えてしまう。別名アドレスを変更すればいいのだが1回300円かかる。

しばらく様子をみてから考えよう。

| | TrackBack (0)

買わ(え)ない理由 D70とか

ニコンD70発売に勝手に盛り上がっていたのだが、最近収縮している・・・。

ひとつには先日、ヨドバシでD70とEOSKISSを両方さわってみたんだが、意外と重い・・・。
こんな重いもの山に持っていけるかな、というのがひとつ。

それと、こことかを見てみると、やっぱりデジタルも一眼になるとレンズだなあ、と思う。
たとえば こちらでは26000円のレンズと185000円のレンズの比較をしているんだが、これを見てしまうと・・・・。

EOSといえば以前EOSを開発していたというこの方のサイトも中心はD30・・・・。
ムムム・・・である。

ま、それもまだ15万もするからいけないんだけどね、結局のところ。

| | TrackBack (0)

SUUNTOのGPS付時計

ついにというか、やっとというべきか、アウトドアウォッチというかコンパスのパイオニアである、SUNNTO社からGPS付の時計が発売されるようだ。

カシミール3Dの掲示板にRhymeさんが書き込みをしていたのでチェックしてみた。
こちら

スント社の上記リリースを読めばわかるがかなり本格的なGPS機能である。
もちろん時計もスントらしいアウトドア仕様である。

ざっと拾い読みしてみると・・・。以下のとおり、GARMINなどのハンディGPSが持つ機能を完全にカバーしている。問題はPCとのインターフェースだな・・・。SUUNTO社の開発スタッフのもとにまだカシミール3Dの名前は届いていないのかどうか・・・。

以下、上記のニュースの広い読み(誤訳ご容赦)

・アウトドアの愛好家たちはもはや電子機器を抱えていく必要はない。
スントのリストップコンピュータ X9は軽く腕にぴったり収まるサイズでより大きなGPSの機能を提供する。

・X9はトレッカー、ハイカー、登山者、釣り人、ハンターなどをカバーしたパーソナルナビゲータだ。X9にはGPSのフル機能に加えて、電子コンパス、気圧計、温度計、高度計がついている。位置情報とウェイポイントへのルートの情報は移動中の安全性を決定付けるだろう。

・X9には事前にルートを設定できる。アウトドアでは進行方向と速度を表示する。目的地までの残りの距離と現在の速度で想定した到着時間を表示する。事前にルートを設定していないランニングやバイクでも距離と方位はきちんと表示できる。衛星捕捉率の向上により数日間のハイキングでもバッテリーはもつ。

・トラックログは保持できる。Find home機能でいつでも「HOME」に設定した場所までの距離と方位がわかる。お気に入りの場所に好きな名前を付けて保存できる。また気圧の急変時に嵐の到来を警告するアラーム機能もある。

・メニュー等のインターフェースは携帯電話をベースにしている。

・際立った機能としてはPCとのインターフェースがある。PC側のソフトでログを見ることができるし、事前に設定したルートをX9にアップすることができる。

・さらに www.suuntosports.com にて面白いポイントをみつけることができるだろう。


| | TrackBack (2)

今日買ったLPレコード

近所のブックオフではアナログのLPレコードがバカ安で売っている。
専門の中古レコード屋では1000円から2000円くらいするのがふつうだが、ここではたいてい100円か200円である。
LPレコードを聴く機材はあるのだが、やっぱりレコードはかけるのが面倒くさいので、結局USBオーディオプロセッサ経由でPCに取り込んでMP3にしてしまう。
それでもレンタルCDを借りるより安いし、CDになっていないものもあるので、ときどき覗くと何枚か買ってしまう。

レコードは大きくて場所をとってかけるのが不便だけど、ジャケットやライナーノーツとかがゆったりとしていていいですね。

・・・というわけで、今日買ったLPレコード

・FIRST FINAL     100円
・RIVER'S ISLAND   100円
・AQUA CITY      100円
以上、杉山清貴とオメガトライブ・・・。
実は今日まで「ドライブ」だと思っていた・・・・。
独身の頃友人にカセットテープにダビングしてもらって車でよく聞いた。
今まで1枚もアルバムは持っていなかった・・・。

・DA・DI・DA 200円
松任谷由実。たぶんCDが家のどこかにあると思うが・・・。なんとなく。

・アリスV 300円
「チャンピオン」でメジャーになる前に学生の頃よく聞いた曲が収録されている。まあその頃もラジオの深夜放送ではメジャーでしたが・・・。

・CITY CONECTION 100円
日野皓正。イエローキャブの前にたたずむ日野の写真のジャケットが印象的なデビューアルバム。

・何か言い忘れたようで 100円
因幡晃のファーストアルバム。2枚組のベストアルバムは学生時代にリアルタイムで購入したが実家で破棄。
「S・Yさん」という曲に合わせて2枚めでひょうきんな友人のS・Yが、イニシャル部分を自分のフルネームを入れて歌っていたのを思い出す。

・REFLECTIONS  100円
寺尾聡。 ブックオフにはなぜか5枚くらい置いてあった・・・。このアルバムが出た頃はまだまだ宇野重吉の息子だった寺尾もいまや本人がすっかり宇野重吉。


| | TrackBack (1)

DVD-R焼き

外付けDVD-Rドライブを購入した。これ

サブマシンには内蔵DVD-Rがあるのでこれをメインマシンに移設すればいいのだが、この内蔵ドライブはけっこううるさい。メインマシンのDVD-ROMもうるさい。娘の内臓DVD-ROM/CD-RWもうるさい。
どうも最近は読み取り速度のアップにつれて内蔵ドライブはうるさいのではないか??
特にDVDとのコンボドライブがそんな感じがする。

うちには家族の分も含めると10台くらいマシンがあるので、外付けでUSBで付けられるのが便利なこともあり、きっと内蔵ドライブよりは静かな外付けを買ってみた。

やっぱり静かである。
満足満足。

これでやっとVHSビデオテープをDVD-Rに焼いてみるか、という気になった・・・。いつまで続くかわからないが・・。

しかしアナログキャプチャーボードは以前に古いものをオークションで売却して以来持っていないので、デジタルDVカメラ経由でのPC取り込みになるので時間は倍かかる。

VHSデッキの出力をDVカメラに取り込んで再生して、DVカメラで録音。
その後DVテープからPCにこちらはIEEE1394で取り込みである。

わたせせいぞう原作のハートカクテルのビデオが3巻あったのでこいつを取り込んでみた。
45分ものが3つで容量は3.6GBになった。
取り込むまではけっこう面倒であるが、簡単なメニューをつけてDVD-Rに焼くのは簡単で
焼きこみは10分ちょっとくらい(転送速度は5386MB/秒でした)。

取り込んだビデオはVol3,4,5だったのでVol1.2を収録したビデオ こちら をつい購入してしまった。
今週中に届くかな。

| | TrackBack (0)

耳をすませば その2

13日に初めて見てから昨日までで通算3回見てしまった。

2回め以降に見るときはストーリーがわかっているので早送りをしたりするものだが、そうしようという気にならない。
シーンの切れ目などで数秒くらいは見なくてもいい場面があるかもしれないが、それとてよく見る価値があるシーンが多い。
たぶんそれはアニメゆえのせいであろう。
電車のつり革のゆれ具合、通過する電車の描画、夕立が来る前触れの雲、坂道の途中の捨てられたスポーツ新聞の「阪神大逆転」の見出し、やけに多いクロネコヤマトのトラック・・・。こんなものは実写版ではあまり気にもしないが、こんなものまでを見入らせてしまうのがアニメの力かもしれない。
アニメ描画のすばらしさという点では、バイオリン演奏のシーンが究極かもしれないが、塀から飛び降りる猫のムーンの動き、光ものでは猫の目、朝日などもいい。

ストーリーを支える「小物」としては閉店中の地球屋の前で背後の自転車の音に期待して振り返るシーン、翌朝早朝にあわてて外に呼び出されても大丈夫なように前日は私服のまま「戦士の休息」で寝入ってしまうところ・・・。

宮崎アニメのなかでもSF的な作品では、飛行シーンに注目してしまうが、ふつうの人間が主人公の作品のほうが細かい描写が面白いかもしれない。それは「耳をすませば」の前作ともいわれる「ぽんぽこ」でも同様だ。

エンディングのスクロールの細部まで見入ってしまうこの作品、たいへんよく出来ている。

ただイルカ問題以降のオリビアニュートンジョンをぼくは嫌いなので冒頭のカントリーロードはジョンデンバーにしてほしかった。ジョンデンバー的なカントリーウェスタンの方が地球屋でのセッションに似合うと思うのだが・・・。

| | TrackBack (0)

エリア88

さきほど、Yahoo!TVを眺めていたら、見つけてしまった・・・。
エリア88・・・・。やっているんですね、TVで。

このマンガはたしか全24巻。独身寮にいた頃、友人が全巻持っていて彼が
寮を去るときに全部もらった。
何回も読みましたねえ。たぶん50回くらいは・・・
ぼくが寮を出るときは誰も貰う人がいなかったので捨てましたが・・・・

その後、神保町あたりのお店で中古のマンガCDシリーズという2枚ものを
見つけて購入しました。
マンガがそのままCDに収録されている。
これも何度も読みました。
ところが、このCD、操作アプリがQuickTimeのVer2でほかのバージョンがインストールされているとちゃんと動かない・・・。で、XPにしてから見ていません・・・。
元はDirectorなんですけどね。

さて、公式ページを眺めてキャラクターをチェックしてみると・・・
シンもミッキーもちとごつい・・・。
サキは原作そのままの雰囲気。
涼子は少女漫画になってしまった、あれでは戦うレディになれないぞ。
神崎! なんだあの間抜け顔は・・・。
キムはちょっと大人
マッコイはオリジナルに近いか・・。
グレッグはそのままですな。

見てみたい気もしますが、放映は夜中の2:12から・・・・
しかもすでに11回まで放送している。
もっともまだ神崎が大和航空乗っ取りをしようとしているので前半ではある。

avexmodeでなんかやっているようで、DVDも出るようですが、あのCCCDのavexだからなあ・・・。

ちなみにココログにもこんなサイトがありました。

週刊誌のマンガ雑誌は買わないけど、単行本のマンガは買うひとでした・・・。
そういえば最近久しくゴルゴ13を読んでいないな。

| | TrackBack (1)

週刊文春

仮処分のおかげでふだんは絶対に読まない週刊誌を読みました。
たまたま職場にあったもので。

基本的にぼくは週刊誌は買いません。マンガ週刊誌はもちろん通常の(総合)週刊誌も買ったことがありません。
1冊200円か300円?(値段も知らない)で2,3時間程度は暇つぶしできるので高い買い物だとは思わないのですが、すぐに捨てるのでなんとなくもったいないので買わないという貧乏性なだけです。
やれ、電車のなかでいい大人がマンガ本を読んでいるのは恥ずかしいとか、内容が下劣だとかそういう批判的な精神はありません。
新刊本を買わずに図書館で借りているのと同じレベルです。

それはさておき・・・・。

しかし、提訴したご本人は実際の発売に間に合わず、結局はオークションで1600円の高値が付き、「発売日に完売となったのははじめて」(新宿紀伊国屋だったか・・・)というほど余計に売れることは予想しなかったのか、余計に売れたからあとで損害賠償請求ができるとふんだのか(すでになにやら訴訟をしているようですね、第2弾の・・・)

で、田中真紀子さんの身内の記事はどうでもいいのですが、その裏に1ページ、「なぜ高橋尚子を落としたか」というような内容の記事がありました。
これも物議をかました話ですが、選んでも選ばなくても陸連はあの逃げの選考基準の責任をとるべきでしょうな。
マラソン以外のスポーツがどのように代表が決まるのかよくわかりませんが、いつぞやは水泳で「千葉すず」問題があり、その前には同じ女子マラソンで有森問題があったから、少なくとも当時は水泳も基準があいまいだった。マラソンについては有森問題が発生してからも見直しをしていなかった、ということになる。
 お役所のような組織は「不作為」の責任を感じる素養がないのだろう。

 前年の優勝校が県大会で予選落ちすることもある夏の甲子園にくらべて、いまいち選考基準があいまいな春の甲子園の出場校には首をかしげることもあるが・・・。


| | TrackBack (0)

似顔絵イラストメーカー

ためしにやってみた。
こちら

なんとなく雰囲気は似ているが・・・・、
・おっさんがやるといやに若つくりになる・・・。
・微妙にカッコイイ

他人をやってみようかと思ったが、全体の顔だちは思い浮かんでも、目や鼻など個別のパーツに
ついては意外と覚えていないもので、挫折した。

写真でも見ながら、気になる人、気に入らない人についてやってみると面白いかも

| | TrackBack (0)

海がきこえる

ジブリアニメシリーズ。
今日は「海がきこえる」を見てみた。
う~む。 これはまあ、楽しい青春漫画ですな。
それ以上でも以下でもない。

相変わらずアニメの描写は細かいがほかの作品にくらべるとやや粗い印象である。

「海がきこえる」という題名の割りには海があまり出てこなかったのは「アニメージュ」に2年連載した漫画を無理やり82分の枠に収めたせいか・・・。

さすがに賛否両論あるようだ。

こちら

たしかに宮崎アニメとしてみると期待を裏切られる。
ただの漫画としてみれば楽しく見ることができる。

| | TrackBack (0)

おもいでぽろぽろ

TV放映をきっかけに初めて見た「耳をすませば」が意外によかった。
今まで見た宮崎アニメのうちでもかなり上位にランクされる。
ということで、同じDVDシリーズに収録され、未見のままだった宮崎アニメ「おもいでぽろぽろ」を見てみた。

う~ん、悪くはないが、いまいちでした。
ラストシーンをエンディングのスクロールの中というのはいかがなものか、というのもある。
農村に憧れ農作業体験をしながらもそこに暮らす覚悟がないと自分を責めていたのに
気持ちだけでああも簡単にハッピーエンドにしていいのか?という感じ。

「紅の豚」はラストがなんだかはっきりしなくてよくわからなかったが、「おもいでぽろぽろ」は
わかりすぎる。

映像そのものは宮崎アニメらしい細やかな画面で、これを見ているだけでいい気持ちになれる。
あの画像はそれだけで癒しになりうる。
今回は車のシーンが多かったが、とてもよく描写している。車の動きはもちろんだが、夜道を
走る車のライトで道端の潅木(たぶん常緑樹だろう)の葉がキラキラ光るシーンは秀逸だった。

昨日見た「耳をすませば」もこの作品もすでに10年以上前の家庭のシーンが数多く登場するが、
当時のお父さんはまだ家庭で威厳があって、食卓でタバコをふかしていても誰も文句をいわないんだな
と感じた。
時代の差だけ、ですが。

| | TrackBack (0)

耳をすませば

「耳をすませば」
昨日の金曜日、ふとTVをつけるとアニメ映画をやっていた。
スタジオジブリの「耳をすませば」だった。
しかし画面に描かれたリアルなアニメは見覚えのある町並みが・・・。
あれ?聖蹟桜ヶ丘じゃん。いろは坂を登っている!あ、桜ヶ丘のロータリーか?
うん?あの竹林は中央図書館の裏か・・・。

TVは映画開始から20分くらいたったところだったので、夜中にDVDを見てみた。
中国(香港?台湾?)製のこの6枚組DVDは、「風の谷のナウシカ」から「もののけ姫」までの12本の映画がオリジナルのビデオから収録されているが、見ていない作品がまだ半分くらいありその中のひとつが「耳すま」であった。

さて、いかにも昭和40年代の公団の団地のシーンからはじまるこの映画は全編多摩ニュータウンの町並み、特に京王線(映画では京玉線)聖蹟桜ヶ丘から愛宕にかけてのシーンが多数登場する。
宮崎アニメにかかると見慣れた町並みがかくもすばらしく懐かしさを感じる色合いの町になるのか、と思いながら、ほのぼのとしたストーリーを楽しんだ。
多摩ニュータウンに住み、この景色になじんでいる人とそれ以外の人ではこの映画の印象はかなり違うのではないか?

宮崎アニメでは「平成狸合戦ぽんぽこ」がそのものずばり多摩ニュータウンの開発にかかわる話だし、「となりのトトロ」が多摩丘陵の一部である狭山丘陵が舞台なのは有名であるが、「耳をすませば」ほどリアルに町並みを再現したアニメははじめてみた。アニメの舞台になる近景の描画はもちろんだが町並みを見渡す遠景の描写でも団地や建物の配置や連光寺の給水塔までリアルに描かれている。

さて、これだけ明確にモデルがあると、きっとWEBで情報を公開されている人がいるだろう、ということでネットを検索したところ・・・・、あるある。

耳をすませば通信:多摩かんとりーくらぶ 、というグループが主催する。多摩かんとりーくらぶ ってゴルフ場の?ではないような・・。15部しか作らなかった同人誌がいい。
耳をすませばのページ:モデルの場所の写真が豊富です。
「耳をすませば試論」:「ぽんぽこ」やこの作品がなぜ多摩ニュータウンなのかがわかります。宮崎アニメの総括的な試論でありなかなか読み応えがあります・・・、ってこの方、プロなんですね。
耳をすませば Whisper of the Heart:最大のサイト、と言われる・・・。モデルの場所の写真もある。
その他約34,000件も検索された・・・・。

ストーリーを別にして、アニメ画像的になかなかだと思ったのは・・・
まずは京王線5000系。ま、鉄道オタク的視点ではいろいろあるかもしれないが、すでに廃車のこの型はぼくがこの地に住むはるか以前から活躍しており、京王線(井の頭線ではなくて)といえばこの型を連想する看板電車。聖蹟桜ヶ丘のカーブしたホームとよくマッチしていた。

夕立前の雲の描写。いかにも重い質感で雨がくるというのがわかる。

耳丘からの東京の眺め。実際にはあんなふうに遠くまでは見えない。多摩川をあれほど上から見るには視点の標高が全く足りないが、アニメ的なデフォルメとしては許されるだろう。同じく俯瞰のデフォルメは逆方向(桜ヶ丘というより、愛宕あたりから連光寺方面)を見たニュータウンの描画でも見られた。ただこれは風景写真を撮るときの視点と同じ。すなわち見たままの仰角でシャッターを切ると空ばかりの写真になってしまうのを防ぐためのもの。

団地の汚れ具合・・・。


| | TrackBack (2)

LinkTheater か?

以前にこちらに書いた、ネットワーク対応DVDプレーヤーですが・・・、カタログではわかりにくい仕様の差が、ブログ いそろぐ(仮)さん(作者名がわからないのでブログの名前にさんをつけておきます・・・)にて徐々に判明しています。

いそろぐさんはI/ODATAのLinkPlayerをヤフオク?で売り飛ばしてBUFFALOのLinkTheaterを購入してしまった方なので、やっぱり後発のBUFFALOの方がよいのか・・・、OEM元の長瀬産業のものはどうなんだろ?という印象です。

それにしても再生メディア形式にやっぱりRM(realplayer)が登場することはないのかな・・・・。
かといってRMをR7C(オリジナルサイトはこちら)でAVI変換かけるのは面倒だしい・・・・。
(ちなみにこのReal7ime Converterはなぜかぼくの環境では画面の右が少し欠けてしまい、ファイルの参照ボタンが押せない、終了ボタンが押せない、ということになっている・・・。


| | TrackBack (1)

GPS搭載PDA Mio168

なかざわかずおさんがココログ「風を聴け」で紹介していた、GPS搭載PDA Mio168の予約がパソコンGPSショップのSPAさんで始まりました。

ぼくは以前、EPSONのLocatioを持っていたのだが使わなくなってしまい、ヤフオクに出そうかと思ったら電源が入らなくなり(きっとマシンが捨てられるのを悟ったんでしょうね。時々あるでしょ、交換しようかなと思っているHDDがクラッシュしたり・・・)捨てるのも忍びないのでそのまま本箱の隅で埃をかぶっている。
Locatioを使わなくなったのは、メール機能とスケジューラーが貧弱だったのとGPSの衛星捕捉の遅さ・・・。メール機能とスケジューラが貧弱なのでPDAとしてのていをなさない。その頃PDAとしてはカシオペアのラジェンダを購入して地図はこちらに入れたのでこっちにPDAの主力を移してしまったわけだ。

さて、Mio168。こちらはラジェンダとちがってPocketPC(Windows Mobile 2003)である。となるといままでラジェンダ専用とかに限定されていたWindowsCEアプリが自由に使えることになる。
地図はもちろん入っている。
しかも価格は39,800円・・・・。
う~ん、なかなか魅力的である。

ぼく的にはラジェンダは地図よりももっぱらMP3マシンとして使っているのでこのあたりの機能が気になるところ。
残念なのはSDカードなのでラジェンダで使っているCFカードの流用ができない・・・。
CFカードは一眼レフデジカメに使えって?・・・・。

ま、Mio168についてはこれからなかざわさんがいろいろテストしてくださるようなのでチェックしておきたい。

| | TrackBack (2)

時々モバイルな人の通信手段

モバイルPCといえばAir'Hだろう。
それに加えて、最近はAUも定額サービスを始めた。

しかしぼくのように、時々モバイルが必要になる人にとってAir'Hなどの毎月定額負担があるサービスは
使いにくい。
使っている携帯はF505iGPSなので通信速度は遅くてネット接続には使えない。

しかし、昨日の出張ではうれしい設備がホテルについていた。
FREESPOTである。
要するに無線LANですね。無線LANカードがあれば勝手に接続できる。このホテルでは無料であった。
ただ、上記のFREESPOTのサイトを見ると使えるところがあまりない。
もっとも、当のホテルもFREESPOTのサイトには掲載されていないのでもう少しあるのかも。
このホテル、いかにも安いビジネスホテルであったが、予約そびれた近所のエクセル東急では
使えなかったかもしれないのでラッキーである。
もっとも、エクセル東急あたりなら有線LANが使えるか・・・と思いサイトを見たが特に記載はなかった。

いずれにしても無料で無線LANを使える場所はあまり普及していない。

そういう意味で、ぼくのノートPCに内蔵されている、H'INはけっこう便利。

H'INとはDDIポケットのPHSなのだが、契約だけしておけば基本料無料で使ったときだけ
1分20円の課金、距離は無関係。
出張などでメールチェックする分にはこれで十分である。もちろん64キロで接続できる。
最近のPCでこれがついている機種は富士通のLOOXだけのようだ。
こういう便利なものはオプションで選択できるようにしてほしいものだ。

| | TrackBack (0)

う、読まれてました

最初に木村剛氏のココログにコメントしたとき、江上剛氏と並べてハンサムでない、と言い切ってしまったが、(こちら)しっかり木村さんによまれていたようで、昨日の木村さんのココログに「じつはblog開設時に「Fool Proof」さんからも、「けっしてハンサムではない」とすでに断言されておりました。」などと書かれてしまった。「コメントありがとうございます。」なんて言っているけど、腹立ったでしょうね。

言い訳するくらいなら書くなと非難されるでしょうが、言い訳。
江上剛氏の場合は当然ですが、映画「金融腐食列島 呪縛」の主役の役所公司との比較。
ま、この点は江上氏もご了解いただけると思うし、彼はきっとここはみていない。

木村さんの場合はもう少し個人的な事情・・・。

木村さんのKFiはKPMGの関連会社であるが、高校の同窓の知人OがKPMGにいた。
学生の頃から派手だった。
仕事がらみで20年ぶりくらいに再会したときもやはり派手だった。
当時はまだKPMGに移る前だったが、紺とグレーのスーツばかりの地味な職場に彼が現れたときは、応対した女子職員は、出会い頭に日本ハムの新庄に会ってしまってどうしようというような感じで、びびっていた。
その日以来何回か話をした。コンサルタントの苦労はよくわかったが、彼の容貌のせいで、やっぱりなんとなく派手な商売だなあ、という印象があった。
しばらくしてKPMGに彼は移ったのだが、ちょうどその頃、木村剛氏の名前を聞いたので、木村さんの名前を見ると彼を思い出し、彼の名前を見ると木村さんを思い浮かべる、というような思考回路ができていた。

木村剛氏の名前をココログで見かけたとき、そういえば彼はどうしているかな、と思いながらキーボードを叩いたのが冒頭のココログである。

ちなみに彼とは、こんな男。いい男かどうかはともかくやっぱり派手・・・。

| | TrackBack (0)

SUUNTO VECTOR

GOOGLEで、自分のコンテンツがどのあたりにいるかな、と「SUUNTO」で検索したら、なんと1番にいた・・・。けっこうビックリ。

「SUUNTO」で検索すると1ページめにいるのは以前に何回か確認したけど、1番に出るとは思わなかった・・。

ただ、それだけです。

以前は海外からなぜか時計の注文のメールが多かったのだが(日本語のサイトなのに・・)、冒頭に注意書きを入れてからは来なくなった・・・。「20個くれ、1個いくらにするか? カードは使えるか?」というメールが来たときは思わずどっかで調達して売ろうかと思った・・・。

ちなみにSUUNTO関係のぼくのコンテンツは上記のほかに、
SUUNTO VECTORという時計
帰ってきたVector~並行輸入品修理の顛末
なんてのがあります。

最近、高度計を使うことが少なくて(山に行っていない・・・)、コンパスばかり使っている(街中を仕事で!ウロウロ)

| | TrackBack (0)

Bluetooth GPS

GPS教の教祖様、「ねむそうな顔をした中澤さん」が、また新たなGPSを試されていますね。
http://gps.cocolog-nifty.com/mt/2004/02/bluetooth_gps.html

・・・、と、他人のふんどしで相撲をとってみたりする。

携帯電話みたいなデザインだな。

| | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »